« 1枚のマスク | トップページ | 春は可愛い&怖い »

2014年3月23日 (日)

目の酷使はやめましょう。




花粉症で目が痒い、波が出る。
年度末で残業多く、目を酷使している。
目だけではなく、肩凝り・首凝りや頭痛にも繋がります。

春は、中医学の考え方で目に症状が現れやすいと言われています。
季節と臓器は深い関係があるのですが、春は五臓の中の『肝』関連しており、『肝』は『目』と深い繋がりを持っています。
花粉の影響や日差しの関係で、目は疲れやすく、視力も低下してしまうと言われています。

目の使い過ぎは少し控えましょう。
仕事以外では目を休ませてあげましょう。
生理中は特に目を休めてあげてください。

〜目の疲れにオススメの精油〜
ローマンカモミール、オレンジ、ベルガモットなど。
○浴槽に3〜5滴ほど入れ、香りを楽しみつつ、目のまわりを押してマッサージ
○スプレー(精製水50ml+精油10滴)を目元にシュシュッとしリラックス

※柑橘系は光毒作用がありますので、肌につけ日差しを浴びると日焼けや赤みなど肌トラブルに繋がります。
入浴、マッサージ、スプレーなど夕方以降がよいです。

|

« 1枚のマスク | トップページ | 春は可愛い&怖い »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364208/55482079

この記事へのトラックバック一覧です: 目の酷使はやめましょう。:

« 1枚のマスク | トップページ | 春は可愛い&怖い »