« 目的別ブレンドエッセンシャルオイル | トップページ | 一輪挿し紫陽花 »

2015年6月21日 (日)

消化器系に役立つペパーミント




久しぶりにいい天気でしたが、また来週末からしばらく雨模様だとか?

ジメジメ、蒸し蒸しする日はやはり身体も重く浮腫みやすいもの。
室内と一緒で身体も水分を溜め込みやすい時季です。
そのせいか?ライム、レモン、グレープフルーツ、ユーカリなどを選ばれる方も多いように思います。

そしてやはりこの時季はペパーミント!
冷却作用、抗菌作用、鎮痛作用などの他にも消化器系作用に優れ、消化不良・胃痛・胸焼け・二日酔いや乗り物酔いなどの吐き気などにも役立ちます。

古代ローマ人は宴の席で解毒・胃腸の回復にペパーミントで編んだ王冠を被っていたり、生のペパーミントを加えていたとか?

かっこいい〜☆(笑)

さすがにお食事の席ではできませんので、暴飲暴食しそうな時はペパーミント茶を間や食後に飲むのもおすすめです。
とは言ってもなかなか難しいもの。
それならば、飲み会の日は少し濃い目のペパーミント茶を多めに作り冷蔵庫へ。
帰宅したらすぐに飲みましょう。
翌朝の目覚めの一杯にも最適かも。

ペパーミント茶もですが、やはり希釈したペパーミントを胃〜お腹に塗り込んでお休みになるのも効果的です。

|

« 目的別ブレンドエッセンシャルオイル | トップページ | 一輪挿し紫陽花 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目的別ブレンドエッセンシャルオイル | トップページ | 一輪挿し紫陽花 »