« メリッサ(レモンバーム)のお話 | トップページ | レモン水+ハーブ »

2017年7月 8日 (土)

精油を使って呼吸を気持ちよく




この最近、また、呼吸の浅い方が多いように感じます。
呼吸を浅いままにしておくと、心や体の凝りなどの原因にもなると言われています。

心と体のどちらか一方が乱れても呼吸に変化を及ぼすもの。
心身の緊張を解きほぐす植物の香りをぜひとも味方に付け、何かの時には芳香し、何本かは常備しておいて欲しいと思います。

深い呼吸を取り戻しましょう。

精油は、心身の病気の予防や身体の治癒力を発揮するためのフォロー役。
少し精油を頼ってみましょう。

【呼吸器系に役立つ精油】
ティートリー、、ユーカリ、ペパーミント
レモン、ローズマリー、タイムなど

どれもスッキリ爽快な香りですので、呼吸も気持ちいいと思います。

【少し疲れている時の呼吸器に役立つ精油】
※上記プラス
スイートオレンジ、オレンジ、カモミール
フランキンセンス、ローズウッド、サンダルウッドなど

こちらは柔らかく穏やかな香りですので、こちらのグループだけでもいいですし、上記とブレンドするとマイルドになります。

ディフューザーやコットンなどで芳香もいいですが、疲れやストレスで呼吸が浅い、咳が出る場合は、蒸気吸入がおすすめです。

【蒸気吸入】
①カップや洗面器に精油1~2滴+熱湯
②目を閉じ顔を近づけ吸入
③5分程したら再度熱湯を付け足す

※精油の香りをゆっくり吸い込みましょう
※精油を入れ過ぎると蒸せます

鼻や喉、呼吸もですが、室内も爽やかになり一石二鳥以上です。

【塗布法】
①キャリアオイル(クリームやジェル)10mlに精油を2〜4滴
②少量取り、喉〜みぞおちに塗る
③香りを吸い込みつつ、ゆっくり呼吸する

自然と呼吸がゆっくりなってるはずです。

|

« メリッサ(レモンバーム)のお話 | トップページ | レモン水+ハーブ »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メリッサ(レモンバーム)のお話 | トップページ | レモン水+ハーブ »