« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

何気なく選んだ精油こそ




毎回の精油選び。
毎回1本1本嗅いで自分で選ぶ方。
1本だけ選ぶ方。
希望だけ伝え選んでもらう方。
全てお任せの方。

精油選びですが、どれを選んだらいいの?
と迷いながらもしっかりと選ばれています。
すぐにピンッときた香りを差し出す方。
何回も嗅いで慎重に選んだものを決める方。
これかな?と半信半疑に差し出す方。

何気なく選んでいるようですが、その何気なく選んだ香りにはしっかり意味があると思います。
嗅ぎたい香りというのは、その時の心身の 状態を表すバロメーターになる!と聞いた事があります。

成分なども大切ですが、香りを心地よく感じるかどうかと言う事が非常に大切で、心地よいと感じた時にはじめて安らぎを実感する事ができます。

凝りが強いから....便秘が....イライラしてるから.....
ストレスが....寝不足で.....

いろんな感情や症状はあるた思いますが、ご自分の嗅覚を信じて‼︎

ご自分で選ばれた精油でトリートメントをし、後で精油のおさらいをすると、ほとんどの方が『やっぱり!』『今の私にぴったり!』と感動されます。
そして、その選ばれた精油を購入され、感想を伝えてくれます。
嬉しい限りです。

精油は力になってくれると私は思っています。
まだまだ寒い日は続いていますが、春はすぐそこまでやって来ています。
花粉症、年度締め、異動や転勤、、、

本格的な春が来る前に味方になってくれる精油を見つけましょう。

| | コメント (0)

2016年1月28日 (木)

冬至でなくとも柚子湯




古くから親しまれている和精油の柚子。
馴染みやすい香り香りで、オレンジやグレープフルーツ同様に好まれています。

冬至の日に柚子湯に入る。
体を温め、邪気を追い払うためだと言われています。
果物そのままの柚子を入れるのが面倒な方は、ピピッと精油を垂らすだけで一瞬で柚子湯の完成です。
冬至の日でなくとも寒い日はこうやって精油の柚子をプラスするといいです。

柚子は、血行促進作用、疲労回復作用、免疫活性作用、強壮作用などがあり、爽やかな香りは自律神経のバランス調整にも向いています。

風邪気味の方、頑張り過ぎている方、少しバランスを崩している方。
柚子湯は芯から体を温め、疲れを取り、元気を取り戻すのに最適です。

冷えは大敵!体をじっくり温めましょう!


※湯船に入れる場合は肌刺激がありますので少しピリピリする場合があります
※湯船後、マッサージ後は紫外線に当たらないよう気をつけてください

| | コメント (0)

2016年1月26日 (火)

質の良い睡眠のお供に精油を




体の凝りの強い方、なかなか凝りが取れない方。
しっかりと寝ていますか?

筋肉疲労を上手に回復させるには、まずは睡眠。
体に負担をかけずに楽な姿勢で眠る事。

そしてそこに、香りをちょっとプラスして、質の良い睡眠を心がけてみませんか?
お好きな香りが1番ではありますが、【エステル類】と言う成分を含んでいる精油はリラックス効果が高いですので、こちらを選択すると◎

【おすすめの精油】
イランイラン、クラリセージ、ネロリ、ベルガモット
マンダリン、プチグレン、ローマンカモミール
真正ラベンダー、パルマローザなど

ベルガモットやマンダリンなどの柑橘系にラベンダーやクラリセージ、ローズウッドをブレンドするとまろやかで優しい香りになります。

睡眠のお供として枕元に香りをどうぞ。


※柑橘系の精油は色がつきますので気をつけてください


| | コメント (0)

2016年1月25日 (月)

寒い日はスパイス系の精油を隠し味に




今月は【身体を温める精油】を希望される方が多いのです。
体も心も温める力が高いのはマージョラムですが、即効性があるのはジンジャー、シナモン、ブラックペッパーなどのスパイス系の精油です。
スパイス系は少し刺激がありますので、ほんの数滴付け足すだけで十分です。
普段、スパイス系はあまり使用しない方に隠し味として1滴ブレンドすると、いつもと違った香りが新鮮のよう。

シナモンリーフもジンジャーも身体を温め、消化器系、呼吸器系に働きかける作用がありますので、風邪予防、悪寒や疲労回復に役立つ種類です。
何と言ってもスパイシーな香りで元気になります。

他にもクローブ、カルダモン、コリアンダーなどありますが、それぞれに加温さや鎮痛作用、消化器系に強く働きかけますので、今月、来月は少しスパイス系の力を借りるのも1つの手です。

いつもリラックス系の精油を選ばれる方も香りにアクセントを付けるとおもしろいと思います。


| | コメント (0)

2016年1月22日 (金)

足首を柔らかく温かく




首や腰が張っている。
お尻が硬い。
背中が深く固まっている。

上記の症状がある方は、足首やアキレス腱まわりの筋肉が凝り固まっている事が多いです。
もちろん加齢や運動不足も。

足首が硬い方は、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱も硬いですので、その結果、太ももの筋肉→骨盤→腰部に負担→腰痛へと繋がります。

足首が硬いとケガをしやすい。
足首が硬いと体が硬いと。などありますが、足首(くるぶしまわり)は生殖器(子宮、卵巣など)や 骨盤の働きと直結していますので、特に女性は温め柔らかくしておきたい部分でもあります。

冷えが強い。生理痛がひどい。と言われる方。
足首が硬く、冷えていませんか?



| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

不思議な椿




何だ何だ?

カーネーション?まさか.....

近づいて見てもカーネーションにしか見えなかった。

椿の一種だとは思うのですが.....

不思議。

| | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

加温作用の精油でお腹マッサージ




気温が下がるとついつい肩に力を入れてしまい、肩凝りが増し、体も緊張状態。
血の巡りが良くし、体の内側からしっかり温めましょう。

【加温作用】と言いまして、体を温める働きのある精油もあります。
こんな寒い日は体を温め、血流を促す精油を選ぶ体に塗って備える事もポイントの1つです。

【おすすめの精油】
オレンジ、ユズ、レモン、レモングラス、ローズマリー、
マージョラム、タイム、ジンジャーなど

【塗布】
①キャリアオイル50mlに上記の精油を10〜30滴
②お腹や腰など冷えの気になる部分に塗り込む
③塗った上から蒸しタオルやカイロで温めるより浸透を

【入浴】
①キャリアオイル(塩、蜂蜜、日本酒でも可)適量に上記の精油を5〜6滴
②よくかき混ぜながらじっくり浸かる

免疫力を上げる免疫機能の約70%は小腸が担っていると言われています。
冷えの強い方、疲れの抜けない方、体力が落ちている方は、特にお腹(小腸)に塗り込んで腸をマッサージで刺激し、免疫力の向上に繋げましょう。
その後、蒸しタオルや湯たんぽを乗せ、じっくり温めるとよりいいです。

体を内側からしっかり温めましょう。



| | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

精油の力でインフルエンザ予防




インフルエンザ。最近よく耳にする言葉。
そろそろ本格的に猛威をふるいそうな季節到来ですので、より一層精油に期待します。

精油には様々な作用がありますが、抗ウイルス作用、免疫強壮作用、抗菌作用、抗炎症作用など働きがある精油を選ぶ事が大切です。

【抗ウイルス作用】
ティートゥリー、ユーカリ、ラベンダー、オレガノ、
クローブ、シナモン、ニアウリ、バジルなど

咳をしている方、咳が止まらない方いませんか?
ご自分を守るのはもちろんですが、感染を広げないのも大切ですので、必ずマスクをしましょう。

【去痰作用】
ユーカリ、ニアウリ、ローズマリー、サイプレス、
ラベンダー、ローレルなど

【上記の精油の使用方法】
・入浴
(塩+5滴ほどで度々かき混ぜる)
・蒸気吸入
(マグカップに2滴+熱湯入れ目を閉じ吸入)
・塗布
(キャリアオイルにブレンドし塗り込む)
・マスクの内側に
(直接肌に触れないように)


精油は薬のように即効性を期待するものではなく、対策や予防として活用されてください。
精油やブレンドしたオイル、スプレーなど持ち歩くと便利です。

【スプレー】
①50mlの容器準備
②無水エタノール5ml
③精油を10〜15滴
④精製水を45ml
⑤使用前に軽く振り、マスクの内側や鼻にシュッ!


手洗い、うがい、睡眠、栄養
そして精油を!!

| | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

手作り松ぼっくり







お客様お手製のフクロウ松ぼっくり♪
福を呼ぶフクロウです。




こちらはディズニーのキャラクターでしょうか?




ラブリーペン立て♪


AICAで販売しています。
【松ぼっくり】1つ 500円
【ペン立て】1つ 150円

お部屋にお一ついかがですか?
松ぼっくりは本物です。


| | コメント (0)

2016年1月10日 (日)

咳止め薬や風邪薬の前にパイナップルを☆




この数日、冷え込んだせいか?
お正月明けで少し経ったせいか?
風邪などひかれていませんか?

久しぶりに食べたパイナップル。
パイナップルは圧倒的に糖分が多いと言われていますが、甘党の私は好んで食べます。

甘みの果糖でエネルギー補給、酸味のクエン酸で疲労回復、たっぷりの食物繊維で便秘予防。
素晴らしい果物です。

ビタミンA、B1、B2、Cが多いので免疫アップには大切ですので、少し疲れている方はぜひスーパーでお求めください。

少しパイナップルについて検索して見ました。
パイナップルは昔から咳止めの民間療法として活用されており、風邪を引いた時にパイナップルを食べる人は多いのです。
パイナップルの成分には、炎症を抑えたり、ウイルスをやっつける働きがあり、パイナップルには、咳止め薬よりも効果を発揮する驚きの作用があります。と。

なんと素晴らしい果物なのでしょう。

風邪気味の方、疲れが取れない方、喉が弱い方は積極的に摂取しましょう。いい事を聞きました。

寒い冬に言うのも変ですが、夏バテで食欲不振の時にパイナップルを食べると食欲が出てるそうです。
毎年夏バテになる方は、思い出していたたげると幸いです。



| | コメント (0)

2016年1月 7日 (木)

胃腸の疲れを早めにリセット




お正月休みも終わり、心身のリズムの調子が乱れていませんか?
早めにリセットする事をおすすめします。

なんと言っても食べ過ぎ飲み過ぎの暴飲暴食、常に食べ続けの満腹状態。
まずは疲れの溜まっている胃腸から労わり整える必要があります。

胃のあたりを優しく撫でるようにさすったり、腸〜鼠径部、足裏をしっかり刺激したり。
意外によく効くのが背中トリートメント。
背中は内臓バランスもですが、冷え、ストレスなどを解消しリラックスさせる力もあります。

胃腸の疲れもですが、体重増加も気になる所。
肩甲骨の間や喉のあたりにある褐色脂肪細胞を刺激して燃えやすい体質に!
みなさんゴリゴリです。

無理をすればするほど長引きます。
疲れた自分を労わり癒す事をお忘れなく。
毎日ゆっくり湯船に浸かり、夜はなるべくパソコンや携帯での光を浴びず目を休め、早めに寝る習慣をつけましょう。

【胃腸の疲れにおすすめの精油】
マッサージでも入浴でも可(必ず希釈)
オレンジ、ベルガモット、マンダリン、レモン
ローズマリー、マージョラム、カモミール、ペパーミントなど

※入浴時、柑橘系の精油は3滴まで
※ペパーミントは冷却作用がありますので少なめに

  










| | コメント (0)

2016年1月 4日 (月)

今月のデザート♪




謹んで新年のお慶びを申し上げます。
今年度も皆様のココロとカラダを想い、ニヤッと笑みがこぼれるような甘いデザートを考えて行きたいと思います。

それでは、今月のデザートをどうぞ♪

【緑茶】
やはり新年は緑茶であり、美は健康から!
緑茶に含まれるカテキンには高い殺菌作用があり、インフルエンザ感染などを防ぐ抗ウイルス性の効果があると言われています。
まだまだ効能はありますが、年始から風邪で寝込まないよう元気に!

【サルのお饅頭】
今年の干支のサル饅頭。
年末年始食べ過ぎているであろう、、、
ミルク風味の餡であっさりとしたサル饅頭です。

【はな豆(別名:べにばないんげん)】
たんぱく質、食物繊維、ビタミン類が多く含まれおり、中でも特に目立つのはビタミンB1。脳の活性やエネルギーに繋げましょう。

【きんかん】
免疫力亢進、疲労回復、成長作用などがある金柑。
そして金柑に含まれるテルペンという成分は、興奮した神経を鎮静させ蓄積されたストレスを解す働きがあるそうです。
風邪に良し!ストレスに良し!


今年も心よりお待ちしております。
たくさんの方々にお会いできますように。




| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

新年のご挨拶




新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。

本年も昨年同様よろしくお願い致します。技術の向上、デザート、トークなどに励み、お客様にご満足いただけるサービスを心がける所存です。

1月4日(月)より通常営業いたしております。

皆様にお目にかかれますことを楽しみにいたしております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »