« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月28日 (木)

火と消化のエネルギー季節です




アーユルヴェーダとは、古代インドから伝えられているインド伝承医学の事です。
身体には【ヴァータ】【ピッタ】【カパ(カファ)】の3つの性質のエネルギーがかり、そのエネルギーを【ドーシャ】と言います。
体質や性質みたいなものでしょうか?

そのドーシャは季節の影響も大きく受けます。夏〜初秋にかけては暑さ+湿気でピッタと言う【火のエネルギー】が最も強まります。
この火のエネルギーにより、代謝が促進される→体力が消耗する→疲れやすくなる→疲労が溜まる。

ピッタは【火のエネルギー】でもありますが【消化のエネルギー】でもあり、消化や代謝の調節をするため、暑い夏は、胃や十二指腸などの消化器に不調が現れやすいと言われています。
胸焼け、胃痛、食中毒など、、、
心当たりありませんか?

夏場、体質や性質のバランスを取る方法としましては、身体を少しひんやりとさせる目的の水泳や森林浴や山歩き、観葉植物や水槽など水や植物を上手に利用して清涼感を取り入れのもおすすめです。

先ほども出ましてが、【消化のエネルギー】もありますので、ビアガーデンの季節ではありますが、暴飲暴食は注意です。
暑いからとビールや炭酸、氷をたくさん入れるのではなく、水やフルーツジュース、ミントティーなどのハーブティーを少し心掛けると身体は喜びます。

冷房で身体が冷え過ぎたり、喉や頭が痛くなる事もあるかもしれません。
ペパーミントの精油を上手に使って清涼感を出しましょう。
ペパーミントのオイルを身体に塗ると体感温度が【−4度】。
ブレンドして身体に塗ったり、浴槽に垂らしたり、クーラーや扇風機の風の来るところにコットンや布に垂らして貼り付けたり、、、
梅雨時期〜夏場は特にペパーミントはおすすめの1本です。

特に火のエネルギーピッタの人は夏バテしやすいと言われていますので、特に気をつけましょう。

【火のエネルギー ピッタの性格】
・知性的
・リーダー的な素質がある
・情熱的、やる気がある
・物事を計画的、合理的に進めるのが得意
・自分が納得出来ないことはやりたくない、やらない
・約束や時間を守らないことが嫌い
・思ったことを言える。意見を主張できる
・正義感が強い、曲がったことが嫌い
・人の意見を鵜呑みにしない
・お腹が空くとパワーがなくなり、イライラする
・集中力がある

【ピッタの特徴】
・中肉中背。均整のとれたプロポーション
・肌に艶がある。(日焼けはしやすい)
・黄みがかった肌
・目に輝きがある。目力がある
・快食。食欲があり、美食家
・暑いのが苦手
・関節が柔らかい


このピッタの性質や特徴に当てはまらなくとも、身体の冷やし過ぎや暴飲暴食は控えましょう。

私は、暑くなると特にナスやキュウリを食べる率が上がります。
ナトリウムやカリウム、そして【涼】を求めているのかも。
ナスのぬか漬けは最高です。

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

目の日焼け対策も必要



パソコンやスマホ、加齢、疲労などの関係で目の白い部分が黄色くなっていませんか?
今の時期ですと紫外線が1番大きな原因かもしれません。
紫外線に当たると肌や髪までも日焼けするように目も日焼けするのです。
目が日焼けすると活性酸素が過剰に発生しますので、白目の色が少し変わったら、黄色っぽく白目が黄色く見えたり、くすんだりするよう。
色だけではく、目が焼けると全身しんどい。
経験ある方は多いと思います。

目にもUVカットは必要!
UVカットされたサングラス、帽子、目薬など。

やはり目の疲れや日焼けも精油でアフターケアです。

【目の疲れ時、おすすめ精油】
ラベンダー、ペパーミント、ローズマリーなど
※ペパーミントとローズマリーは少し刺激になりますので、必ず1滴でよく混ぜる

【精油入りおしぼり】
①洗面器に精油を1滴+水
②よく混ぜてタオルを入れ絞る
③冷蔵庫へ(時間のある方)
④目を閉じ目の上へ
※精油がなくとも日頃から冷たいタオルを冷蔵庫に常備していると便利です
※ナイロンやジップロックに入れそのまま載せるとメイクも落ちませんので、事務作業の方はこまめに冷やしましょう。








| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

夏はペパーミントが大活躍




連日の猛暑。
精油選びの祭も、ペパーミント!スッキリしたもの!爽やかなのがいい!などと言われる方が多くいます。

もちろんペパーミントの精油はは暑い夏には大活躍。
冷却作用で涼しく感じさせてくれ、何とも爽やか。
ペパーミントの精油を身体に塗ると(もちろん希釈して)実際の温度より体感温度が【4℃】と言う実験結果も出ているほど。

ペパーミントでスッキリ爽やかな夏を過ごしましょう。

【冷却作用で涼しく】
・コットンなどに数滴垂らし、クーラーや扇風機、窓際に置いて風と一緒に香りを拡散
・シャンプーやボディーソープに1滴混ぜてスッキリ洗う
・お塩と4滴で爽やかに入浴
・日焼け時はペパーミントローションで鎮静

【殺菌作用でケア】
・夏風邪、クーラーでの喉の痛みなどブレンドして喉へ
・食べ過ぎた後などブレンドしてお腹や胃に塗り込む

【発汗作用で夏こそ汗を】
・お塩大さじ2杯と4滴でじっくり入浴



| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

スイカには塩をふって♪




夏と言えばスイカ。
今年買っているスイカはどれも甘くてジューシー♪
果物が美味しいとテンションあがります♪

スイカの約90%以上が水分。
近年では体内の毒素を排出し、抗酸化作用などの働きがある成分が含まれている事も分かってきたそう。

抗酸化作用と言われるとこの時期は、ついつい反応してしまいます。
抗酸化作用が高いリコピンと言えばトマト。
スイカの赤い色もリコピンによるもので、ビタミンCなどの抗酸化作用のある成分も含まれているそう。

紫外線を浴びた日はスイカも良さそうです。
抗酸化作用だけではなく、スイカには解毒作用、美肌、疲労回復などもよく知られています。
さすが夏の果物。

普段はそのままスイカを食べますが、やはり、汗をたくさんかいた日はしぜんと塩をふっています。
減塩!減塩!と言われていますが、お塩をかける事で水分と同時に塩分も摂る事が出来ますので、真夏はお塩もおすすめだとおもいます。
かけ過ぎたとしてもスイカには余分な塩分を排出してくれる成分もあるようですので、そこまで心配はいらないのでは?

スイカは色々と夏の事を考えた果物なのだな。


| | コメント (0)

2016年7月22日 (金)

化粧したまま寝た時は翌朝ケアが大事




お化粧したまま寝ていませんか?
残業、不規則な勤務などで帰宅するとぐったりそのまま就寝。
そんな話を何度か耳にする事があります。洗顔や入浴出来ないほど疲れているのは分かりますが、必ず肌に返ってきます。

今日だけは、、、
1日くらい、、、
ダメです!!

化粧したまま寝る→化粧の油分と顔の皮脂が混ざる→酸化する→恐ろしい刺激物質に変わる(過酸化油脂)→シミ、シワ、くすみ、硬さなど肌の老化が進みます。

分かってはいるが、あまりの疲労や睡魔には勝てない日もあるかもしれません。
万が一、化粧をしたまま眠った時は、翌日のケアが大切です。

【翌日ケア】
目が覚めたらすぐにクレンジングを多めに取り落とす

蒸しタオルで顔を1分包む

丁寧に洗顔をする。

丁寧にすすぎ、冷めたいタオルやパックなどで引き締める

その後は、美容液や化粧水を丁寧につける


化粧したまま寝る事は!
いろんな物を拭いた雑巾を顔に乗せて寝ているのと同じくらいの雑菌量だ!
と言われるほどです。
想像すると恐ろしいものです。

今の時期は、皮脂も汗も多いですので、いつもよりもクレンジングや洗顔料は多めに使いTゾーンは特に念入りに洗いましょう。
落とすものはさっさと落とす!

【炭酸クレンジング】
150g 3,800円
ゆずの香りの炭酸ジェルで余分な物だけをしっかり落とします。

【炭酸洗顔フォーム】
150ml 4,200円
押すとゆずの香りの柔らかい泡が出ますので、優しく肌を整えます。


| | コメント (0)

2016年7月20日 (水)

夏の洗顔はメリハリをつけましょう




この連日の猛暑で汗や皮脂でベタベタ。
夏の皮脂は冬の2~2、5倍。
毛穴も開き、皮脂もよく出ていると思います。
その皮脂が化粧や汗と混ざり、酸化すると肌トラブルを招く変性皮脂に変化します。
この変性皮脂(酸化した皮脂)や皮脂は、油です。
水やお湯では落ちません。
寝起きなんて特に皮脂でべっとりしていませんか?
きちんと洗顔しているのに肌がくすんで見える。
日焼けをした覚えはないのに肌が黒く見える。
もしかしたら皮脂が酸化したまま肌に残っている可能性もあります。

美肌作りは洗顔から。と、よく言いますか、夏の美肌は朝一番の洗顔からスタートしましょう。
洗浄力が豊かな固形石鹸がおすすめです。
夏の洗顔の目的は、肌老化の原因や様々なトラブルの元となる酸化した皮脂。しっかり落とすことです。
落とすものはしっかり落として、補うものはしっかり補う!
これポイントです!

毎年、夏前〜秋口に人気のゆず玉石鹸。
高濃度フルーツ酸や保湿成分配合で、古い角質や余分な皮脂を取り除き、肌を整えます。
ニキビやざらつき、毛穴の黒ずみはもちろん、スキンケアとして使用されている方もいます。

【使用法】
①顔を十分湿らします
②必ずぬるま湯でしっかり泡立てます
※水では泡立ちません
③たっぷりの泡で優しく洗います
※顔に1〜3分のせる泡パックはおすすめです
④しっかりすすぎます
⑤フルーツ酸ですのですすぎ後はすこし突っ張り感が出るかもしれませんが、十分に保湿すれば問題ありません
※古い角質が取れると栄養も入りやすいです

【ポイント】
・夜洗顔の時がおすすめです
・皮脂の多い春〜秋口は毎日使用
・その他は週1〜3回
・顔だけでなく、くすみの気になる部分にも使用できます

そしてこの石鹸。
ゆず玉とあるように天然ゆず油が配合されていますので、ほのかに爽やかなゆずの香りです♪
洗顔は楽しくしなくては♪

【ゆず玉石鹸】
80g 2,800円(税別)

要らないものは落とし、洗顔にもメリハリを!

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

業務用炭酸クレンジングのお知らせ




業務用のクレンジングのお知らせです。
通常の炭酸クレンジングは、1ヶ月程。
毎月買いに来れない方、クレンジングはたっぷり使いたい方などもいまして、業務用も販売する事になりました。

業務用は便利なポンプタイプです。
2プッシュ程で全体しっかり馴染みますが、肌荒れや日焼け止めをがっつり塗っている時は少しずつ付け足すといいです。

炭酸ナトリウムは、角質を柔らかくする働きがありますので、丁寧にクレンジングすると、すすいだ後は柔らかくしっとり。
クレンジングにも抗糖化成分や植物エキス、保湿成分やゆず果皮など配合されていますので、洗い上がりはさっぱりですが、潤いはしっかり残ったまま。
なおかつ、肌の色が明るく血行促進まで。
クレンジングではありますが、美容成分で落とし洗っているようなものです。


たっぷりのクレンジングでお肌を整え土台をしっかり作りましょう。
寝不足でくすみが気になる時、汗と皮脂で吹き出ものがある時、お出掛けの日などの朝もクレンジングすると肌が明るく、化粧ノリがいいです。

【炭酸クレンジング】
左の店販用 3,800円/150g(税抜)
右の業務用 9,500円/400g(税抜)
業務用詰替 7,900円/400g(税抜)
※詰め替えの場合は、ポンプと外の容器を付けるようになりますので捨てないよう気をつけてください。


写真はブルーの抗糖化シリーズですが、白色の抗酸化シリーズも業務用はあります。
在庫がない場合がありますので、業務用を希望される場合は、予約時にお願いします。
クレンジングと洗顔フォームはよく使うものですので、洗顔も業務用は検討中です。

| | コメント (0)

2016年7月16日 (土)

キンキンに冷えたウェルカムドリンク♪




今月のウェルカムドリンクは、ビタミンCたっぷりのグレープフルーツジュース。
酸味と苦味、甘味が絶妙なフレッシュグレープフルーツです。

グラスをキンキンに冷やしていますので、とっても冷たく、一気飲みすると胃が冷えます。
冷たいのが苦手と認識している人には冷やさないグラスにしています。

みなさま、グレープがお好きのようでこの2ヶ月はグレープでしたが、今月からさっぱりに変更しました。

フットバス中、お手入れの合い間、終わってから、しっかりと水分補給しましょう。
お水がご希望の方は遠慮なく。
今もお白湯が人気です。

| | コメント (0)

2016年7月14日 (木)

肌トラブルの見直しはクレンジング




梅雨明け目前。
早く梅雨明けして欲しいが、あの強烈な猛暑が恐ろしい。
強い紫外線、皮脂、多量の汗、寝不足で肌トラブル起こしていませんか?
季節の移り変わりが【肌へのストレス】となります。
梅雨から夏。夏から秋。秋から冬へ。と。
年中気を抜けないと言う事でしょうか?

実は私も先月末から肌荒れです。
多量の皮脂とメイクが混じり、多量の汗、刺激物やらアイスクリームの食べ過ぎやら、、、
そして紫外線の影響で肌も硬くなっております。
以前なら少しケアをすると数日で回復していましたが、この数年、そう言う訳にはいかず、、、
現実は厳しゅうございます。

やはりスキンケアで大切なのはクレンジングと洗顔です。

あれ?吹き出が、、、
あれ?紫外線で肌がおかしい、、、
寝不足ですくすみが、、、
心当たりのある方は、まずはクレンジングの見直しをしてみましょう。

日頃使用しているクレンジングで肌の調子が良いなら問題ありません。
ですが、【あれっ?】と感じている方はクレンジングを替えてみませんか?
AICAで使用のクレンジングは、皮膚再生医療から生まれた抗酸化、抗糖化成分、保湿成分配合で、ゆずの香りの炭酸ジェルタイプのクレンジングです。
しっかり洗浄しますが、潤いはそのまま。
クレンジング後に肌の柔らかさに気づくと思います。

夏場のポイントは、擦り過ぎない!下手に時間を掛け過ぎない!事です。
小鼻、顎などざらつきが気になる部分のみ、クレンジングを付け足して丁寧に行ってください。

オイルクレンジングをお使いの方は、そちら目元や口元などのポイントメイク用としてお使い、負担の少ないクリームやジェルタイプに切り替えましょう。

よく肌トラブルや悩みで、美容液が欲しい!美容液を買った!と言われる方が多いのですが、まずはクレンジングの見直しです。
基礎がしっかり出来ていないといくら高価な美容液を使っても効果は半減。
もったいないですよね?
ならは基礎をしっかり作りましょう。

【炭酸クレンジング】
白:抗酸化
青:抗糖化
どちらも150g 3,800円(税抜)
化粧品購入でスタンプ10個貯まるとクレンジング1本プレゼントとなっています。
お得です。

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

精油で美を手に入れる




強い日差しを浴び、ダメージ受けていませんか?
焼けたくないからと肌に合わない日焼け止め、酸化しやすい(酸化した)オイル、皮脂が浮いたままだとよりダメージを受け肌は健やかさを保てなくなります。

冬前は風邪予防で抗菌作用や抗ウイルス作用の精油を準備しますが、今の時期は抗酸化作用の高い精油をぜひ準備しておきましょう。
精油をプラスして、化粧水やブレンドオイルを作り、日焼けなどの炎症をできるだけ起こさないケア+予防を。

【精油で化粧水】
①100mlの容器にキャリアオイル数ml+精油を20〜40滴を入れよく降る
②精製水(ミネラルウォーター)を100ml弱入れる
③使用前は必ず振って使う
※日焼けケアの場合は冷蔵庫で保存すると気持ちいいです
※首や背中、肩などに使用する場合は、スプレータイプの容器が便利です

【精油でブレンドしてオイル】
①30mlの容器にキャリアオイルを30ml+精油を6〜12滴入れよく降る
②使用前は軽く振る
※肌の気になる部分だけでもいいですし、全体塗ったりマッサージするのも良し

【抗酸化作用の働きのある精油】
ローズ、ローズマリー、フランキンセンス、
イランイラン、クローブ、フェンネル、マージョラムなど

【漂白作用の働きのある精油】
レモン、グレープフルーツ、セロリなど
※レモンには光感作用がありますので紫外線に当たらないよう注意です。
夜のケアがいい

【細胞成長促進作用の働きのある精油】
ローズ、ゼラニウム、ラベンダー、ネロリ
ローズウッドなど


肌や症状に合った精油を選んで化粧水やオイルを作り、香りを楽しみつつ、オリジナルアロマ化粧品でケアをしましょう。

必ず100%の精油を使う事!
天然植物の柔らかな香りに癒され、心身を和らげ、『美』を手に入れましょう。



| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

精油を加えて楽しいシャンプータイム




暑い日が続くと汗はもちろん、頭皮の臭いも気になるものです。
頭皮は臭いがこもりやすく、皮脂腺はTゾーンの2倍ほどの量がありますので、テカリや油っぽくなるのは当たり前ですし、気付かぬうちにベタついているものです。

シャンプーにも精油をプラスしてスッキリしませんか?

【使用法①】
シャンプーに精油を1滴垂らして混ぜてからシャンプーする

【使用法②】
①容器に精油5〜10滴
※キャリアオイル数mlと混ぜるとより良い
②シャンプー25mlほど入れてよく振る
※5日ほどで使い切る

【スッキリしたい】
ペパーミント、ローズマリー、レモン、シダーウッドなど

【頭皮・皮脂バランス】
サンダルウッド、イランイラン、ゼラニウムなど

【日焼け後の炎症や乾燥】
ラベンダー、サンダルウッド、ローズウッドなど

精油を上手く活用し、シャンプータイムを楽しみましょう!

私はペパーミントが好きです。
頭皮がスッキリ!スカッとします!

シャンプーの洗い残しがあると臭い菌の元にもなりますので、爪を立てずにしっかりすすぎましょう。

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

梅干しで塩分とクエン酸補給を



美味しい梅干しで【塩分補給】と【クエン酸補給】を同時に!

連日猛暑で気温・湿度、水分は気にされているかと思いますが、塩分はどうでしょう?
汗や尿などで体の水分や塩分などが出ますので、体の内部から対策をする事も大切です。

それは、梅干し。
梅にはミネラルが豊富に含まれており、梅干しには塩分とクエン酸がたっぷり。
熱中症対策、夏バテ、疲労回復として梅干しを食べましょう。

食事時やお弁当に梅干しを。
今はコンビニでも手軽に梅干しのお菓子が手に入りますので、ちょっとした休憩にもいかがですか?



いつもお手入れ後はデザートの流れですが、今は一粒飴を付けています。
その名も【塩梅あめ】です。
ヒマラヤ岩塩と紀州産の梅のミックスです。
いい塩梅です♪

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

水分と塩分補給忘れずに




本日松山は35℃観測したそう。
朝からクラクラです。
水分補給、塩分補給、そして換気されていますか?

熱中症や脱水の話題が出るとよく『水飲んでいるから大丈夫!』と言われる方がいますが、汗などで塩分が出ていますので、塩分補給が必要になります。
水分補給だけでは熱中症は防げません。

今は、熱中症予防のドリンク、塩分補給の飴などたくさん販売されていますので、お試し下さい。

喉が乾かなくても前もってこまめに水分補給を心がけましょう。
塩分はどれくらい必要?
水分に対し0.2%くらいの食塩水が理想と言われています。
・1L(リットル)の水に対し2gの塩
・500mlのペットボトルや水筒なら1gの塩

お手入れの前後は、通常はぬるま湯を出していますが、冷たい水がいい場合は遠慮なく。
寝る前もコップ一杯は飲み、枕元にも準備してして置く事をおすすめします。

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

今月のデザート♪




今年の梅雨は異常な程の豪雨。
四国の梅雨明けは7月18日頃と予測されており、梅雨明け直後は気温が急に高くなる見込み。

前半はジトジト、後半は暑さで身体がだるくなりそうな予感。
そんな気温や湿度に負けないデザートをご用意しました♪
身体の中からしっかり元気に♪

【ルイボスティー】
ミネラルは人間の体内で合成することができないため、食事や飲み物から摂取しなくてはなりませんし、ミネラルが不足すると、体がだるくなったり、暑さに弱くなったりし、活動に影響が出てきます。
水分補給のおともに。
体の中からしっかりとミネラルバランスを取りましょう。
※ルイボスティーはさまざまな栄養や効能があります

【ドライパパイヤ】
ビタミンAとして活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守ると共に皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きもあります。
そして免疫力を高める働きも!
夏風邪や高血圧、貧血防止などににおすすめな果物です。

【マンゴープリン】
老化や貧血の防止、美肌、免疫アップ、生活習慣病の予防などの働きがあり、ビタミンやミネラルのバランスとても良い果物。
今回は、ツルッと食べれ、ほんのり甘いマンゴープリンです。


毎年言われていますが、今年は梅雨明けから猛暑だそうです。
厳しい暑さに慣れるのには時間がかかり、脱水や熱中症のリスクが高くなりますので、こまめに水分や塩分補給をお忘れなく。


※マンゴープリンは変わる場合があります

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »