« アトリエ・モン・シュシュ | トップページ | 寒暖差アレルギーにも精油を »

2018年5月22日 (火)

目を冷やす。あたためる。



慢性疲労、慢性凝りを溜め込んでいる方が多く、驚きます。
疲れは、心と体から発せられる休息のサインです。

体を休めて~
もっと寝て~
筋肉を柔らかくして~
目の使い過ぎ止めて~
と、体が叫んでいます。

肉体的疲労、精神的疲労、脳疲労、眼精疲労、慢性疲労、、、
たくさんの疲労がありますが、やはり【眼精疲労】が多いように思います。

長時間のデスクワーク、パソコンや携帯の画面見すぎ→目の疲れ→脳が緊張状態→脳疲労→集中力や思考力などの低下→体の疲れなど。

目元をあたためる。冷やす。
上手に取り入れてみましょう。

【あたためる】
・目がショボショボする
・ドライアイ
・長時間のパソコン
・冷暖房による目の疲れ
・肩や首凝り

【冷やす】
・寝不足
・充血

職場の冷蔵庫に私物がOKなら。
①おしぼりを水で絞る
②ナイロンやジップロックに入れる
③休憩時など目元を冷やす
※自宅の冷蔵庫におしぼりを入れておくと、帰宅後すぐ冷やせますし、日焼けの時は何かと便利です

夜、寝る前は、火傷に注意し、目元をあたためましょう。

疲れている時に目元を冷やす!あたためる!
そんな余裕なんてない!
そんなことをしている時間がない!
はい。そんな時は、できるだけ目を閉じましょう。
きっと痛いはずです。
目を閉じる→眼球を動かす→目をギュッと閉じて、パッと開ける。など.....

みなさま。
目を大切に.....
目の酷使は仕方ないのかもしれませんが、その日のうちにケアして休めましょう。

|

« アトリエ・モン・シュシュ | トップページ | 寒暖差アレルギーにも精油を »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アトリエ・モン・シュシュ | トップページ | 寒暖差アレルギーにも精油を »