« 季節の変わり目は風邪に注意 | トップページ | 湿度が高い日は精油を活用しましょう »

2016年9月17日 (土)

好きな香りで疲労回復へ




夏の疲れ、日々溜め込んだ疲れがドッと出てきて何をしてもしんどいと言う声を最近よく耳にします。

気温の変化が激しい。
気圧の関係などもありますが、積み重なった疲労、ストレスがかかると自律神経の乱れに繋がります。
自律神経が乱れる→上手く体温が調節できない→体のだるさや疲れ→倦怠感へ。

好きな香りを嗅いでリラックスする事が疲労回復の近道だと思います。

この数日は蒸し暑く寝苦しい夜が続いていますので、寝る前にアロマバスにじっくり浸かって疲れを取りましょう。

【作り方】
①天然塩大さじ1〜2杯+精油6滴まで
※1週間分まとめて作って置くと香りも熟成します

【蒸し暑い日】
グレープフルーツ、ライム、レモン、ペパーミント(3滴まで)
ローズマリー、ラベンダーなど
※柑橘系は皮膚がピリピリしやすいのですので、敏感肌の方は避けた方が良いですし、3滴までです

【安眠効果】
オレンジ、ベルガモット、プチグレン、マンダリン
フランキンセンス、ラベンダー、ローズウッドなど

寝室の枕元にも【安眠効果】の精油をお供に。
ディフューザーがなくともティッシュやコットンなどに3滴垂らし枕元へ。
柑橘系は色が付きますので気をつけてください。

お好きな香りに包まれて、ゆっくり吸入し、お休みください。

寝る前の携帯やパソコンは禁止です!!
目と頭をしっかり休めないと疲れは取れません。






|

« 季節の変わり目は風邪に注意 | トップページ | 湿度が高い日は精油を活用しましょう »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節の変わり目は風邪に注意 | トップページ | 湿度が高い日は精油を活用しましょう »