« ラベンダーの香りのお話(トイレver) | トップページ | 今月のデザート♪ »

2017年1月30日 (月)

寝る前に珈琲を香ると、、、




ちょっと疲れた時は、チョコレートや餡子など甘い物を求めてしまいますが、珈琲と言う方も多いと思います。

珈琲の香りではないでしょうか?
買い物をしていても珈琲売り場はほんのり香ばしい珈琲のいい香り♪
買わなくてもついつい長居して香りを楽しんでみたり、、、
喫茶店付近は、珈琲の香りが漂い、それだけでほっと安らぐものです。

私は珈琲の種類や味はほとんど分かりませんが、珈琲の香りは好きです。
珈琲にお湯を注いでいる時なんて最高です♪
たまに珈琲が受け付けない時もあるのですが、香りが嗅ぎたい為に珈琲を入れて一口で終わる事も何度かあります。

この香りも【アロマ】です。

珈琲を飲むと眠気防止など覚醒作用ですが、嗅ぐだけだと催眠効果になるそうです。

2004年、杏林大学の睡眠チームが珈琲を研究し、珈琲の香りを嗅ぐと脳波では、α波が増えリラックスしている事が分かった。と。

【珈琲で催眠効果】
・寝る30分前に嗅ぐ
・寝る前に香ると落ち着く
・匂いを嗅ぐと寝付きが良くなる
※グァテマラ・ブルーマウンテンのみα波が増える

ちょっと疲れている時、落ち込んでいる時、嫌な事があった時、心身しんどい時、
精油の香りはもちろんですが、珈琲好きの方は、珈琲に癒されましょう。
ただし、夜は香るのみ。

カップなどにひいた珈琲を入れて寝室に置いて置くのもいいかもしれません。







|

« ラベンダーの香りのお話(トイレver) | トップページ | 今月のデザート♪ »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラベンダーの香りのお話(トイレver) | トップページ | 今月のデザート♪ »