« 香りのお話(レモンユーカリ) | トップページ | 防虫作用のレモンユーカリ »

2017年5月11日 (木)

果物の精油




いちごと言えばビタミンC。
5~6粒程度食べるだけで1日の必要量を満たす事が出来るそう。

ビタミンCは風予防やストレス緩和だけでなく、コラーゲンの生成を助け、ハリのある肌を保つだけでなく、シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を防ぎ、美白の効果が期待できます。
毎日、いちごが食べたい!が私の理想です。

いちごの精油が作れる日が来るのなら、〇〇いちご、いちご〇〇と種類も豊富なのだろうか?
そして高価なのか?

果物の精油は柑橘系しかないのが残念なところ。
いちご、もも、りんご、スイカがあっても良さそうな気もしますが、水々しく爽やかな柑橘系のように感動はないのかも。

いちごや桃は甘いのか?
スイカは水臭いのか?
それなら柑橘系を思いっきり楽しめばいい。

柑橘系の香りは老若男女を問わず、初心者の方にもおすすめです。

【柑橘系の精油】
オレンジ(スイート、ビター、タンジェリン、ブラットなど)
カボス、グレープフルーツ(ピンク、ホワイト)
すだち、ベルガモット、マンダリン、ゆず
ライム、レモンなど

これからの季節、爽やかな香りを1本もっていると便利です。

柑橘一滴で、爽やかに♪


|

« 香りのお話(レモンユーカリ) | トップページ | 防虫作用のレモンユーカリ »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香りのお話(レモンユーカリ) | トップページ | 防虫作用のレモンユーカリ »