« 吐く事が大切 | トップページ | 団扇に精油を1滴 »

2015年7月 9日 (木)

暑い日は寒色系を取り入れる。




変な梅雨空が続き気持ちも沈みがち。
激しい豪雨と思えば急にカラッと晴れ、真夏日のような空。

暑い。蒸し暑い。

そんな時は青色などの寒色系を取り入れてみましょう。
“水”“氷”などを連想させる青は“涼”に繋がります。
“太陽”“炎”“火”などを連想させる赤色や黄色、オレンジ色などの暖色系と寒色系では心理的温度差が2度(3度?)あるそう。

青色や水色を身につけたり、飾ってみたりして、少しでも爽やかに快適に。

色も大切ですがやはりここは精油の力を借りると早いです。
何と言ってもペパーミント!
ペパーミントの香りを嗅ぐことによって体感温度は4℃程下がるそう。

レモングラスやユーカリもおすすめです。

|

« 吐く事が大切 | トップページ | 団扇に精油を1滴 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吐く事が大切 | トップページ | 団扇に精油を1滴 »