« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月29日 (土)

香りを感じる事は幸せな事






嗅覚は、人間の五感の中で最も原始的であり、本能的な感覚で、香りはダイレクトに感情や本能を支配する脳に作用すると言われています。

精油でも何でも、ほんの一瞬にして香りの判断がつき、そこから、いい香り!癒される!元気になる!になります。
時には、苦手!ちょっと、、、!と言う事も。

ふと手に取った精油、普段選ばない精油を選んだ時、ほとんどと言っていいほど、その方に必要な精油(効能や抽出部位)であり、必要な精油のメッセージがあります。

たった1つ手にした香りに意味があり、納得する方、自分を少し振り返る方、キャーキャーと女子高生みたいに喜ぶ方、ちょっとウルッとされる方、、、様々です。

色んな時に精油を使用し、癒しなり元気なりもらっていると思います。

先ほども書きましたが。
嗅覚は、人間の五感の中で最も原始的であり、本能的な感覚で、香りはダイレクトに感情や本能を支配する脳に作用すると言われています。

そんな素晴らしい香りですが、、、
悲しい事に、、、
疲れてきたり、疲れて過ぎて来たり、無理に頑張り過ぎた時など、五感の中で1番に失われるものは【匂い】だそう。
悲しい(涙)
ですが、もしかすると心当たりのある方もいるかもしれません。
精油選びの時、時々、『匂わない』『あれ?今日は匂いが感じない』と言われる方も実際にいます。
普段はOKなのにふとある時、選ぶ精油のどれもがダメ!いつも好きなのに今日はダメ!今日は匂いが感じない!と言われる方も疲れを背負いすぎているのかもしれません。
全てがそうではありませんが、やはり疲れが溜まっている証拠です。

五感は全て失いたくないですが嗅覚の【匂いのない世界】は辛いもの。

そう言えば、匂いが感じにくくなっている。匂いに鈍感になった。など自覚のある方は、こまめに精油はもちろん、石鹸、香水、柔軟剤など香ってみましょう。

苦手な香りは苦手なので無理に香らないよえう。
いつもは好きだけど時に苦手と感じる時もそうです。

精油を嗅ぎ、元気になったり、癒されたり、ほっとしたり、幸せに感じらるなら幸いです。

写真はラベンダーとアップルミント。
嗅覚は無理ですが、視覚で癒されてください。



| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

セイロンライティア♪








夏の花を頂きました。
夏のお花を頂きました。
真っ白で小さなお花。
ただただ可愛い。
セイロンライティアと言うお花で、夏が似合うお花。

少し調べて見ました。
ライティアとほ、スコットランドの医師で植物学者のウイリアム・ライトを記念してつけられました。
ライトは、ジャマイカの植物などを研究した人です。

セイロンライティアのセイロンは現在のスリランカの旧国名です。
この植物がスリランカ原産であることからセイロンライティアと命名されました。
セイロンライティアは、インドやスリランカでは薬用植物として知られていて、インドの古典医学書『アーユルベーダ』にも薬用植物として載っているほど古くから重宝な花として大切にされていました。
花言葉は、清純。
お誕生日は、6月15日。
AICAのお客様にはいませんでした。

こんな小さなお花が薬用に使われていたなんて。
薬効は検索しても見当たらず。
真っ白なお花。清純。だから、浄化や心身鎮静かな?
でも春から夏の花で夏が似合うから、もしかすると活性か?冷却か?と、想像してみたり。

手で持つと小さな花束で可愛く、カップに入れればこれまた可愛く。
お花って、プレゼントされると嬉しい♪
ちょっと幸せな日になりました♪

花束を君に贈ろう〜♪愛しい人〜♪愛しい人〜♪
By宇多田ヒカル
ついつい口ずさむ私♪

このお花、少しジャスミンにも似ているような...
花の匂いはなく、青々しい葉っぱの香りでした。


| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

土用の丑の日。うどん。




今日は、土用の丑の日。
昼食、夕食は、鰻を食べてパワーアップでしょうか?

私は鰻が苦手。こんな人もいます。

鰻に限らず、『丑(う)』のつく物を食べると病気になりにくい。と言われています。

【う】のつく食べ物。
鰻、うどん、牛(牛肉)、ウィンナー烏骨鶏、うずら・うずらの卵
うぐいす豆、うずら豆、うど、ウニ
梅、海ぶどうなど

鰻に限らず、自分が求めている物を食べるのが1番いいと思います。
これこそ、1番のパワーフード!

痩せたい!とよく言われるお客様。
夜中の23時に無性にUFO(焼きそば)が食べたくて一気に食べ、満足して寝ました。と。
23時に?寝る直前に?UFOを?と聞き直しましたが、嬉しそうに話をしていました。
その時、ものすごく、UFOを求めていたそう(笑)

体には良くないでしょうが、胃袋も心も満たされ、熟睡できたのなら、幸せな時間だったのかな。と。
パワーフードになったかな?

話が逸れましたが、、、よく逸れる。
写真は、実家の母と叔母が漬けた梅干し。
気分に合わせて食べています。
夕食は、肉うどん(うし+うどん)+梅干しにしようかな。

来月6日も土用の丑の日。
皆さんは、連続、鰻でしょうか?


| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

蝉の季節。




蝉の季節がやって来ました。
毎年、蝉に起こされます。

ジージージージー、、、
これはまだ心地よい。

ミーンミンミンミンミン、ミーンミンミンミンミン、、、
この大合唱はややイラッと来ます。

ある時、地上に出て、蝉の命が短い事を知り、納得しました。
早い時間に起こされると確かにイラッと来ますが、鳴くのは当たり前かな。
私が蝉なら、腹の底から鳴いてる事でしょう。
オンチだけど歌ってみたり♪

余談ですが、ミントの影も可愛い♪

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

アイスレモングラスティーのいろいろ



ニラではありません。
レモングラスです。
ちなみに私の父は、レモングラスの事を“カヤ”と言います。
何度か、レモングラスと教えましたが覚えれないので、今では私も父の前では“カヤ”と言っています。
70を過ぎた田舎の父ですので、、、
そんな父が匂いのする葉っぱ(レモングラス・ラベンダー・ペパーミント・カモミールなど)をもらったようで育てており、ハーブティーを教えました。
美味しく飲んでいるようです。

父の話は置いといて。
ブログを読んでくださっているお客様が、ハーブティーを作って飲んでいるようで、とても嬉しいです。
ティーパックのハーブティー、フレッシュのハーブ、レモン水、レモン水+ハーブなど、色々と試されているよう。
おすすめはぜひ教えてください!!


レモングラスティーに少しレモンを。


定番のレモン水にペパーミント。
ペパーミントの葉っぱは調整できるので、これまた味の変化が楽しいです。

この時期は、アイスハーブティーがなんて美味しいのだろう。
美味しい!色も綺麗!何と言っても香りがいい!
ローズヒップは真っ赤でとても綺麗ですので、少し濃いめに作って氷にして、炭酸で割っるのおすすめです。
見た目も綺麗ですので、お客様を招く時にいいかも。
余談ですが、私は濃い目の珈琲を冷凍し、珈琲氷に牛乳を入れて飲むのが夏は好きですが、ガムシロを入れ過ぎるので控えています。
ノンシュガーは無理です。

【夏におすすめのハーブティー】
・ビタミンCとEが豊富で酸っぱい色鮮やかなローズヒップ
・ビタミン満点、二日酔いに効果的、酸味のあるハイビスカス
・爽やかで喉越しのいいペパーミント
・消化促進、スッキリとしたカヤこと、レモングラス

どうやら、アイスレモングラスティーにすりおろした生姜を加えるとより美味しいそうです。

レモングラスティーに生姜?飲んだ事ありませんが、紅茶+生姜、アップルティー+生姜は美味しいから、美味しいのかな?
すりおろし生姜を入れるとなるとやっぱり蜂蜜はセットでしょう〜。

AICAのお客様はビール好きが多いように思います。
どの方も年中、帰宅時、入浴後のビールがたまらないそうで、この時期は特にだそう。
先日なんて、お手入れ後に『ビールだったら最高!』と言ってた程です。

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

大好きなレモングラスティー




私の好きなレモングラスのハーブティー。
単品も好きですが、ルイボスティー+レモングラス、ペパーミント+レモングラスも好きな味です。

少し濃厚なレモンの香りで、癖も少なくスッキリとした清涼感のレモングラスティー。
苦手な方は苦手だろう、、、

ハーブティーや料理などでよく使用されていますが、古くから、感染症や熱病に効く薬草として用いられていたようで、インドの伝統医学では、精油をコレラなどの感染病や熱病に利用し、中国では葉を頭痛、咽の痛み、下痢、はしかなどの治療に活用されていたそうです。

【主な働き】
殺菌、健胃、消化促進 など。

殺菌作用があるため、発熱や頭痛、風邪の初期症状に◎

胃腸の調子を整える作用もあるため、食後、食欲不振、食べ過ぎ、胃もたれなどに◎

レモングラスのハーブティーは、ドライ(乾燥)とフレッシュ(生)の両方が使えます。

【ドライの場合】
適量に熱湯を注ぎ3〜5分ほど蒸らします。

【フレッシュの場合】
お水の状態からレモングラスを入れて、沸騰させます。

スッキリ爽やかなレモングラスティー。
仕事や勉強の合間の水分補給、リフレッシュにいかがですか?

昨夜は、精油のレモングラスで入浴し、そしてレモングラスティーで水分を補いました。
香ってよし!
飲んでよし!(ハーブティーなら)
レモングラス!いいね!

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

ソフトクリーム♪




ソフトクリーム大好き♪
バニラ命です♪

ソフトクリームの機械が家にあればいいのに.....
と、何度か思った事があるほど。

美味しい物を目の前にした時。
笑ってしまう私。
1つのソフトクリームで幸せになれる私です。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

塩梅あめに変わりました




去年と同じですが、のど飴から塩梅飴に変わりました。
お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、私は梅干しが大好きなのです。

ミネラル豊富なヒマラヤ岩塩、梅は紀州産の梅エキス、直火釜ならではのまろやかな仕上がりの塩梅飴。

よく汗をかかれる方は、水分はもちろん、スポーツ飲料、梅干しや塩飴などもおすすめです。
塩分補給どうぞ。

窓を開けて寝たため、喉を痛めている方が続いています。
のど飴もありますのでご安心を。
もちろん、喉周りにアロマオイルも塗ります♪

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

抗酸化力!リコピン!トマト!




連日の強い紫外線のおかげで、肌が痛く、焼けてしまい、、、だから夏は嫌いだ!と心底思う私です。

今が旬のトマトですが、トマトは高温多湿を嫌う性質があるので、1番美味しい時期は春だそうです。
私的にはトマトは年中美味しいですけど。

トマトと言えば、抗酸化力の強いリコピンが豊富。
リコピンに、紫外線からお肌を守る働きがありますので、美容と健康に欠かせない野菜の1つ。
夏バテ予防にもおすすめです。

去年も書いたかもしれませんが、リコピンって可愛い響き。
リコピンですよ(笑)
世の中には様々な成分や栄養素がありますが、リコピンは上位に来る可愛さだと思います。

やはり、トマトには塩!
時々、ドレッシング!
ある方は、オリーブオイルをかけていると言っていましたが、おすすめの食べ方ありますか?
教えてください。
ですが、やはり、塩でしょ〜

これは実家のトマト達です。
今年は、黄色のアイコがやたらと甘く上出来です。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

レモン水+ハーブ




毎年夏場に飲むレモン水。
今回はレモンにミントの葉を入れたのですが、欲張って入れ過ぎたので、ミントレモン水の仕上がりになりました。

起床時などさっぱり爽やかで喉越し抜群♪

レモン水は、ただレモンを絞るだけ!

【私の場合】
①1Lの容器にレモン半分絞って皮のまま入れる
②水を入れて冷蔵庫へ
※ミントやレモングラスなどを調整して入れても楽しいです

炭酸水が好きな方は、コップに炭酸水+レモンの輪切りも美味しいと思います。
アレンジ出来るのが楽しい♪

簡単で美味しいレモン水ですが、レモンは紫外線を吸収しシミを作る働きがありますので、紫外線が強い時期の飲み過ぎは注意だそうです。
レモンの量にもよるのかも、、、

私は6月末〜9月上旬頃まで、レモン水、時々何かのハーブを加えて飲んでいます。
おすすめの何かあれば、教えてください♪

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

精油を使って呼吸を気持ちよく




この最近、また、呼吸の浅い方が多いように感じます。
呼吸を浅いままにしておくと、心や体の凝りなどの原因にもなると言われています。

心と体のどちらか一方が乱れても呼吸に変化を及ぼすもの。
心身の緊張を解きほぐす植物の香りをぜひとも味方に付け、何かの時には芳香し、何本かは常備しておいて欲しいと思います。

深い呼吸を取り戻しましょう。

精油は、心身の病気の予防や身体の治癒力を発揮するためのフォロー役。
少し精油を頼ってみましょう。

【呼吸器系に役立つ精油】
ティートリー、、ユーカリ、ペパーミント
レモン、ローズマリー、タイムなど

どれもスッキリ爽快な香りですので、呼吸も気持ちいいと思います。

【少し疲れている時の呼吸器に役立つ精油】
※上記プラス
スイートオレンジ、オレンジ、カモミール
フランキンセンス、ローズウッド、サンダルウッドなど

こちらは柔らかく穏やかな香りですので、こちらのグループだけでもいいですし、上記とブレンドするとマイルドになります。

ディフューザーやコットンなどで芳香もいいですが、疲れやストレスで呼吸が浅い、咳が出る場合は、蒸気吸入がおすすめです。

【蒸気吸入】
①カップや洗面器に精油1~2滴+熱湯
②目を閉じ顔を近づけ吸入
③5分程したら再度熱湯を付け足す

※精油の香りをゆっくり吸い込みましょう
※精油を入れ過ぎると蒸せます

鼻や喉、呼吸もですが、室内も爽やかになり一石二鳥以上です。

【塗布法】
①キャリアオイル(クリームやジェル)10mlに精油を2〜4滴
②少量取り、喉〜みぞおちに塗る
③香りを吸い込みつつ、ゆっくり呼吸する

自然と呼吸がゆっくりなってるはずです。

| | コメント (0)

2017年7月 3日 (月)

メリッサ(レモンバーム)のお話




連日の恐ろしい暑さ。
今年は極端に雨が降って少ないのでは?
と言いつつ、雨が降るとジメジメする湿気、どんより重い室内、そして体の浮腫み、なかなか辛いものがあり、ブーブー言ってしまう私。

18日頃が梅雨明けのようですが、梅雨時期は、身体の水分代謝が滞る時期。
湿度が高いせいで汗が皮膚表面から蒸発しないのが原因。
そして、ヒスタミンと言うアレルギーを引き起こす物質も原因の1つだそう。
そのヒスタミンは、交感神経を刺激→血管収縮→血液の流れが悪くなる→余分な水分が溜まる→浮腫みへと。

梅雨時期は特にフットバス、マッサージで血流を促進しましょう。

【梅雨時期おすすめの精油】
グレープフルーツ、ペパーミント、レモン
レモングラス、レモンユーカリ、メリッサなど

その中でも特におすすめなのは、メリッサ(レモンバーム)
メリッサは、抗ヒスタミン作用がありますので、フットバスや入浴、芳香浴でゆっくり鼻から呼吸して全身に芳香成分を届けましょう。

そしてメリッサは、防虫作用がありますので、梅雨〜夏場は大活躍の1本でもあります。

ここで、メリッサ(レモンバーム)の紹介です。
【心】
・緊張やパニックなどの鎮静
・感情のバランスの乱れ
・落ち込み
・気持ちを落ち着かせる
・明るく前向きな気持ちへ

【体】
・神経系
・神経性による消化器系のトラブル
・神経性による呼吸器系のトラブル
・月経痛など

メリッサはとても爽やかではありますが、濃厚なレモン+青葉のような香りで、ほんの少しレモングラスにも似ているようにも思います。
第一吸入時は、濃いレモン風ですが、深く香るとラベンダーとは違う蜂蜜の匂いがほんのりあります。
あ〜。蜂蜜の匂い。ではなく、あれ?奥に蜂蜜らしき匂いが。と言うような感じです。
ちなみにメリッサはギリシャ語で【蜜蜂】と言う意味です。


メリッサ(レモンバーム)は、マッサージも良いですが、芳香や吸入の方をおすすめします。


※やや刺激が強いので利用量は注意
※妊娠中の方は控えましょう


| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

今月のデザート♪




梅雨明け前の天候不順の日が続いていますが、お変わりありませんか?
早いもので今年も半分が終わり、今日から下半期開始です。

これから夏本番!
暑さに負けないデザートをご用意しております♪

【ペパーミントティー】
メントールの爽やかな香りのペパーミント。胃腸のトラブル、食べ過ぎ飲み過ぎ、消化促進に役立ちます。
また、鎮静作用がありますので、不安や緊張、イライラ、気分を穏やかにする働きもありますのでリラックスしたい時にも。
これから冷房の季節です。
ペパーミントには抗菌作用や抗炎症作用がありますので咳や喉の痛み、呼吸器系のトラブル、風邪の初期症状にも◎

【ドラママンゴー】
食物繊維、ビタミンA、C、B1、B2,葉酸、B-カロチンなど栄養満点のマンゴー。
抗酸化力の強いビタミンA、Cが、シミ、そばかすの原因メラニン色素の働きをを抑える働きも。
そして鉄分と葉酸で貧血予防、ビタミン豊富で夏バテ予防、カロチンで抵抗力アップ。

【梅干しor干し梅】
クエン酸たっぷりで疲労回復に役立つ梅干し。
これからの時期は食中毒も心配ですので殺菌作用がある梅干しをお供に。
クエン酸で疲労回復、夏バテ解消、そして塩分補給を。

【抹茶アイス】
去年好評の抹茶アイス。
そして先月好評の抹茶ドーナツ。
やはり女子、女性は抹茶が好きなのか?
今年も昨年に続き抹茶アイスです。
カテキンには抗酸化作用があるため、肌細胞が活性化してアンチエイジングの効果にも期待が!
甘さと苦味のある抹茶アイスです♪


今月も心よりお待ちしております。
皆様。熱中症には十分お気を付け下さい。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »