« 目の日焼け対策も必要 | トップページ | 今月のデザート♪ »

2016年7月28日 (木)

火と消化のエネルギー季節です




アーユルヴェーダとは、古代インドから伝えられているインド伝承医学の事です。
身体には【ヴァータ】【ピッタ】【カパ(カファ)】の3つの性質のエネルギーがかり、そのエネルギーを【ドーシャ】と言います。
体質や性質みたいなものでしょうか?

そのドーシャは季節の影響も大きく受けます。夏〜初秋にかけては暑さ+湿気でピッタと言う【火のエネルギー】が最も強まります。
この火のエネルギーにより、代謝が促進される→体力が消耗する→疲れやすくなる→疲労が溜まる。

ピッタは【火のエネルギー】でもありますが【消化のエネルギー】でもあり、消化や代謝の調節をするため、暑い夏は、胃や十二指腸などの消化器に不調が現れやすいと言われています。
胸焼け、胃痛、食中毒など、、、
心当たりありませんか?

夏場、体質や性質のバランスを取る方法としましては、身体を少しひんやりとさせる目的の水泳や森林浴や山歩き、観葉植物や水槽など水や植物を上手に利用して清涼感を取り入れのもおすすめです。

先ほども出ましてが、【消化のエネルギー】もありますので、ビアガーデンの季節ではありますが、暴飲暴食は注意です。
暑いからとビールや炭酸、氷をたくさん入れるのではなく、水やフルーツジュース、ミントティーなどのハーブティーを少し心掛けると身体は喜びます。

冷房で身体が冷え過ぎたり、喉や頭が痛くなる事もあるかもしれません。
ペパーミントの精油を上手に使って清涼感を出しましょう。
ペパーミントのオイルを身体に塗ると体感温度が【−4度】。
ブレンドして身体に塗ったり、浴槽に垂らしたり、クーラーや扇風機の風の来るところにコットンや布に垂らして貼り付けたり、、、
梅雨時期〜夏場は特にペパーミントはおすすめの1本です。

特に火のエネルギーピッタの人は夏バテしやすいと言われていますので、特に気をつけましょう。

【火のエネルギー ピッタの性格】
・知性的
・リーダー的な素質がある
・情熱的、やる気がある
・物事を計画的、合理的に進めるのが得意
・自分が納得出来ないことはやりたくない、やらない
・約束や時間を守らないことが嫌い
・思ったことを言える。意見を主張できる
・正義感が強い、曲がったことが嫌い
・人の意見を鵜呑みにしない
・お腹が空くとパワーがなくなり、イライラする
・集中力がある

【ピッタの特徴】
・中肉中背。均整のとれたプロポーション
・肌に艶がある。(日焼けはしやすい)
・黄みがかった肌
・目に輝きがある。目力がある
・快食。食欲があり、美食家
・暑いのが苦手
・関節が柔らかい


このピッタの性質や特徴に当てはまらなくとも、身体の冷やし過ぎや暴飲暴食は控えましょう。

私は、暑くなると特にナスやキュウリを食べる率が上がります。
ナトリウムやカリウム、そして【涼】を求めているのかも。
ナスのぬか漬けは最高です。

|

« 目の日焼け対策も必要 | トップページ | 今月のデザート♪ »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目の日焼け対策も必要 | トップページ | 今月のデザート♪ »