« 優秀なペパーミント | トップページ | 精油と塩で雨も楽しもう »

2015年6月 9日 (火)

風邪予防は温めと精油で




梅雨入りでの温度変化、冷房、薄着などで体調崩していませんか?
じっくり湯船に浸かっていますか?
首や肩が冷えていませんか?

時間がない。面倒だから。とシャワーで済ませず湯船に浸かって全身温めましょう。
シャワーで済ませる日は、首~背中をじっくりと温めましょう。

東洋医学では風邪の邪気は風門(ふうもん)から体内に入ると言われているそう。
風邪や菌の出入り口と言う事から、特に風邪や肩こり、 頭痛の予防や治療に効果があると言われています。

風邪のひき始め、気温などの変化での寒気、頭痛などの場合は、まず風門を温めましょう。
シャワーでもカイロでも蒸しタオルでもなんでもOK。
殺菌作用や抗菌作用、血流促進などの精油を塗って温めるとよりいいと思います。


【梅雨時期おすすめ精油】
レモン、レモングラス、ユーカリ、ペパーミント
ティートゥリー、ローズマリー、ラベンダーなど

それぞれ抗菌や殺菌作用などがあり、とても優れた精油でなおかつ香りも◎
日頃から芳香しておくと体も心も元気で予防に繋がりますので、何があってもいいように数本は常備しておくと便利です。

そして、ゾクゾクっと寒気のする時は、上記の精油(ペパーミント以外)をキャリアオイルに希釈して風門〜首に塗り込んで温めましょう。
首にタオルを巻いて寝るのも◎

梅雨時期は特に体調管理に気をつけましょう。

|

« 優秀なペパーミント | トップページ | 精油と塩で雨も楽しもう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 優秀なペパーミント | トップページ | 精油と塩で雨も楽しもう »