« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

春は肌トラブル。精油で予防。




寒さもだいぶ緩み、春到来。
過ごしやすい春ですが、肌トラブルが現れやすい季節でもあります。

【原因】
・乾燥(湿度が低く、空気は冬と同じ)
・花粉の付着で痒みや炎症
・紫外線
・季節の変わり目
・年度末などのストレス
・行事毎のストレスなど

少しの乾燥や吹き出ものでしたらまだいいのですが、中には赤みが出たり、アレルギー性湿疹のようになる方もいます。
毎年心当たりのある方は、早め早めにケアする事をおすすめします。

湿疹やアレルギーの場合はもちろん皮膚科受診ですが、予防として精油やキャリアオイルが役立ちます。
薬はダイレクトに効くとは思いますが、精油を使った場合は、さまざまな薬効を取り入れる事もできますし、保湿にもなり、何と言っても香りで癒されます。
何より、精油を取り入れる事で薬を減らす事が出来ると思います。
※処方された場合は、必ず指示に従ってください

予防として。薬はなるべく飲みたくないな。と言われる方は、精油が役立ちます。
キャリアオイルやワセリンなどに混ぜて優しく塗るだけです。

春はもちろん、季節の変わり目は何かと肌トラブルは付き物ですので、役立つ精油を紹介します。

【おすすめ精油】
ラベンダー、ティートリー、ローズウッド、
パルマローザ、フランキンセンス、ゼラニウム
メリッサ、シダーウッド、
ローマンカモミール(やや高価)
サンダルウッド(やや高価)
ネロリ(かなり高価)など

【炎症や赤み】
ラベンダー、サンダルウッド、カモミール、パインなど

真正ラベンダーは痒みが原因のイライラを抑える働きがあると言われています。


【作り方】
①キャリアオイル50mlに上記精油を10滴ほど
②お風呂上りなどに優しく塗る

ふわぁ〜っと、柔らかい香りが漂いますので、脳はリラックスし、肌はしっとりしますので心は喜びです♪
もちろん、肌トラブルの出ない方は、スキンケアとしてフェイシャルなどマッサージするとワントーン顔色が良くなります。
肌が綺麗になると嬉しいものです♪

いつでも相談ください。

余談ですが、精油や化粧品を購入されたお客様は、よく感想をメールでくれるのです。
ものすごーーーーーーく嬉しい私です。
香りや気分の感想だったり、翌朝や肌の変化を教えてくれたり。
私も発見があったり、教えて頂く事もあったりし、ニヤニヤしながら読んでいます。
香りのある生活は最高に幸せな事です。



※湿疹やかぶれなどの場合は、皮膚科受診を
※処方された場合は、必ず指示に従ってください

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

ペパーミントのお話(二日酔い編)




引き続き、ペパーミントのお話。
AICAは、花粉症のお客様が多いように思います。
症状が辛い方は、毎年1月頃から精油でケアされており、優秀です。
症状も軽いようでとても嬉しく思います。

前回は、ペパーミント花粉症編でしたが、今回はペパーミント二日酔い編です。

ペパーミントは古くから使われてきた歴史あるハーブの1つです。
古代ローマ人は、食欲増進や殺菌効果、酔い止めと知ってか?宴会の席でペパーミントで編んだ冠を被っていたそうです。
時には、ペパーミントのハーブをそのまま咥えていたとか?

古代ローマ人様。
なんて粋な事をしていたのでしょう。
ペパーミントで編んだ冠だなんて!なんて可愛いんだ〜!
ある意味、オシャレです。
被った冠は、時間が経てば萎れます。
もしかしてその冠を宴会後にハーブティーにしていたのか?
きっと古代ローマ人様達はされていであろう。
お〜。一石二鳥。

これから送別会、新年会シーズンで、お酒を飲む機会が増えてくると思います。
二日酔いはもちろん、胃のもたれや不快感、、、
ペパーミントで編んだ冠を被ってみませんか?(笑)
絶対に人気者になること間違いなしです。

ペパーミントは、冷却作用や鎮静作用をはじめ、消化器系の不調に役立つ精油です。

暴飲暴食をする可能性のある日は、ペパーミントを味方につけましょう。

【芳香】
ティッシュやコットンなどに垂らして、香りを嗅ぐ。胸ポケットに入れるのもいいですし、解散と同時に常に香るのもおすすめですし、枕元のお供に最適。

【ハーブティー】
胃のむかつきや不快感を抑えますし、何より胃も気分もスッキリです。ペパーミントのハーブを洗って熱湯に5〜10分で作れますし、ティーパックもあります。

【アロマバス】
精油を2〜3滴湯船に垂らして入浴。ペパーミントは冷却作用がありますので、4滴以上入れると寒いです。今の時期は3滴まで。

【マッサージ】
キャリアオイルにペパーミントをブレンドして、胃〜お腹周りや肩や背中などをマッサージ。キャリアオイル5ml:精油2〜3滴ほど。


芳香でもハーブティーでもマッサージでも、ペパーミントの香りを嗅いだ瞬間に頭が清々しくなら、スッキリすると思います。
二日酔いにならないためにも飲み過ぎた日は少しケアする事をお忘れなく。
そして、お酒の席でも水はこまめに飲むと二日酔い防止に繋がります。

もし、ペパーミントで編んだ冠を被って歓送迎会に出席された方は、ぜひ教えてください♪

これから慌ただしくなる年度末に向けて、すっきりリフレッシュ!甘い香りで安眠!消化器系トラブルの味方のペパーミントを準備しておきましょう。

| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

ペパーミントのお話(花粉症編)




今回は精油ペパーミントのお話。
この香りを知らない人はいないと思うほど、代表的な香りの1つです。

スーッとメントールの爽やかな香りが鼻を通り、スッカーと脳に届きます。
私はペパーミントを香ると脳に響くので、脳で香っている感覚です。
よほど刺激されているのか?
またおかしな事を言っているのか?
ペパーミントは、ダイレクトに爽やかな香りでスッキリですが、遠くの方で何とも甘い香りも持ち合わせています。
目を閉じ、脳に集中してペパーミントを嗅いでみましょう。
手前は爽やかな♪奥で甘い香りが待っています♪
夕方、ペパーミントを垂らすと爽やかですが、寝る頃には甘くなっていますので安眠効果にも大活躍です。

ペパーミントは、様々な効能がありますが、血管収斂作用や抗菌作用がありますので、花粉症や風邪などの鼻づまり、鼻水、風邪ぎみの時、予防として大助かりの1本です。

花粉症症状のある方は、ティッシュにペパーミントを1〜2滴垂らしてマスクの内側に擦りつけたり、ペパーミントのついたティッシュを吸入したり、、、
香りも良く鼻の通りもいいので、鼻づまりを忘れるのではないでしょうか?

鼻づまり、鼻炎のある方は、息苦しくイライラしたり、頭がボーッとして集中力低下にも繋がります。
小瓶にペパーミントをブレンドし、常備して置くと便利です。

【鼻づまりにおすすめの精油】
ペパーミント、ティートゥリー、ユーカリなど

上記の精油をカップに落とし、熱湯を入れ、目を閉じ蒸気を吸入。
抗炎症作用や抗菌作用もありますので、鼻づまりだけでなく、部屋中に香りが漂いますので一石二鳥です。
香りが少なくなったら再度熱湯を注ぐと香ります。

【鼻づまり用ブレンド〜その①〜】
キャリアオイル10ml
ペパーミント 2滴 
ユーカリ 2滴

【鼻づまり用ブレンド〜その②〜】
キャリアオイル10ml
ペパーミント 2滴 
ティートゥリー 2滴

1日数回、鼻筋、眉間あたりに塗り込む。
鼻筋に塗った瞬間、スーッと爽快間違いなしです。

【鼻づまり用〜その③〜】
ペパーミントの精油をそのまま持ち歩く!
ティッシュに垂らすのが面倒な方もいると思いますので(笑)

花粉症は、ダニやホコリでもアレルギー性鼻炎を引き起こしますので気をつけましょう。

100%の精油を芳香させ、アレルギーを予防しましょう。

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

ブラックペッパーのお話




今日は、精油ブラックペッパーのお話。
料理ではよく使われる黒胡椒ですが、精油では好んで選ぶ方は少ないですし、ブラックペッパーの精油がある事に驚く方もいます。
※写真はホワイトペッパーです(笑)

スパイスなだけにスパイシーで強めの香りなのですが、どこか甘さもあり、その甘さは嗅ぐほど甘さが増します。
よく【温かみのある香り】と表現されています。
なぜなら、ブラックペッパーは、マージョラム同様、“心も体も温める”からであります。
ラベンダーが蜂蜜の香りがする。の続きのようで、また言ってる!と思われそうですが、ブラックペッパーは深く匂うとゼラニウムによく似ています。
しばらく嗅いでいると、これはゼラニウム?と思ってしまう程です。
スパイス系のゼラニウムかな?

さてさて、ブラックペッパーは、体を温める働きが高く、特に局所的に温める作用がある事から血行不良・冷え性の改善によく使われます。

そして、冷えが原因のお腹の不調、血行不良が原因の肩凝りや腰痛などによる痛みの緩和にも役ちます。

ブラックペッパーは、【加温作用(温める働き)】だけではなく、抗菌作用、抗ウイルス作用、消毒作用、 免疫力向上作用など様々な効能を持っている精油ですので、風邪やインフルエンザなどにも大活躍の1本なのです。


身体を温める!と言えば、ジンジャー(生姜)が浮かぶ方も多いと思いますが、ジンジャーよりも早く温める力があるのはブラックペッパーと言われています。ジンジャーは、全身をゆっくり温めるタイプです。

フットバス後でも抹消冷えの方には、足裏や足首に塗り込んでいますが温まるのが早いです。

ぞくっとするような寒気、風邪の引き始め、風邪の時にブラックペッパーは大いに役立ちますので、肩周り〜背中、お腹に塗ると回復も早まると思います。精油をどんどん活用しましょう。

私は初めて知ったのですが、ブラックペッパー以外にホワイトペッパー、グリーンペッパーの精油もあるようですが、そこまでポピュラーではないよう。どんな香りなのか?違いはあるのか?少し気になる所ではあります。

ブラックペッパーの香りは刺激的。
そして心に温かみやエネルギーを蘇らせる働きがある事から、お年寄りの食事をあたたかく見守り、応援する香りとしても注目されているそうです。

じ〜ん(感動中)。
素敵な話ですし、素晴らしい取り組みだと思います。
精油の中には、食欲増進させる香り、抑制させる香りもありますが、あたたかく見守って応援する香りだなんて、本当に本当に素敵です。
やっぱり、ブラックペッパーの根本は、甘く温かみがあり、温める事だと思います。

あ〜。皆さんにもブラックペッパーの甘さ、温かさが伝わるといいな〜。
いつの日か、『今日はブラックペッパーの気分』『ブラックペッパー使って欲しい』なんて言われる日が来る事を願って。

※ブラックペッパーは香りと刺激が強いのですので妊娠初期は控え、使用量は気をつけましょう
※ブラックペッパーの話ですが、ブラックペッパーがなかったため、写真はホワイトペッパーです(笑)

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

よくある質問① ぴったりの香りを選ぶ




よくある質問で、今回は精油選びのお話です。

毎回、フットバス中などに、その時の体調や気分に合わせ精油を選び、ブレンドしているのですが、この選び方も人それぞれです。

毎回、お任せの人。
毎回、自分で香りを嗅ぎ選ぶ人。
毎回、たくさん嗅ぎ過ぎて分からなくなっても自分で選ぶ人。
例えば、ある精油の名前を言って希望し、それに合う精油を選ぶ人。

こんな選び方をされる方もいます。
○月○日の時のブレントがいい。
○回目に来た時のオイルがいい。
前々回と同じのがいい。など、、、

不思議でおもしろいな。といつも感じます。
これっ!と、ドンピシャの香りだとお客様も私も嬉しくテンションが上がり、ドンピシャのオイルを体が覚えているのか?反応がよく持続するようで、希望されています。

精油には様々な効能がありますが、自分の好きな香り、心地良いと感じる香りを選ぶ事が最も大切です。
目を閉じ、じっくり嗅いでいる方を見ると、ついついニヤニヤしてしまいます(笑)
この人はこれを選ぶはず!と思ったらその通りだったり。
えっ?この人がこれを選ぶとは!と言う事もあります。
精油選びは本当に楽しいです。

私が、効能や香りで選んだものが嫌いだった場合は断ってください。
嫌い(苦手)な香りを嗅ぎ、トリートメントしても心はリラックスしません。

中にはどれを選んでいいのか?
分からない方も多くいます。

爽やかな柑橘の香り?
スッキリとした香り?
優しく落ち着いた香り?
ゆっくり眠りたい。
イライラを抑えたい。
甘いのは苦手。など、何でも何なりと。

みなさん、それぞれ性格も体質も状態も違います。
例えば、肩凝り。脚の浮腫み。と言う場合でも、それぞれ選ぶ香りは異なります。
それは、原因が違うからです。
色々と話をしているうちに原因が見つかりますので、どんどん話をして下さい。
こんな事が原因?と言う事もありますので、気にせず出来るだけ話して欲しいと思います。

ぴったりの香りを選ぶと心身安らぎます。
今の自分に合う香りを見つけ、生活に取り入れると必ず味方になってくれます。

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

チョコレート風呂でアロマセラピー




今夜はチョコレート風呂です。
チョコレート入浴剤の袋を開けた瞬間、甘〜い香りが、ふわりと鼻へ。
浴槽に入れると更に甘〜いチョコレートの香りが漂います。
甘いチョコレートの香りに包まれるなんて、なんて幸せ♪

チョコレート入浴剤と言っても、ほんの少しの香料ですぐに香りが消えるだろうと、投入後から数分はやたらと匂っておりました。
チョコレートの香りは、神経に作用し、体をリラックスさせる働きががあると言われています。
調べてみますと、【テオプロミン】という成分が、神経を鎮静させる作用があるそう。
なるほど〜。
甘い香りはセロトニンの分泌を促しますので、鎮静もでき、脳も心もリラックス♪
イライラしたり、疲れるとチョコレートを求めるのも納得です。

精油は、香りを楽しむアロマセラピーですが、チョコレートは香りも味も楽しめる強者。
チョコレートに限らず、果物やハーブもそうですが、、、
香りも楽しめて食べれるなんて、味覚も倍増でしょう。

突然ですが、私は、本物の食べれる甘いチョコレート風呂に入りたい!と今でも思っています。
【チャーリーとチョコレート工場】の世界が本当にあって欲しい!と願う程。
あの世界は夢の世界で、年に数回、無性に観たくなる映画の1つです。

今月のAICAのデザートはチョコレート♪
チョコを見てニヤニヤ。
美味しそうに食べてる方が多いですので、私も嬉しいです。
甘い物は人を幸せにするチカラがあるのです!


| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

ちょっとおかしなラベンダーとジンジャーのお話




精油のラベンダーをお持ちの方、数回、深く、ゆっくりと、長く、鼻から香ってみてください。

蜂蜜の香りしませんか?
まだ言ってるのか?と思われそうですが(笑)
(6つ前の記事を参照ください)

普通にラベンダーを香ると、優しい甘い香りが、ふわ〜っとします。
が、目を閉じ、脳に集中して3秒ほど鼻でじっくり吸うと、3秒目で蜂蜜の香りが表れます。
1、2秒だとラベンダーそのままですが、3秒目です。
3秒目頃で、蜂蜜の香りに切り替わります。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

この話を数名のお客様にすると笑われるのですが、なんと!昨日!同じ方がいました!

しますよ。分かります。
しかも濃いレンゲの蜂蜜の香りですよね。と。

これは嬉しい!
しかもレンゲまで感じるとは恐るべし。
参りました。

そして、この方に言われました。

ジンジャーって、たくあんの匂いしませんか?と(笑)

ジンジャーがたくあん?
あの、たくあん?
う〜ん。これは分からない。

ジンジャーはよくスパイシーと言われますが、私はまず甘さが先立ち、後にスパイシーに変化するように思います。
生姜の砂糖漬け、生姜シロップ、生姜蜂蜜と言ったように、甘い香りが際立つのです。
何でも甘く感じるのだろうか?

ジンジャーは、本当に好き嫌いはっきり分かれます。
単品だと、ガッと鼻に来ますので、稀に、ウエッと嫌な顔をされる方がいますが、ジンジャー好きとしましては何とも寂しい。
ですが、オレンジやベルガモットなど柑橘系とブレンドすると、とってもまろやかで優しいジンジャーになります。
ぜひ、お試しあれ。


さて、話をまたラベンダーに戻します。
これから年度末突入で、仕事も忙しくなる方が増えると思われます。
ラベンダーの香りは、副交感神経が優位になり、気分を安定させ、リラックス効果がとても高いです。

1日の終わりの入浴、寝室に数滴垂らし、頭を空っぽにして、ゆ〜っくり香りを吸い込んでお休みください。
ニヤニヤと頬が緩んだら、ラベンダー好きです(笑)

蜂蜜も花によって香りや味が違いますが、ラベンダーから取れた蜂蜜は、香りもラベンダーのようで、鎮静効果もあるそうです。
食べた事がないので匂って食べてみたいです。

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

精油で長期化するインフルエンザ予防




先日の全国ニュースで、流行長期化でインフル161万人突破!と。

そして四国は4県警戒レベル。

A型香港型が主ですが、なんと!A型は他に143種類あるそうです。
はじめて知りました。143種類とは、、、
どう気を付ければいいのかさえ分からなくなりそうな数です。

2月からB型が増え始めるつつありますが、1月にA型、2月・3月にB型を感染する事もあり、B型インフルエンザ流行が長期戦になるとゴールデンウィークまで伸びる予想。だとか?

再度気をつけましょう!
・とにかく手洗い、うがい
・マスク着用
・人混みは避ける(マスク)
・温かい食事
・十分な睡眠
・部屋の加湿
・そして精油。これが1番かもです。

【おすすめ精油】
クローブ、シナモン、ティートリー、ニアウリ
ペパーミント、ユーカリ、ローズウッド、
ラベンサラ、ラベンダーなど
※夜は、ティートリー、ペパーミント、ローズウッド、ラベンダーを

【使用法】
・加湿器やディフューザーに精油を数滴垂らし、常に拡散。夜も忘れずに
・枕元に濡れタオルを干し、精油を数滴垂らし拡散
・キャリアオイル20ml+精油4〜12滴を混ぜ、1日数回喉〜みぞおち、鼻や首に塗り込む
・浴槽に5滴ほど入れかき混ぜながら香りを吸入


ブレンドしたオイルやティートリー、ラベンダーを常備しておくと何かと便利です。
私はいつも数種類の精油(ラベンダー、ティートリー、ペパーミント、ユーカリが多い)とブレンドオイルを持ち歩く事が多いのですが、咳き込んでいる人がいたり、空気や喉に違和感を感じた時は、すぐさま喉と鼻筋にオイルを塗り込み、マスクやマフラーに精油を垂らしてより予防に努めています。

あれ?と、喉の異変に気付いた瞬間にティートリーを喉に塗り込み、指に残ったものを首裏や鼻筋にすり込み、やたらと鼻で吸入しています。
すると、いつの間にか、あれ?治ってる。なのです。
やはり精油の力、植物の力はすごいのです。
しみじみ感謝です。

芳香している時、ブレンドしたオイルを塗っている時、ゆ〜っくり鼻から香りを吸い込みましょう。
急いでささっと塗るよりも、香りを楽しみ味わいながら塗る方が効果的だと思います。


※ラベンサラはインフルエンザに期待出来る1本ですが、AICAでは販売しておりません。


| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

チョコーレトはアロマ。そして薬。




ボンジュ〜ル♪ボンソワール♪
おフランスのミルクチョコレートです♪

普段はパクッとすぐ食べるのですが、おフランスのチョコレートですので、まずは香りを、、、
カカオの香ばしい香り〜♪
脳がリラックスモードになり、気分はエッフェル塔♪

普段からチョコレートはよく食べていますが、疲れた時は特に求めているように思います。
チョコレートは、カカオ豆をすり潰した飲み物で、元々は【薬】だったのだそう。

体も元気になり、香りで脳も心も癒され、神経にも働きかけるなんて、まさにアロマセラピー。
カカオの精油もありますが、まだ芳香として楽しむものようで、まだチャレンジ出来ない私(笑)

これからチョコレートを食べる時は、まずは香って♪
そして食べる♪
お忘れなく。

だいぶ春も近付き暖かくはなりましたが、まだまだ朝晩は寒さを感じます。
体を温める食材と言えば、生姜や唐辛子、ニラやニンニクなどたくさんありますが、チョコーレトも体を温める効果があるそうです。


以前、あるお客様が言っていました。
甘いチョコーレトはついつい食べ過ぎるから、カカオ80%以上ものを一欠片、おやつに。
苦いから、ちょっとずつしか食べれず。
ある時気付いたそうです。
高カカオチョコーレトを食べるようになって、毎日快便!と。

ちょっと調べてみました。
ポリフェノールと言えば、抗酸化作用が高いので美肌には欠かせないものですが、このポリフェノールには腸を活性化させて腸内環境を整える効果があり、カカオにはポリフェノールが豊富に含まれている。と。

香ばしい甘い香りで脳を癒し、体の疲れを取り、元気にし、温め、ポリフェノールもたっぷりだなんて!
まさに美味しい薬です!

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

精油で花粉症を和らげる




気温上昇で花粉注意!
今年は大量飛散!
昨年に比べ、四国は4~6倍の飛散量だそうです。
花粉だけでなく、インフルエンザもまだまだ警戒中ですのでマスク着用お忘れなく。

そして、空気が乾燥していると鼻の粘膜も乾燥しますので、加湿器などで守ってあげたり、肌の保湿などをし、こちらもお忘れなく。

どうやら、イライラしやすい人は、花粉症になる可能性が高いとか??

【花粉症に役立つ精油】
ティートゥリー、ニアウリ、ペパーミント
ラベンサラ、ラバンジン、レモン、ローズマリー
ユーカリなど

【鼻の粘膜に働きかける精油】
ティートゥリー、ラベンサラ、ユーカリなど

しっかり体質改善をしたい方はハーブティーがおすすめです。

【おすすめハーブティー】
ルイボスティー、べにふうき茶、なた豆茶
甜茶(てんちゃ:やや甘め)
カモミールティー、ペパーミントティーなど

しっかり体を温め、栄養を取り、ぐっすりと眠り、そして精油やハーブティーの力を借りて少しでも症状を和らげましょう。

マスクの内側に直接精油を付けてもいいですが、刺激が強く、皮膚に当たる可能性がありますので、ティッシュなどに1的垂らし、マスクの内側に擦り付けるといいです。
マスク着用し、す〜っといい香りを独り占めで、花粉症症状の事は忘れると思います。
鼻の通りはよく、鼻もあたまもスースー、気分も気持ちいい♪
せっかくマスクをつけられるのでしたら、ぜひとも精油をお供に。

アロマが大好きな方は、風邪でもインフルエンザでも梅雨でも花粉症でも何でも、早め早めに精油でケアされています。
驚く程に薬を飲まず、症状もでず、もしくは軽い症状で、香りの中、気持ちよく過ごされています。
そんな感想を聞けるとものすごく嬉しく、精油のパワーをより実感します。
精油様々です。


今日は節分。
年々、豆の量が増えるので嬉しい私です。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

今月のデザート♪






今年の椿さんは、2月3日(金)、4日(土)、5日(日)と少し早め。
春はそこ!でしょうか?

2月と言えば、チョコレート♪
今月のとろけるデザートをどうぞ♪

【珈琲】
心がほっと安らぎ、チョコレートとの相性も抜群の珈琲。
眠気防止、やる気を起こす、偏頭痛を抑える、消化を助ける、リラックス効果など様々な働きがある珈琲。
香ってほっ。飲んでほっ。脳をリラックス。

【チョコレート】
①口どけ滑らかなミルクガナッシュをココアでコーティングしたプレミアムトリュフ。
②チョコレートクリームをサンドしたサクサクビスケット

【ドライ苺】
苺はビタミンCやポリフェノール類が豊富ですので、免疫力を高めたり、シミ、そばかす、肌荒れなどの美肌効果がある果物です。
他にも便秘や動脈硬化などの生活習慣予防に最適だそう。


今月の限定は、痛いのだけど癖になる。痛くて声が出るか後が楽。と言う足裏マッサージです。
手足の反射区をしっかり刺激し、ほぐしますので、終わった後のチョコレートが身にしみると思います♪


今月も心よりお待ちしております。


※珈琲はブラックでお出ししますが、お砂糖やミルク希望の方は遠慮なく

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »