« 椿 | トップページ | 匂いこそ第一印象! »

2018年4月16日 (月)

思い出深いローズの精油




今回は、精油に関する私のお間抜けなお話です。

忘れもしない、本物の精油に出合った18歳。
精油(香りかな?)にはまり、少しずつ精油の勉強をはじめていた19歳、20才頃。
本などでローズが高価な事は知っていました。
いつか、ローズが欲しいなぁ。と。

精油は同じ大きさの箱に入れられて販売されてることが多くあります、
確かその時、ローズは1万円ほどでしたが、おバカな私は他の精油と同じ大きさの箱(10~15mlほど)なので、同じ容量だと勝手に思い、ローズを購入。
得した気分で家に帰り、すぐにローズを開けました。

箱を開けると1ml?ほどの小さな瓶が....
一瞬、間違いでは?嫌がらせでは?などと(笑)
いやいや。正解なのです。
小さな小さな瓶に入った1万円ほどのローズ。
あの頃は使う事が出来なかったので、開けては嗅ぎ、開けては嗅ぎの繰り返しで、ローズだけ箱に入れていたように思います。

本当に頑張った時など年に数回、ご褒美として1滴だけ浴槽に入れて贅沢気分を味わってました。
実は今もです(笑)

精油のこと、香りのこと、本を読む程度で知識はなかったあの頃でさえ、ローズの香りや価格が特別な事は分かっていました。

たった1滴のローズの偉大なこと。
あの香りは何なのでしょう。
ローズオットー、ローズモロッコ、アブソリュートローズなんて特に思います。
好きな精油は?と聞かれた場合、ローズとは答えませんし、私のベスト5にも入らないかもしれませんが、やはりローズの香りは特別なのです。

ローズ、ジャスミン、ネロリ、メリッサ、ジャーマンカモミール、ローマンカモミールはとても高価ですので、1ml~3mlで販売されている事も多いです。
もしくは、希釈(キャリアオイルにブレンドされたもの)されたものが並べてられていることもあります。
容量や価格を確認し、購入してください。

未だに小さな精油瓶を見たり、ローズを嗅ぐと、若かったローズ事件を思い出して笑ってしまいます。

香りの記憶って、やっぱりすごい!


|

« 椿 | トップページ | 匂いこそ第一印象! »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椿 | トップページ | 匂いこそ第一印象! »