2017年10月20日 (金)

ジンジャーで心身温めましょう




雨。雨。雨。
気持ちがどんより。そして寒い。

そんな時におすすめの精油はジンジャー。
温め、活力を与える働きがあります。

温めると言えばジンジャー。と言うほど、有名ですが、それだけではありません。
・食欲不振や消化不良、便秘、下痢など
・冷えやリウマチ痛
・風邪やインフルエンザ、悪寒
・疲労やストレス、腰痛や凝り
・集中力、記憶力アップなど

秋〜春先まで活躍する精油ですので、そろそろ準備を。

ジンジャーはスパイス系に分類されますが、他にはクローブ、コリアンダー、シナモン、ブラックペッパーなどあります。
スパイス系は、ハーブ系や樹脂系と相性が良いとされていますが、ジンジャーはどの系統ともうまくやっていける精油です。
ジンジャーはきっと性格が優しい?相手に合わせる事ができる?みんなと仲良くできる?精油だと思います。

ジンジャーと言うと、スパイシーな香り。少し刺激が強い。など思われる方も多いと思いますが(実際そうなのですが)、スパイシーよりも柔さ、優しさの率が高いので、とても温かみがあります。
一瞬は、そのままの生姜ではツンッと鼻にきますが、鼻の奥では、甘い柑橘のような、甘い草原のような香りもしますので、目を閉じ、まず3秒ゆっくり吸い込んでみて下さい。
きっとジンジャーの甘さや優しさが分かると思います。

【ジンジャー】から【ジンジャ〜】と言う感じでしょうか?
余計分かりづらい?

体を温めるジンジャー。
ジンジャー風呂(3〜4滴まで)、ジンジャーオイル塗布、生姜湯。
心身温めましょう。


| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

お花を1輪どうぞ♪




連日の雨で寒い。
みなさま、首元は冷やさないよう気をつけてください。
薄いストールを巻いて置くだけであったかいです。

あまりにも寒いのはちょっと辛いですが、切り花が長持ちするので大変嬉しい。
今年の夏は、2日ももたなくて悲しかった、、、

今日は花屋さんへ。
ハロウィンも近いと言うことで、オレンジの花が欲しかったのですが、目に付いたのは薄いグリーンのカーネーション。
この色、大好きなのです。

今日はとてもいい担当さんでラッキー♪
例え1輪でも、しっかり選んで下さり、長持ちさせる為の切り方、葉っぱの摘み方、水の量など、いつも丁寧に教えてくれます。
助かります。

花の品種にもよるが、基本的に緑系、紫系の色は長持ちするそうです。
青色もだったかな?
1番は、仕入先だそう。

花屋さんのワンポイントアドバイスはとても嬉しいものです。
あまり花を購入されない方、何気に花屋さんに寄った方、プレゼント用として立ち寄った方でも、こうやって丁寧に教えてもらえたら、きっと、花が好きになると思います。

この方(担当さん)いいな。
この方(担当さん)は本当に花が好きなんだな。
と、思える方から買った花は、長持ちするような気がします。
きっと私も長持ちさせようと気持ちが違うのかも、、、

秋は気温差も大きく、心身のバランスも崩れやすくあります。

お花を1輪飾ってみませんか?
心が落ち着いたり、癒されたり、元気になったり、、、
お花があるだけで、空気が変わり、心が豊かになると思います。

お花の大好きなお客様。
玄関、台所、リビング、寝室、洗面台など様々な場所にお花を生けているらしく、気持ちのバランスが崩れた時、疲れた時、忙し過ぎる時など、全部の花の水換えをし、飾り方や置き場所を変えるそう。
花に触れていると気持ちが楽になり、落ち着き、自然と元気になっているそうです。

花の力、植物の力はすごいのです!
ですから、精油の力もすごいのです!

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

冷たい朝はホットミルクティー♪




今日は朝から雨で気温がどっと下がり冷たい1日。
そんな冷え込む朝は、ミルクティーで心も体もあたたかく♪

お昼もミルクティー♪
おやつタイムもミルクティー♪
そして寝る前のミルクティー♪

紅茶が美味しい季節です(年中美味しいですが)。
空気が冷たく、肌寒くなるとミルクティーが恋しくなります。
こんなにほっとするなんて....

珈琲の精油はありますが、私が知る限りでは紅茶の精油はありません。
紅茶の茶葉から抽出できないのかな〜。
アールグレイ、アッサム、ダージリン、セイロン、ウバ、、、、
精油が出来たとしたらテンション上がるだろうな〜。
綺麗な琥珀色であって欲しい!
香りの嗅ぎ比べもしたい!
トリートメントで紅茶の精油を入れて、ほんのり紅茶の香りに包まれたい!
実現しないな〜

紅茶は【陽】の飲み物で保温作用がありますので、寒い日はおすすめです。
紅茶も珈琲もまず香りを嗅いで楽しんで♪
これも立派なアロマセラピーです♪

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

【アトリエ】のトレーニング効いています




痛い!体を動かすと足が痛い!

昨日は、【アトリエ】で下半身集中トレーニングをしましたので、ふくらはぎ、太もも裏、鼠径部、お腹が痛い。

昨夜はほとんど筋肉痛もなく、油断して鎮静オイルを塗りませんでした。
あ〜。塗れば良かった。
ふくらはぎがとにかく痛いのですが、嫌な痛みではないので◎
私の傷ついた筋肉が修復していると思えば痛みもなんのその。

写真は、ふくらはぎのトレーニングをしている所です。
つま先を乗せ、少し早く上げ下げしているだけなのですが、片手に重り(写真には写っていません)を持っているので、頭と体のバランスが取れなくて足が上がらないのです。
自分ではつま先をしっかり上げているつもりですが、上がってないよう。
このトレーニングが効いてるのかな?
ふくらはぎが痛いのです。

毎回、様々なトレーニングをする前にアトリエ先生が見本をみせてくれるのですが、軽々と簡単そうにされるので、『なんだぁ〜!出来る出来る!』なんて思ってしまって、いざすると全く動かない(笑)

笑うしかないのです。


くたくたになった私の筋肉達。
筋肉の中に溜まっている老廃物(乳酸)を外に出してあげないとです。
筋肉達よ!昨日、アロマオイルを塗らなくて申し訳ないm(_ _)m
朝一で塗り、筋肉痛の緩和に繋げたいと思います。

排泄促進、筋肉疲労目的としてレモングラス・レモンユーカリ・ペパーミントのブレンドを下半身に塗り込みました。

下半身痩せにはスクワットが効くが、やり方を間違えると膝にくるそうです。
せっかくするなら自己流ではなく、プロに見てもらって、プロに教わるのが一番ですし、改善の近道です。

【アトリエ】のパンフレットにも掲載していますが、シューズはお忘れなく。

スポーツの秋!
体を動かしましょう〜!

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

パーソナルアートスタジオ【アトリエ】で下半身トレーニング




本日、ボディーメイクとしてパーソナルアートスタジオ【アトリエ】に行って来ました。
下半身痩せ希望ですので今日は下半身集中トレーニング。

老化現象として下半身の筋肉から衰え始める。
まずはお尻や太腿の筋肉がしっかり使えているのか?
(私は使えていない)
老化は自然現状なので仕方ないですが、少しでも遅らせたい。
(遅らせたい!)

【私の希望】
・下半身痩せ!!
・下半身強化(よくつまずく、ぶつける)
・少し歩くと膝が痛いので改善
・ヒップアップ
・ヒップを小さく
・ウエストのくびれ
・お腹のたるたるを引き締める
・出っ尻を治す
・姿勢を良くする
・バストアップ!
・二の腕のたるみ
・体がとにかく固い
・股関節を柔らかくしたい
などなど...

アトリエの先生!
お願い致します!!

基礎代謝が下がると筋量も低下するそうです。
ひゃ〜(@_@)

腹部や下半身の筋肉が使えていない、使い方を知らない私の筋肉達は、アトリエ先生、様々な機材に対して頑張って付いて行こうとするのですが、2セット目から何か訴え始めるのです。
マンツーマンですので手を抜く事ができず、、、
少しでも楽な方へ楽な方へ行こうとしてもバレます(笑)
筋肉がプルプルからブルブルになり、時にガクガクにもなり。
例えるなら、志村けんがコントするおばあちゃんの歩き方です。
冗談抜きで足がガクガクで笑えます。
頭では分かっているのに驚くほど体が動かず、、、
私の筋肉達もびっくりしているはず!

全く運動をしない私。
運動が基本的に嫌いなのですが、アトリエのトレーニングは楽しく行えています。
全てにおいて繋がりや理由があるわけで、、、
アトリエ先生は物知り博士でございます。

今日は少し肌寒く、発汗もしたいので、トレーニングを受ける前に代謝を上げるオイルを下半身に塗りました。
私のブレンドした精油は、ローズマリー、ジンジャー、ジュニパーベリーです。
なかなかいい汗が出ました。

身体のバランスや歪み。
どこの部位が弱い?
どこの筋肉が使えていない?
姿勢や癖は?
まず、自分の体を知る事は大切だと改めて気づきました。

アトリエ先生から教わった事を少しずつやってみようと思う私です。

また確実に筋肉痛になるはずです。
鎮静オイルを塗ろうか?
それとも筋肉痛を心地よく楽しもうか?
悩み中。。。

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

幸せいっぱいだが食べ過ぎ注意




最近、パソコンに向かっている時間が多かったせいか?
食欲の秋だからか?

とにかく甘い物が食べたい!!
食べたくて仕方ない!!

甘いものを欲する時は、糖分が不足しているわけではなく、タンパク質が不足している事も多い。
と、聞いた事があります。

タンパク質が不足→セロトニン(脳内物質)も不足→体が糖質を欲する→甘い物を体に入れてあげると癒される。
と、言う事です。

甘い物で体も心も癒される!
脳も癒され、やる気が出る!
疲れた時にどれだけチョコレートに助けられる事か....

ですが、甘い物の食べ過ぎはNGですので、ここは気をつけないとです。
ついついチョコレートをパクッとしてしまいますが、空腹時は、ナッツ類、チーズ、ドライフルーツ、小豆などが理想です。

と、言いつつ....
頭が回らない時、疲れた時、心がしんどい時など、甘い物は力ををくれます♪

ケーキなんて...
見た目よし!
匂いよし!
味よし!
そして知らずに頬が緩み笑っている!
やっぱり、甘い物は最強だと思っています。

幸せホルモンいっぱいのスイーツであります♪
クッキーは2枚まで(笑)

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

秋の味覚 栗




秋の味覚。大好きな栗。
栗、梨、柿、ブドウ、サツマイモ、かぼちゃ、、、
秋は最高の季節です。

私は毎年秋に太るので、9月末〜11月頃まではコンビニはなるべく控えています。
あの誘惑に勝てないからです。

栗煮を頂きました。
ただただ美味しいと食べていた栗ですが、こんなに栄養があるとは知りませんでした。
栗は、植物の種子であり、エネルギーを蓄えている高栄養。
滋養強壮などの薬効もあり、カリウムが豊富に含まれるので、余計な水分の排出や体内の塩分濃度を適切に保つ効果や、血を作る葉酸も含まれているので、貧血予防や、葉酸を多く必要とする妊娠中の方にも最適。だそう。

糖質や脂質、ビタミンB群、疲労回復に役立つビタミンB1も豊富ですので、甘栗など、ちょっとした休憩や残業時にもいいかもしれません。

栗と言えばマロングラッセ。
栗自体が高く、作るのにもすごく手間がかかるとは分かっていますが、もう少し安いと嬉しい♪

今年も秋は短そうです。
思いっきり秋の匂いを吸って、秋の味覚を楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

とにかく秋は保湿




いつものスキンケアをしているのに急に肌の乾燥、潤い不足を感じていませんか?

前回のおさらいで、秋は【燥(乾燥)】の季節。
汗の量が減り、皮膚もやや締まり気味になりますので、秋は乾燥肌に繋がります。

ここで大切なのが保湿です。
とにかく保湿。

これからますます空気も乾燥し、気温も下がります。
バリバリ乾燥肌にならないよう、今、しっかりケアをしましょう。
乾燥肌でしょ?
この乾燥肌がなかなか厄介で、色んなものを引き寄せてしまいますので、とにかく保湿をしましょう。

おすすめは、ローションパック、面倒な方はシートパックを。

ローションパック(シートパック)で角質層(肌の表面)に水分を浸透させ、しっとりハダニ仕上げましょう。

角質層が安定し、水分バランスもいいと、
肌の水分量が増えますので肌のキメが細かくなりますし、余分な皮脂が出る事もありません。
何より、しっとりふっくらです。

【ローションパック】
①洗顔
②1度、化粧水を肌に馴染ませる
③コットンに化粧水を含ませ、薄く裂く、全体に貼る
※初めにコットンに水を含ませ、軽く絞って化粧水を含ませてもOK
④3〜5分程したらコットンを取り、普段のスキンケアへ
※コットンが乾燥する前に必ず取って下さい。逆に乾燥を招きます。

少し余裕のある方。
もっとしっとりさせたい方。

上記の③を終えた後、ラップで密封します
・細く切り、顎〜耳下へ
・細く切り、鼻の下〜耳下へ
・少し大きく切り、額〜頬へ
④10分程密封させたらコットンを取り、普段のスキンケアへ

ラップで密封すると、コットンを外した後、ふっくら仕上がります♪
ラップは柔らかいものがおすすめですが、ラップが面倒な方は、シャンプーハットを顔にかぶせてもOK。

肌が柔らかくなると次にのせる乳液や美容液の浸透もいいですので、一石二鳥以上です♪

※ローションパックのコットンは、目尻、瞼、ほうれい線の上などはしっかり乗せて下さい

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

秋は肌も肺も潤いを




連日雨。
この肌寒ささえも秋を感じ。
寒いのだけど秋と言うだけでちょっと嬉しい私です。

夏に受けたダメージの影響で、秋は、アトピー、湿疹など肌トラブルが増えると聞いた事があります。
納得です。

秋は、空気の乾燥により、【肺】を中心とする呼吸器系の不調が現れやすい季節でもあります。
【肺】だけではなく、【大腸】【皮膚】なも乾燥から来る不調が出る事もあります。

【燥(乾燥)】からなぜそんな所まで影響を及ぼすのか?

夏の疲れ→身体の免疫力が低下→肺は【燥(燥の邪気)】の影響を受けやすい。

・肺が燥邪の影響を受けると→喉や鼻の乾燥、口の渇き→呼吸器のトラブルに

・皮膚が燥邪の影響を受けると→乾燥からくる痒みや湿疹、アトピーや敏感肌に
・大腸が燥邪の影響を受けると→体内の潤い不足から便秘などに

【肺】は呼吸器、呼吸だけの働きだけではなく、全身の水分調整や水分バランスの役割を担っていると言われています。
肺を整える事で肌が整い。肌を整える事で肺が整い。
奥が深い深い。

潤いのある綺麗な肌を保つためにも皮膚に負担をかけないが大切です。
・優しい洗顔
・顔も体もゴシゴシ洗わない
・すぐに保湿
・自分に合った化粧品を見極める
・こまめに水分補給
・洋服や下着は天然素材など

1つ先の冬を元気に過ごし乗り越えるために、今の秋をしっかりケアして行きましょう。

そして、秋は【白】の食材を!
今年の梨は美味しい♪
果物が美味しい幸せ♪

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

秋は呼吸器の精油をお供に




昨日は雨ではありましたが、晴れの秋は気持ちいい。
秋の空気がたまらなく心地よく。
思いっきり秋を吸い込む私です。

秋は、東洋医学では【肺】【大腸】【肌】【哀】などのグループです。
疲れや【哀しみ】などの感情は【肺】にたまると言われています。

秋→空気が乾燥→肺の働きが弱くなる→
肺の力が低下→風邪をひきやすくなる→すると呼吸器だけでなく、関連する肌・大腸・哀しみの感情などのトラブルを招く。に繋がります。

【肺】である呼吸器系や気管支を整え、癒す精油は、感情の【哀(かなしみ)】の回復や浄化に役立ちます。

【肺・呼吸器に役立つ精油】
ユーカリ、ティートゥリー、パイン
サイプレス、クラリセージ、タイム
フランキンセンス、ジュニパーなど

・精油を数滴垂らして芳香浴を楽しみ、鼻からゆっくり吸い込む。
・湯船に数滴入れ、かき混ぜながら香りを取り入れる。
・ボディークリームやオイルなどに1〜2滴混ぜ、喉〜首、喉〜胸に塗り込む。

香りを取り入れ、呼吸を浄化し、秋を乗り切りましょう。
あっ。肩を内に入れて猫背にならないよう、ゆっくり大きく胸を開く事もお忘れなく。

次回は、【肌】についてです。

| | コメント (0)

«今月のデザート♪