« 秋の終わりの新鮮な空気 | トップページ | いちごファームのいちご狩り♪ »

2017年11月24日 (金)

風邪のタイプで精油を選ぶ




・風邪をひいていた
・風邪をもらった
・喉の調子が悪い

など、このようなメールが数日多いです。

・ティートリーがなくなったので焦ってる
・ティートリーがなくなった
・ティートリーがないので他の精油でもいい?
・このような時はどの精油?
・違和感あったのですぐにティートリー塗った

など、精油、特にティートリーの話題が多いです。
嬉しいな〜♪

風邪は予防、引き始めが肝心です。
ひいたものは仕方ないですので、あれ?と感じた瞬間に精油の力を!

【寒気がする】
・背中がゾクゾクする
・鼻水が出る
・体が冷える
ティートリー、ユーカリ、ジンジャー
※首後ろ〜肩にアロマオイルを塗り、ストールなどを巻き、風を入れないよう

【少し熱い】
・喉が赤い
・少しボーッとする
・喉が乾く
ペパーミント、レモン、フランキンセンス、ラベンダー

【喉の違和感】
・喉が痛い
・咳が出る
・喉の乾燥
ユーカリ、サイプレス、フランキンセンス、サンダルウッド


どのタイプですか?
風邪の時は、喉から来る。〇〇が弱い。などあると思いますので、風邪が流行る前からブレンドオイルを作り、予防して置くと便利です。

【ブレンドオイル】
①10mlのキャリアオイルに精油2〜4滴
②使用前に軽く振る
③弱い部分などに塗り、予防と回復

私は毎年喉から来るので、ティートリー、サイプレス、ユーカリ、ラベンダーなどをそれぞれでブレンドし活用しています。

首元は冷やさないよう。
喉は乾燥させないよう。
足の甲をゴリゴリ刺激を。

只今、精油セットキャンペーン中です。
香りを楽しみながら、予防+回復を。

|

« 秋の終わりの新鮮な空気 | トップページ | いちごファームのいちご狩り♪ »

心と体」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の終わりの新鮮な空気 | トップページ | いちごファームのいちご狩り♪ »