« 首を冷やさない事。 | トップページ | インフルエンザ対策は精油で早め早めに »

2016年11月10日 (木)

インフルエンザ対策の精油を早めに活用しましょう




例年より早いインフルエンザ!と今朝のニュース。
今年はインフルエンザA香港型が多いよう。

【A型香港型の特徴】
・発熱、高熱が急激にくる
・感染力の強さ
・身体の節々、筋肉の痛み。など

大阪大学研究チームの結果によると、リンパ球が多い午前中にワクチン接種する事が効果的で、1つの高い対策だそう。
インフルエンザ接種は午前中に!

ワクチン予防接種ももちろんですが、やはり精油で予防を!

【抗ウイルス作用のある精油】
ユーカリ、ティートリー、セージ、バジル、
ラヴィンツァラ、ラベンダー、ローズウッド、ニアウリCT1
オレガノ、クローブ、シナモン、パルマローザなど

【精油で予防】
・加湿器やディフューザーに垂らして拡散
・お風呂に入れる、足湯
・マスクの内側にうっすらつける
(肌に付かないよう)
・マグカップに精油+熱湯で蒸気吸入
・キャリアオイルに混ぜて喉や鼻に塗る
・石鹸に垂らし手洗いなど

インフルエンザワクチンが打てない妊婦さん、お子さんのいる家庭、なかなか疲労が取れず免疫力が低下している方、人混みの中で仕事をされている方など、早め早めに精油を活用しましょう。

部屋にユーカリを生けています。
すごく肺がクリーンになる感じで呼吸が清々しいです♪



※妊婦さん、特に初期は使用できない精油がたくさんありますので、相談ください

|

« 首を冷やさない事。 | トップページ | インフルエンザ対策は精油で早め早めに »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首を冷やさない事。 | トップページ | インフルエンザ対策は精油で早め早めに »