« 気まぐれな猫たち | トップページ | 花菖蒲の花言葉 »

2018年5月13日 (日)

湿気の多い日はお香を焚いてみては?




最近またお香を焚くことが増えています。
急におとずれる私の中だけのお香ブーム。
やはり白檀が好き。沈香もジャスミンも好き。

先日、お香を買いに行ったとき、“白桃”と“ざくろ”があり一気にテンションアップ♪
白桃は、少し甘くて女性のシャンプーのような香りで、一方のざくろは、優しくほのかに甘く香る果実でした。

ざくろ、ザクロと言っていますが、漢字になると柘榴。定員さんに思わずたずねて、ざくろと聞き、驚いた私です。
みなさん、読めますか?

これだけ、ざくろざくろ♪と言っておきながら、買ったものは別のもの(笑)
ざくろは、次の楽しみなのです♪

愛媛県の梅雨入りは、今月末〜6月12日頃と。
嫌な季節がやってきます。

湿度が高いと湿気はもちろん、陰気もたまりやすいもの。
お香は香りだけでなく、室内の湿気を吸い取る働きもあるそうです。
嫌な湿気を取り、よい香りを漂わすお香。
いいですね〜。

日本は高温多湿。
昔からお香が重宝されていたのも納得です。

梅雨時期、雨の日、空気が重い日、精神的に疲れている時などは、お香を焚いてみましょう。



※喘息、アレルギーが出ている方は、お香(煙)は控えましょう。


|

« 気まぐれな猫たち | トップページ | 花菖蒲の花言葉 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気まぐれな猫たち | トップページ | 花菖蒲の花言葉 »