« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

そろそろスパイシー系の精油




スパイシー系の精油が活躍する季節突入です。
ジンジャー、ブラックペッパー、クローブカルダモン、コリアンダー、シナモンなど。

ほとんどが刺激の強い香りですので、単品だと強く感じる場合は、森林系の香りと相性がいいです。

冷え性の方、足先だけ冷えている方には特に足裏やお腹に上記のスパイシー系の精油をプラスして塗り込むのですが、あたたかくなるのが早いようです。
やはりジンジャーが早いかな。

それぞれに働きは若干違いますが、共通する作用を紹介します。
・体を温める
・胃腸の冷えが原因の腹痛
・食欲不振、腹痛など消化器系
・呼吸器系を強くする働きがあり
・風邪やインフルエンザ予防など

スパイシー系の精油は、香りもですが、肌刺激も強いですので使用する際は注意が必要です。
冷え性の方はぜひ、トリートメント時にブレンドしてみませんか?

スパイシー系の精油を紹介しつつ、写真はキウイ♪
熟して甘かったので嬉しくて載せただけです♪

| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

インフルエンザ流行開始。精油で予防。




毎年インフルエンザのピークは1月~2月と言われていますが、今年は最も早い流行開始だそうです。
予防として精油を早めに使いましょう。
もちろん予防摂取も。

【精油を拡散させる方法】
・ディフューザーや加湿器に数滴垂らす
・洗面器などに精油を垂らし熱湯を注ぐ
・コットンやティッシュなどに垂らす
・濡れタオルに垂らし室内に干す
・浴槽に4〜6滴垂らし、かき混ぜながら入浴
※入浴以外は、数時間毎に付け出すといいです

【精油を希釈して使用】
・キャリアオイル(植物油)に混ぜて、喉や鼻に塗り予防
・無水エタノールに混ぜてスプレー
・ハンドソープなどに混ぜて手洗い


ウイルスは乾燥が大好きです。
湿度がポイントに加湿器の湿気がポイントとなります。

先日、インフルエンザ特番でこのような事を言っていました。
湿度が上がると水滴の重さでウイルスが下に落下。
50~60%で落下のようです。
落下すると活性が低下するが、部屋が乾燥するとまた舞い上がり感染する。
加湿器を使用している場合は、アルコール消毒で床拭き掃除をする事が大切。と。

確かに、加湿器は焚いても床拭きは頭にありませんでした。
アルコール消毒での床拭きですが、やはり精油で拭きたいもの。

【消毒作用の精油】
ティートリー、ユーカリ、ペパーミント
レモン、サイプレス、ジュニパー
レモングラス、グレープフルーツ、クローブなど

【精油でスプレーを作る】
①200mlの容器に無水エタノール150〜180ml+精製水(ミネラルウォーター)50〜20ml
②精油20〜40滴

室内、玄関、トイレなどにシュッと。
香りでリフレッシュしつつ環境を整えましょう。
こちらはアルコール濃度が高いですので顔、家具、火元の近くでスプレーしないよう気をつけてください。


精油を使い始め、風邪をひかなくなったのはもちろん、年間通して身体が弱る事がなくなった。インフルエンザにもかからないようになった。とお客様。

嬉しいです。この方は花粉症、梅雨時期、風邪時期など早め早めに対策のために精油を購入されています。
精油は予防と回復の力はありますが、やはりかかる前にしっかり予防する事が大切です。

そしてりんご♪
りんごポリフェノールが免疫活性化作用を持っており、ウイルスと戦ってくれると言われています。
ポリフェノールが多く含まれているのは主に皮の部分ですので皮まで食べるのがおすすめです。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

年末に向けてのポイント事項




これから忘年会の時期です。
暴飲暴食が続くと体はクタクタ。

自然と寝る時間も遅くなり、寝る直前まで満腹状態、胃腸は働き続け寝付きも浅くなります。
もしかすると化粧を落とさず寝てしまうかもしれません。
これだけは決してしないよう。

忘年会やイベントなど予定のない日は、出来るだけ早寝を心がけ、身体と神経系を休めましょう。
1週間に最低でも1、2回は日付が変わる前に寝るとこれだけで体の回復が違います。

日頃の疲れが蓄積されている方は、22時に寝るのが理想的です。

インド伝統医学のアーユルヴェーダでは、【遅くても22時には床に入って眠っている事】と言われています。
体内の組織や免疫、神経などに関係のある時間に眠る事で、眠りが深くなり、より神経系の疲れが取れる。と言う事です。

なかなか22時は難しいですが、思い切って寝てみてはいかがでしょう。
翌朝スッキリだと思います。

【ポイント】
・体を冷やさないよう(特に首裏、足首、お腹)
・温かい食事や飲み物を
・規則正しい生活を心掛けましょう
・日光浴を積極的にしましょう

日頃から、体を温め、お腹をほぐして腸の動きや流れを改善し、内側から健やかに!

そして、肌の乾燥と【肺】は深い関係がありますので肌の保湿は十分気をつけましょう。
保湿作用、抗菌作用、抗ウイルス作用などのある精油を積極的に使用にオイルマッサージがおすすめです。

年末にご褒美としてロングコースを考えてるいる方もいると思いますが、間で少しでもほぐす方が心身楽ですので、決して、疲れや凝りを限界まで溜め込まないよう気を付けてください。

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

たまにはハンドマッサージもいいものです




今月の限定メニューは、足裏フットマッサージ+デコルテ+ハンド+ヘッドマッサージ(60分/90分)です。
この組み合わせが好きなお客様は『私のためのコース』と、みんな同じセリフを言います。
昨年も同じような限定メニューを行ったのですが、その時も同じセリフでした。

おもしろいな~♪
そうです!あなたのためのコースです!

どの方も足裏が痛いのは分かっているのですが、まさか手が痛いとは!
足裏よりも痛がる方もいます。

手にも足裏同様に内臓器官や骨格などの刺ツボや反射区が集中しています。
しかも手は常に働きっぱなしですから、気付かぬ疲労が強いですので、そりゃあ痛いです。

ハンドもその方に合わせ少しずつずつ変えています。
冷え性の方や風邪を引きやすい方には、指と指の間の水かきをしっかりほぐしたり、疲れ目や肩凝りの方には指の付け根をグイグイ刺激したり、猫背の方には中指を少し反らせてみたり、、、
手のひらや甲は結構痛いのですが、これまた気持ちいいもの。

たまにはハンドマッサージもいいものです。
実際にハンドマッサージを受けると『こんなに腕も疲れていたのか』『時々はハンドもしよう』と、その時はハンドマッサージは頭にあるのですが、すぐ忘れられるのもハンドマッサージ。
ですから、限定メニューで定期的に登場しているのです。

そうです!そうなのです!
あなたのためのメニューなのです!!

今月も残り1週間です。
疲れが溜まる前にぜひお越しください。

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

まったこの蓮根入りたこ焼き




急に食べたくなるたこ焼き♪

おすすめは、道後喜多町にある【まったこ】
なんと!蓮根が入っています!タコが大きい!
歯応えもよく、嬉しい。

そして、ソースやマヨネーズが選べます。
・ソースは甘口?辛口?
・マヨネーズは、からしマヨネーズ?普通?
・青のりは?
・鰹節は?

ちなみに私は、ネギなし→甘口→青のりなし→普通のマヨネーズです♪

食べたくなったでしょ?
8個入り 480円。


【まったこ】
松山市喜多町8-27
089-906-4459
営業時間 11:00〜22:00
火曜日定休
※道路挟んだ目の前に駐車場あります


| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

この季節は足の甲を刺激




私の周りやお客様の周りで、長引く風邪引きの方が多いです。インフルエンザではありませんが、1カ月ほど風邪症状。
今からでも遅くありませんので、今日から足の甲を定期的に刺激してみましょう。
入浴中、体を洗うついでに行うと楽です。

足の甲には、扁桃腺、肺、胸のリンパ節、背筋、肩などの反射区が集中していますので、風邪予防をはじめ、咳や喉の痛みなどに役立つと思います。
拳(グー)で足の甲をゴリゴリ刺激するのみ!余裕のある方は、親指の付け根を押したり、骨と骨の間を細かくほぐしたり、指と指の間をしっかり強くつまんで柔らかくしたり。
冷え性の方、代謝の落ちている方は指と指の間は特にしっかりと!

足裏では、親指の下の膨らみに沿って指の関節や指腹で刺激です。
ここは気管支の反射区で、薬指や小指下はより肺や肩甲骨などの反射区。咳や呼吸器症状を和らげてくれると思います。

呼吸器系が弱い人は、日頃から刺激しておけば風邪の予防になります。

そして首、特に首裏はしっかり温めましょう。



| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

精油でインフルエンザにかからない体作りを




11月頃から感染が拡大するインフルエンザ。

インフルエンザは飛沫感染ですので、飛んできた咳、くしゃみ、唾などが鼻腔から吸入することによって感染します。
拡散させないためにもマスクを着用を。

飛び散ったインフルエンザウイルスが付着したものを手で触ると、鼻や口、目、肌などを介してインフルエンザに感染する事もあるようですので、手洗い・うがいはしっかりしましょう。

ゾッとします。
目に見えないだけに恐ろしいもの。

そしてウイルスは乾燥が大好き。
加湿器、バケツにお湯をはる、洗濯物を室内に干すなどし、湿度を保ちましょう。
50~60%の湿度が効果的だそうです。

やはり、インフルエンザに感染する前に精油で対策を!

【抗ウィルス作用のある精油】
クローブ、シナモン、バジル、ティートリー、ユーカリ

レモン、ラベンダー、ローズウッド、ローズマリー、オレガノ、セージなど


ディフューザーや加湿器で拡散させたり、濡れタオルに垂らして干したり、襟元に付けたり、キャリアオイル(植物オイル)にブレンドして喉や鼻に塗り込んだり、湯船に入れたり、、、

予防も回復も出来るのが精油のいい所です。
精油でインフルエンザにかからない体作りを!


| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

チョコレートの季節♪






気になっていた新発売の【北海道小豆】。
チョコレートに小豆が練り込まれているのですが、どうだろう??
口に入れた時は小豆と分かりませんが、次第に小豆なのか?と。
どうだろう、、、どうなんだ?
賛否両論あると思いますが、私個人の意見を言いますと、、、合わな〜い >_<

書き込みでは、小豆とチョコの相性抜群。今までの中で1番。お茶とよく合う。などありましたが、私個人の順位は、アルフォートシーリーズ最下位です。
1枚で終了しました >_<
人の味覚と言うのは不思議なものです。

ちなみに1番好きなのは、ブランチュール♪
ガトーレーズン、チョコ、きな粉ももちろん好きです♪

スーパーにもポルテやメルティーキッスが並び始め、冬到来。
チョコレートの美味しい季節だ〜♪

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

インフルエンザ対策は精油で早め早めに




乾燥と寒さが増す時期は、インフルエンザ猛威を振います。

インルフエンザ数ですが、10月23日~30日までで、早くも去年の約5倍。
東北地方では学級閉鎖のクラスもあるそう。

インルフエンザは、咳やくしゃみによる飛沫感染ですので、マスクをしましょう。
私はマスクに精油を付けて香りを楽しみつつ予防しています。
うまく垂らせない場合は、ティッシュなどに1滴垂らしマスクの内側に擦り付け、そのティッシュは胸元やバッグの中へ。

マスク着用、手洗い・うがいもですが、何よりも規則正しい生活をし、体を温め、ぐっすり眠る事です。

そして、そんな生活に精油をプラスする!
これ重要です!

ユーカリ、ティートリーの殺菌力、抗ウイルス作用no.1の最強セットはおすすめです。
朝、夜とバランスを取りたい方は、ティートリー、ユーカリ、ローズマリーを朝、ラベンダー、ローズウッド、フランキンセンスを夜とし、これでメリハリはOK。

精油は予防にも回復にも役立ちますが、何よりもかからない為に早めに予防しましょう。

ウイルスは乾燥が大好き。
加湿器、濡れタオルを干すなどし対策しましょう。

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

インフルエンザ対策の精油を早めに活用しましょう




例年より早いインフルエンザ!と今朝のニュース。
今年はインフルエンザA香港型が多いよう。

【A型香港型の特徴】
・発熱、高熱が急激にくる
・感染力の強さ
・身体の節々、筋肉の痛み。など

大阪大学研究チームの結果によると、リンパ球が多い午前中にワクチン接種する事が効果的で、1つの高い対策だそう。
インフルエンザ接種は午前中に!

ワクチン予防接種ももちろんですが、やはり精油で予防を!

【抗ウイルス作用のある精油】
ユーカリ、ティートリー、セージ、バジル、
ラヴィンツァラ、ラベンダー、ローズウッド、ニアウリCT1
オレガノ、クローブ、シナモン、パルマローザなど

【精油で予防】
・加湿器やディフューザーに垂らして拡散
・お風呂に入れる、足湯
・マスクの内側にうっすらつける
(肌に付かないよう)
・マグカップに精油+熱湯で蒸気吸入
・キャリアオイルに混ぜて喉や鼻に塗る
・石鹸に垂らし手洗いなど

インフルエンザワクチンが打てない妊婦さん、お子さんのいる家庭、なかなか疲労が取れず免疫力が低下している方、人混みの中で仕事をされている方など、早め早めに精油を活用しましょう。

部屋にユーカリを生けています。
すごく肺がクリーンになる感じで呼吸が清々しいです♪



※妊婦さん、特に初期は使用できない精油がたくさんありますので、相談ください

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

首を冷やさない事。




冷えは万病の元。
体温が下がると免疫力が低下し、病気にかかりやすくなると言われています。
これから本格的に寒い季節突入ですので、日頃から体を温める生活を心がけるようにしましょう。

首の冷えは万病の元。
と言いたいほど首回りは大事です。
首には神経が集中しており、重い頭も支えていますので、首の筋肉は常に緊張し、血流が悪くなりがちです。
首を温めましょう。
首を温める事で体全体が温まります。

外出時、ストールやマフラーなど常に持って置くと便利です。
スーパーに入る前、疲れている時などは首元に風が入らないようマフラーなどで覆います。
室内の仕事でもストールを巻いて置くだけで体の温かさは随分違います。

私は喉から来ます。
毎年、11月に入ったら、寝る前はブレンドオイルを喉と首に塗り、最後は鼻筋小鼻に塗り込み、首にタオルを巻いて寝ています。
風邪やインフルエンザの時期になるとブレンドオイルの濃度をあげたり、ティートゥリーを原液で数滴喉に塗り込んだりしています。

精油で早めに早めの予防です。

先日、インフルエンザ対策として精油を購入されたお客様。
精油を使うようになり、インフルエンザにかかってないそう!
日頃から精油を活用されている方で、精油がないと心配みたいです。
すっかり精油の虜です。

只今、インフルエンザ対策の精油キャンペーン中です。
早め早めに対策しましょう。
いつでも相談ください。

精油を活用し、首を冷やさない事。



| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

アロマキャンドル♪




以前、ユーカリをご購入されたお客様より。

キャンドルにアロマたらして楽しんでます!
と写真付きで送られてきました♪

嬉しいな〜♪
部屋はスッキリ爽やかですが、キャンドルで温かみがあるんだろうな〜♪

ユーカリは、抗ウイルス作用、抗菌作用、抗感染作用や去痰作用などがありますので、風邪やインフルエンザや花粉症の時期にはおすすめの1本です。
ティートリーと合わせると最強の組み合わせだと思います。

ディフューザーや加湿器、コットンなどにたらして部屋を精油成分で拡散させる事をおすすめします。

キャンドルは、温かみもあり、炎で心も癒されますので秋〜冬場はぴったりの芳香療法です。
先に精油を垂らしてから火を付けてください。

来月からインフルエンザの時期に突入です。
今から!早めに!精油で対策しましょう。

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

インフルエンザ対策の精油キャンペーンのお知らせです




インフルエンザ対策の精油キャンペーンのお知らせです。

これから恐ろしいものと言えばインフルエンザ!
毎年、12月からインフルエンザは急激に増加し、1月下旬〜2月上旬が最もピークと言われていますので、流行時期の11月からしっかり対策しましょう。

精油にはさまざまな作用を持っていますが、抗ウイルス作用や抗菌作用、殺菌作用などのある精油を用いましょう。

精油キャンペーン!!
A)風邪菌に最強セット 3,866円→3,500円
ユーカリ+ティートリー
B)爽やか菌防止セット 3,866円→3,500円
ティートリー+下記よりつ
(レモン、ペパーミント、ローズマリー)
C)心身バランスセット 6,480円→5,200円
ユーカリ+ラベンダー+ローズウッド
D)年末最強バランスセット 8,618円→7,300円
ユーカリ+ティートリー+ラベンダー+ローズウッド

ウイルスは乾燥が大好きです。
室内、喉を乾燥させないようにしましょう。
加湿器がなくとも、濡れタオルを干しておくと少しはいいです。
そこに精油をポタポタ垂らして拡散を。

精油を使った事のない方。
いつでも相談ください。
精油をよくご購入される方。
いろんなブランドで楽しみ予防しましょう。

精油は必ず100%天然の物を使いましょう。

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

今月のデザート♪



朝晩、寒さが身にしみる季節になりました。
風邪などひかれていませんか?
首を冷やしていませんか?

今月は、身体を温めるデザートとなっております♪

【紅茶】
紅茶は身体を温める働きがあり、殺菌効果、香りでリラックスし、カフェインで疲労回復やストレス解消に役立ちます。
アレルギーやインフルエンザにも効果を発揮しているようですので、この時期、積極的に飲むといいです。
身体を温めるならストレートです♪
甘く飲みたい場合は、黒糖や蜂蜜、冷え性の方は生姜紅茶がおすすめです♪
白糖は身体を冷やす働きがあります。

【生姜】
体を温め、血流改善、疲労回復、消化促進など、様々な効果が期待できる生姜。
冬場には嬉しい、殺菌作用や咳を和らげる効果もありますので、積極的に食べましょう。
なかなかパンチのある生姜となっております。

【小豆羊羹】
小豆は、陽(陰陽)・温(温冷)の食材ですので、身体を温める働きがあります。
小豆はタンパク質が豊富で、ビタミンB群やカリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルなども含まれていますので冷えや浮腫み、、食物繊維で便秘解消の優れた食材です。
今回は、小豆羊羹です。


日頃から身体を温め免疫力をアップさせて風邪をひかないよう、もらわないよう気をつけましょう。
まず、身体を温めましょう。

和と洋で、ちぐはぐなデザートではありますが、今月もお待ちしております。


| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »