« 精油でインフルエンザにかからない体作りを | トップページ | まったこの蓮根入りたこ焼き »

2016年11月20日 (日)

この季節は足の甲を刺激




私の周りやお客様の周りで、長引く風邪引きの方が多いです。インフルエンザではありませんが、1カ月ほど風邪症状。
今からでも遅くありませんので、今日から足の甲を定期的に刺激してみましょう。
入浴中、体を洗うついでに行うと楽です。

足の甲には、扁桃腺、肺、胸のリンパ節、背筋、肩などの反射区が集中していますので、風邪予防をはじめ、咳や喉の痛みなどに役立つと思います。
拳(グー)で足の甲をゴリゴリ刺激するのみ!余裕のある方は、親指の付け根を押したり、骨と骨の間を細かくほぐしたり、指と指の間をしっかり強くつまんで柔らかくしたり。
冷え性の方、代謝の落ちている方は指と指の間は特にしっかりと!

足裏では、親指の下の膨らみに沿って指の関節や指腹で刺激です。
ここは気管支の反射区で、薬指や小指下はより肺や肩甲骨などの反射区。咳や呼吸器症状を和らげてくれると思います。

呼吸器系が弱い人は、日頃から刺激しておけば風邪の予防になります。

そして首、特に首裏はしっかり温めましょう。



|

« 精油でインフルエンザにかからない体作りを | トップページ | まったこの蓮根入りたこ焼き »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 精油でインフルエンザにかからない体作りを | トップページ | まったこの蓮根入りたこ焼き »