« 今月のデザート♪ | トップページ | 香りのお話(レモンユーカリ) »

2017年5月 4日 (木)

香りのお話(バジル)




今日は精油のバジルのお話。

お客様にバジルを紹介したり、木箱からバジルを見つけた時など『バジル?あのバジル?』と言われる方が多くいますが、はい!あのバジルです。

バジルや〜。
美味しそう〜。
と、ほとんどの方が香りを嗅いでいいます。
ピザが浮かぶのかな?

すっきりスパイシーで少し甘さのあるバジル。
嗅げば嗅ぐほど不思議な香りで、甘いのか?スッキリなのけ?どことなく消毒液のような?これは何の草か?と、どんどん奥に隠れている物が出てくる感じです。
嗅げば嗅ぐほど分からなくなります。
次から次へといろんな香りがやって来るのです。
また変な事を言っているとは思いますが、一言では表せない香りです。
一言で表せないなんて情けないですが、、、

バジルと言えば、イタリアンが浮かぶ方もいると思いますが、バジルは古くから中国で漢方薬として活用され、インドでは神聖な植物として儀式にも用いられていたと言われています。
インド伝統医学アーユルヴェーダでも使用されているそうです。

これからバジルを食べる時は、神聖な植物。と思えば、大事に食べそうな私です。

精油のバジルですが、私は肩凝りや首凝り、頭痛などの症状がある方によく使います。
特に凝りの強い方にはなかなかいい仕事をしてくれるバジルです。

バジルの力を借りよう。と自分から選ぶ時もありますが、パッとバジルだけが目に飛び込んで来る時もあります。
かなり凝りの強い方の場合ですが。
バジルが使って欲しい!と言っています。と伝えるとお客様は笑ってくれます。
優しいな〜♪

凝りや痛みに役立ちめすので、生理痛や腰痛などにもおすすめです。

よほどの凝りの方には、バジルにウィンターグリーン、ローズマリー、ラバンジンをブレンドしますが、よく効いています。

バジルを使ってみたい方。
ぜひぜひどうぞ。

|

« 今月のデザート♪ | トップページ | 香りのお話(レモンユーカリ) »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のデザート♪ | トップページ | 香りのお話(レモンユーカリ) »