« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

春は乾燥注意報。




お肌乾燥していませんか?
【乾燥】と言うと冬だけと思い、その季節だけ気をつけている人も多いと思います。

実は、春も乾燥注意報!
紫外線などもありますが、気温差や湿度の差が激しいのが最も大きいと思われます。
寒暖差が大きいと肌が気温に適応できません。

季節の変わり目はオイルが何と言ってもおすすめです。
保湿性の高いオリーブオリーブやスイートアーモンドオイル、アプリコットカーネルオイルやホホバオイルなどをいつものケアにプラスするだけ。
乾燥が強い時は、美容液はお休みし、代わりにオイルで油分を補うと回復も早いです。

使い方としまして、クリームの前に数滴馴染ませてからクリームで保護。
もしくは、化粧水やクリームに数滴混ぜて馴染ませても構いません。

オイルがない方、面倒な方は、シートマスクでしっかりと肌を潤して水分や栄養を補いましょう。
ぐんぐん吸い込むのが分かるはずです。

キャリアオイルはお好みがありますので、ご自分に合った物を選びましょう。


| | コメント (0)

2016年3月28日 (月)

ウッディー系の精油で深呼吸




本日は、ウッディー系(樹木)の精油のお話です。
樹木、枝などか抽出された精油で、清々しく爽やかだったり、落ち着く香りがします。
まるで森の中にいるような。と例えられる事が多いです。

森の中にいるとしたら、、、

きっと大きくゆっくりと深呼吸をしたり、背伸びをして身体を伸ばしたりし、空気も美味しく呼吸が楽なはずです。

ウッディー系の効能は、種類にもよりますが、リラックス効果が高く、咳や風邪など呼吸器系に役立つ働きが多いです。
まさに森の中。

【ウッディー系の精油】
サイプレス、サンダルウッド、シダーウッド、ジュニパー、
パイン、ヒノキ、ユーカリ、ローズウッドなど

【見慣れないですがこちらもウッディー系】
ホーリーフ、カユプテ、プチグレン、ニアウリなど


疲れで少し呼吸が早くなっている方。
ゆっくりしたい方。
枕元や襟元に置いてみてはいかがですか?
自然と呼吸が楽になると思います。

お客様と精油選びでのちょっとしたおもしろい話です。

ヒノキを嗅いだ時。
ヒノキって、あのヒノキ?
ヒノキですね!

パイン(松)を嗅いだ時。
パインって、あの松?
松ですね!

ゆずを嗅いだ時。
ゆずのままです!

笑いながら、そのまま名前だけを言っていると言う(笑)
精油選びは、人それぞれで楽しいです。





| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

春は毒素排出、忙しい季節




異動・転勤・引っ越しなど、春は大きな転機。
異動の可能性があるとハラハラするのも大きなストレスです。
そう言った生活環境や寒暖差などで、春になると気持ちが落ち込んだり、やる気が起きなくなったり、身体の疲れが取れない方が多いそう。

春は毒素排出の季節です。
息を吐くのも大事な毒素排出の1つです。

もやもやしている。
どことなくしんどい。
やる気がない。
精油を垂らしてスッキリしませんか?

【スッキリ!リフレッシュ】
オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、ペパーミントなど

【春を感じつつ、のほほんと】
グレープフルーツ、プチグレン、ネロリ、フランキンセンス、
クラリセージ、ゼラニウム、ローズウッドなど

【花粉症の方】
ペパーミント、ユーカリ、ローズマリー、
ティートリー、レモン、サイプレスなど

目を閉じ、息を長〜く、ゆ〜っくり吐き、その後は芳香成分をゆったり吸い込む。
これを繰り返すだけです。

ディフューザーがなくとも、コットンやティッシュに数滴垂らして近くに置くだけで◎

いい香りを吸い込む時は、頭の中のもやもやは考えず、香りに集中してみましょう。

やはり、春は疲労が蓄積された方が多く感じます。
自然と優しい香りや安定作用の精油を選んでいるように思います。

ご自分の体が1番です。我慢せずに春はこまめにメンテナンスしましょう。
お待ちしております。

春は毒素排出の季節。
そして紫外線対策が始まる季節です。
日焼け、乾燥、ニキビ、、、、
忙しくなりそうです。

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

春ですからピンク色










春なので可愛らしくピンクです♪
そして今月は、マーガレットにはまっています♪

あるお客様に『AICAさんがピンク色なんて珍しい!』と言われました。
確かに....ピンク色はあまり選ばないかもしれません。

春ですからAICAも少しだけピンク色です♪

| | コメント (0)

2016年3月23日 (水)

身体を温め停滞させない




日増しに暖かく過ごしやすくなっていますが、身体は冷えていませんか?
シャワーでなく、入浴で全身温めていますか?

花粉症やアレルギー症状のある方は、身体が冷えている事が多いように思います。
東洋医学では、体内に水毒(余分な水分)が停滞し、鼻炎やアトピー、アレルギー、喘息となり表出すると言う理論があるそうです。

冷えは大敵!
身体を温め、流れを良くし、鼻水やくしゃみなど、辛いでしょうが、薬で止めずにどんどん出せばいいのです。
このような症状がある方から叱られそうですけど(^_^;)

入浴や服装はもちろん、身体を温める食材もポイント!

そう言えば、温かくなってからもお手入れ時にジンジャーやブラックペッパー、マージョラムなどを選ばれる方が多いように思います。

おさらいです。
・入浴で身体を温める
・身体を温める食材を摂る
・出るものは出す
・ポイントの精油を使う

おまけです。
花粉症症状の酷い方は、イライラしやすい方が多いと耳にした事があります。
嘘か本当かは分かりませんが、、、

| | コメント (0)

2016年3月22日 (火)

季節の変わり目にはオイルをプラス




日増しに日差しが強くなり、すっかり季節は春ではありますが、今月は寒暖差が激しく、体調や肌を崩されている方も多かったのではないでしょうか?

暖かいのはいいですが、花粉が、、、
精油やマスク、点鼻などで予防はもちろんですが、身体を温め、しっかり保湿し肌のバリア機能を整える事も必要です。

化粧水をつけても、どことなくしっとりこない。
すぐにパリッとなる。
乾燥が気になり始めたら、いつもの化粧水にオイルを数滴プラスしてみましょう。
オイルは、冬だけでなく、季節の変わり目には大活躍なのです。

【化粧水での使用法】
①通常通り洗顔→化粧水
②化粧水にオイル1〜2滴を混ぜ馴染ませる
③クリーム(乳液)

【マッサージでの使用方法】
①洗顔
(乾燥の強い方は洗顔後に少し化粧水を)
②オイル適量をマッサージしながら馴染ませる
③よく馴染んだら化粧水
(オイルが気になる方は数分置いてティッシュで軽く押さえる)
④クリーム(乳液)で保護

【乾燥で化粧水崩れでの使用方法】
①洗顔→最後のクリーム
②リキッドファンデーションにオイル1〜2滴を混ぜ、塗る


キャリアオイルには、保護作用や保湿作用、軟化作用(柔らかくする)、収斂作用(引き締める)などがあります。
少しオイルをプラスする事でお肌は柔らかくなり、その結果、化粧品の成分が肌の奥まで入りやすくなります。

季節の変わり目です。
少しプラスしましょう。

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

花粉症症状に精油をプラス




花粉症の時期まっただ中ですが、いかがですか?
薬や注射、マスク、点鼻や鼻栓など解消方法は違うと思いますが、精油をプラスした解消法してみませんか?

嫌な症状を解消するだけでなく、香りによって癒し効果もあり、花粉症状の辛さも和らぐはずです。

【花粉症症状・アレルギー】
ティートリー、ユーカリ、ラベンサラ、ニアウリなど
①キャリアオイル20mlに上記の精油を4~8滴
②小鼻や鼻筋、胸辺りに塗り込む

【鼻炎・鼻づまり】
ペパーミント 、ユーカリ・ラディアタ 、ティートゥリー など
~その1~
①キャリアオイル20mlに上記の精油を4~8滴
②小鼻や鼻筋、眉間塗り込む
~その2~
①カップに上記の精油を2滴
②熱湯を注ぎ、目を閉じ蒸気を5分間吸入
※熱湯は少しにして、5分ごろからにさらに熱湯を足すと香りも漂います

ペパーミントとユーカリは、鼻粘膜の腫れを鎮め、空気の通りを良くする働きがありますので、鼻も奥からスースー気持ちよいですが、やや刺激が強いですので濃度は気をつけましょう。

いつでも相談ください。

| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

解毒の春はアロマバス




年度末の疲労や花粉時期もあり、肌・身体のトラブルに悩まされていませんか?

大切なのは、その日の疲れはその日に取る事で、老廃物を体内に溜め込まない事!

春は解毒の季節です!

体の流れを滞らせる原因の【冷え】【凝り】を取り、本来持っている【排泄機能】をしっかりと回復させ、要らないものは外に出しましょう。

汗をかかない。
あまりトイレに行かない。
便秘。
ニキビ。
ほとんど水分を摂らない。など。

体内に溜まっている老廃物を外に出し、滞りのない身体作りには、やはり入浴。

イライラしている方は、ラベンダー、ローズウッドで鎮静し洗い流し。
便秘で調子を崩している方は、マージョラム、マンダリンでお腹を整えあたため。
もやもやしている方は、ジュニパーで浄化し発汗。

こまめにお白湯(水分)補給をし、精油+お塩のアロマソルトバスで、さらさらのいい汗を流しましょう。

春はデトックスの季節です。

【簡単アロマソルト】
①お塩大さじ2+精油5〜6滴
②時々かき混ぜながら浸かる

※柑橘系の精油は少しヒリヒリ感がありますので3滴以内
※しっかりと水分補給を



| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

肌荒れにフランキンセンス




花粉症のためマスク着用し、肌荒れ起こしていませんか?

いつも使っている化粧水やクリームに精油のフランキンセンスをプラスしてみては?

フランキンセンスは、強壮作用や炎症防止作用などがあり、肌の細胞を活性化し、鎮静してくれます。
たるみやしわ、乾燥はもちろん、心の鎮静にも大きく役立ちます。

フランキンセンス1本でもいいですし、ラベンダー、ゼラニウム、カモミール、サンダルウッドなどとブレンドするのもおすすめです。
その時のお肌の調子にもよるので、状態に合わせたオイルを用意しておくと便秘です。

【アロマ化粧水の作り方】
①100mlの容器に精油を20滴
②グリセリン(薬局にあります)、もしくはキャリアオイル5〜10ml
③精製水(ミネラルウォーター)、もしくは化粧水95から90ml
④使用前は軽く振って使用
⑤香りを楽しみつつ、優しく馴染ませる

自分でブレンドしたアロマ化粧水やアロマオイルは、愛着があり、大事に使いますので、肌にも良し!





| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

鼻水・鼻づまりはペパーミントを




今年の花粉飛散量は、西日本は昨年より多く、場所によっては非常に多く飛散する所もある見込みのよう。

鼻づまり、鼻水の症状のある方。
ユーカリ、ペパーミント、ローズマリーの準備を!

ペパーミントやユーカリは、鼻粘膜の炎症や腫れを鎮め、空気の通りをよくしてくれますので、鼻がスースーして気持ちいいと思います。
鼻が詰まるとボーッとし集中力低下にも繋がりますので、すっきりな香りで頭もシャキッと!

ティートゥリーやローズマリー、ラベンダーなどをペパーミントとブレンドすると、鼻通りも呼吸も楽になり、香りも楽しめます。

上記にあがっている精油をハンカチかティッシュに1滴落とし、マスクの内側に擦りつけたり、スプレーやブレンドオイルを塗り、鼻からゆっくり呼吸します。

【スプレー】
①20ml容器に精油を8滴
②無水エタノール5ml
③精製水(ミネラルウォーター)15ml
④使用前によく振る
⑤鼻がマスクの内側にシュッ

【マスク】
①内側の鼻の下辺りに精油をつける
②肌に付かないよう着用
※ユーカリやペパーミントは刺激が強いですので、ティッシュなどに1度落としてからマスクに付けて下さい

【ブレンドオイル】
①10mlの容器に上記の精油2〜4滴
②キャリアオイルを10ml
③使用前に軽く振り、鼻筋〜小鼻、眉間に塗り込む
※携帯しておくと便利です

今年も精油で花粉症予防です!
もしくは軽減を!

| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

1日遅れのミモザの日






3月8日はミモザの日。

今日はミモザを買う予定はなかったものの店員さんに勧めていただき、即購入。

真っ黄色のポンポン咲きが春を運んできてくれ♪
この眩しい黄色パワーで元気に♪
あぁ。買って良かった♪

そして、ミモザのおすすめはリースだそう。
ミモザはドライになっても楽しめますし、春の風を呼び込むミモザリースなんて粋です!と教えてくれました。

【ミモザのリースの作り方】
ミモザが乾燥すると、花や葉がポロポロと落ちてくるので、乾燥する前に枝を丸めてリースを組む。
少し葉っぱを落としておく。
ワイヤーがあれば簡単に作れる。

数日飾ったらリースを作ってみます。
初!ミモザリースです。

| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

柑橘風呂でゆったりと




オレンジ、レモン、グレープフルーツ、柚子などの皮に含まれる【リモネン】と言う成分には身体を温める働きがあります。

そして眠りのホルモンと言われる【メラトニン】の分泌を盛んにするそう。

香りよし!作用よし!
心身ともに深いリラックスに繋がるわけです!

慌ただしい3月。年度末の3月。
みなさまお疲れモード全開です。
ゆったりと柑橘風呂はいかがですか?

ゆっくり寝つきたい時は、柑橘系にラベンダー、ゼラニウム、ローズウッド、カモミールなどをプラスしてみましょう。

※柑橘系の精油はピリピリ感が出る場合があります。
お塩や少量のキャリアオイルに混ぜ、3滴ほどでお使いください。


| | コメント (0)

2016年3月 5日 (土)

背中をほぐしてストレス軽減




背中の凝りや痛み(凝り過ぎての)。
パソコンや事務職、同じ姿勢や歪み、運動不足など原因は様々ですが、背中と言う場所はストレスとも大きく関係している部位です。

肩が凝るような事をしていなくても背中の凝りや痛みを感じる方は、もしかしたら精神的なストレスがあるかもしれません。
背中のこわばりを取り除く事で精神的なものが軽くなる場合があります。

特に仙骨(尾骨の上)から背骨付近、首(下を向いた時に飛びて出る骨)などを中心に流して温めます。
ふわっと軽くなる方も。
ストレスだけではなく内臓の働きの刺激にも繋がります。

自分ではマッサージ出来ない背中をほぐし、温かいお白湯を飲んで汗や尿を出しスッキリしましょう。

3月は何かと慌ただしい時期です。
シャワーで済ませるのはNGです。
なぜなら、交感神経を優位にしてしまいまい、頭をシャキッとさせます。
朝はおすすめですが、夜は精油などを入れて香りに包まれゆったり浸かりましょう。








| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

肌荒れの時はシンプルケアを




鼻や目を擦りヒリヒリしたりと、花粉症で肌荒れ起こしていませんか?

肌が荒れている場合は、美容液の効果はさほど期待できません。
肌が荒れているからとたくさん塗ってしまうと余計に肌の負担になります。

肌荒れの時は、美容液は少し控え、その変わり化粧水などでしっかりを水分補給をしましょう。
シンプルケアです。

洗顔のし過ぎやすすぎ過ぎ、ゴシゴシ拭き取りは厳禁です。


| | コメント (0)

2016年3月 1日 (火)

今月のデザート♪






日増しに暖かくなり過ごしやすい季節となりました。
3月と言えばお雛様。春と言えば桜。と言う事で、今月のデザートは可愛らしく揃えてみました。

【玄米茶(抹茶入り)】
香ばしさが魅力の玄米茶。食物繊維が豊富なため、整腸作用で便秘解消。また、ビタミンB群やビタミンE、リンや鉄などのミネラルも豊富に含まれています。そして注目のGABAは神経を鎮め、イライラや興奮を抑えて穏やかな気持ちに。
抹茶にもビタミンA、カルシウム、食物繊維が多く、興奮を鎮めて緊張を和らげる効果があるよう。

【桜花ようかん】
桜花入りの二層式のようかんです。
上の部分は寒天であっさりとしています。
視覚と味覚で桜をお楽しみください。

【桜らくがん】
和三盆、寒梅粉などで作られた、落雁(らくがん)。
糖質は脳や神経系、筋肉などが活動する場合のエネルギー源。
お口の中でス~っと優しく溶けます。

【ドライいちご】
食物繊維、ペクチン、クエン酸、リンゴ酸が豊富でカリウムとナトリウムをバランスよく含んでいます
たっぷり含まれるビタミンCはコラーゲン生成の作用を助け、皮膚を丈夫にしますので美肌効果に期待大。


少し早いですが、プチお花見をどうぞ♪
3月は何かと気忙しいとは思いますが、そんな時こそご自分のメンテナンスをお忘れなく。

今月も心よりお待ちしております。





| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »