« マンツーマンのアトリエ | トップページ | 【肺】の性質は白い食材 »

2017年10月24日 (火)

金木犀の香りと思い出





どこからともなく漂ってくる金木犀の香り。
あの甘い香りについつい立ち止まり、脳が酔いしれ、どこにあるのかを見渡してしまう。
たくさんの人々を惹きつけ、引き寄せる金木犀は、かなり魅力的。
これまたオレンジの小さな花が可愛い。

金木犀の香りは、100種ほどの成分によって作り出され、香りが強い事から、昭和初期には消臭のためにトイレの近くに植えられていたそうです。

金木犀(ラベンダーも)→トイレの芳香剤の匂い。
仕方ないのかもしれません。
ですが、香りを仕事にしている私としては少し悲しいです。
頭にインプットされたものを覆すのは難しいですが、金木犀もラベンダーも素敵な香りです♪
芳香剤。と思っている方々が、ふとした瞬間に金木犀やラベンダーの香りが心地よいと感じる日が来ますように。

私は秋が大好き。そして金木犀も大好き。
毎年、金木犀が漂う季節が待ち遠しく、、、嬉しくて笑ってしまう。
秋の朝一の少しだけひんやりした空気の中に金木犀の甘さがブレンドされた香りが特に好きなのです。
冷たい空気、秋独特のアスファルトと空気の匂い、そして金木犀。
この3つが同時に鼻の中を通る瞬間がたまらないのです。
分かる方がいるなら嬉しいな〜
あれは贅沢な香り♪
連日の雨、台風で金木犀ともしばらくお別れです。

もう少し金木犀のお話を。
金木犀の香りを嗅ぐとある方を思い出します。
私はボランティアでアロマトリートメントを行っているのですが、3年前?4年前?
あるおばあちゃんが『金木犀の香りが1番好き。金木犀がいい。』と。
残念ながら金木犀の精油を持っていなかったので、金木犀と同じ仲間のフローラル系の精油を使ってトリートメントしました。

香りと脳は深い関係があり、嗅覚と言うのは感覚の中で、1番記憶に残るのだそう。
金木犀の香りを嗅ぐと私は最高に幸せな気分になりますが、ふと、そのおばあちゃんを思い出すのです。
あ~。金木犀の香りを嗅がせてあげたかったな~(涙)と。

金木犀の香りもまた来年。1年後です。
またあの甘い香りに魅了されつつ、おばあちゃんを思い出す事でしょう。







|

« マンツーマンのアトリエ | トップページ | 【肺】の性質は白い食材 »

心と体」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マンツーマンのアトリエ | トップページ | 【肺】の性質は白い食材 »