« 胃腸の疲れを早めにリセット | トップページ | 手作り松ぼっくり »

2016年1月10日 (日)

咳止め薬や風邪薬の前にパイナップルを☆




この数日、冷え込んだせいか?
お正月明けで少し経ったせいか?
風邪などひかれていませんか?

久しぶりに食べたパイナップル。
パイナップルは圧倒的に糖分が多いと言われていますが、甘党の私は好んで食べます。

甘みの果糖でエネルギー補給、酸味のクエン酸で疲労回復、たっぷりの食物繊維で便秘予防。
素晴らしい果物です。

ビタミンA、B1、B2、Cが多いので免疫アップには大切ですので、少し疲れている方はぜひスーパーでお求めください。

少しパイナップルについて検索して見ました。
パイナップルは昔から咳止めの民間療法として活用されており、風邪を引いた時にパイナップルを食べる人は多いのです。
パイナップルの成分には、炎症を抑えたり、ウイルスをやっつける働きがあり、パイナップルには、咳止め薬よりも効果を発揮する驚きの作用があります。と。

なんと素晴らしい果物なのでしょう。

風邪気味の方、疲れが取れない方、喉が弱い方は積極的に摂取しましょう。いい事を聞きました。

寒い冬に言うのも変ですが、夏バテで食欲不振の時にパイナップルを食べると食欲が出てるそうです。
毎年夏バテになる方は、思い出していたたげると幸いです。



|

« 胃腸の疲れを早めにリセット | トップページ | 手作り松ぼっくり »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃腸の疲れを早めにリセット | トップページ | 手作り松ぼっくり »