« 精油の力でインフルエンザ予防 | トップページ | 不思議な椿 »

2016年1月19日 (火)

加温作用の精油でお腹マッサージ




気温が下がるとついつい肩に力を入れてしまい、肩凝りが増し、体も緊張状態。
血の巡りが良くし、体の内側からしっかり温めましょう。

【加温作用】と言いまして、体を温める働きのある精油もあります。
こんな寒い日は体を温め、血流を促す精油を選ぶ体に塗って備える事もポイントの1つです。

【おすすめの精油】
オレンジ、ユズ、レモン、レモングラス、ローズマリー、
マージョラム、タイム、ジンジャーなど

【塗布】
①キャリアオイル50mlに上記の精油を10〜30滴
②お腹や腰など冷えの気になる部分に塗り込む
③塗った上から蒸しタオルやカイロで温めるより浸透を

【入浴】
①キャリアオイル(塩、蜂蜜、日本酒でも可)適量に上記の精油を5〜6滴
②よくかき混ぜながらじっくり浸かる

免疫力を上げる免疫機能の約70%は小腸が担っていると言われています。
冷えの強い方、疲れの抜けない方、体力が落ちている方は、特にお腹(小腸)に塗り込んで腸をマッサージで刺激し、免疫力の向上に繋げましょう。
その後、蒸しタオルや湯たんぽを乗せ、じっくり温めるとよりいいです。

体を内側からしっかり温めましょう。



|

« 精油の力でインフルエンザ予防 | トップページ | 不思議な椿 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 精油の力でインフルエンザ予防 | トップページ | 不思議な椿 »