« 秋の果物を食べましょう | トップページ | 秋の空気 »

2018年8月17日 (金)

リップクリームは予防のもの




今月の限定は、水素パックのフェイシャルです。
どの方も自覚はないようですが、お肌よりも唇の乾燥(荒れ)が気になります。
水素パックのお話は近いうちに....

【唇の荒れの原因】
・紫外線
・冷房による乾燥
・夏の花粉
・摩擦など

唇はとっても薄い皮膚で皮脂腺がありません。
刺激に弱く、すぐ潤いが奪われ、デリートな部位です。

ほとんどの方がリップクリームは、秋〜冬に塗っているとは思いますが、実はリップクリームは、唇が荒れてから使用するのではなく、荒れや乾燥予防のためのものです。

秋は年間で最も肌老化の進む季節。
秋・冬はもっともお肌が乾燥する季節。
寝る前だけでもリップクリームを塗り始めましょう。

【リップクリームの注意点】
・頻繁に塗り過ぎない
・たくさん塗り過ぎない
・横ではなく縦のキメに沿うように塗る
・冷えて硬くなっているものは唇への負担になります

少し乾燥は感じていても、大きな荒れはないと思いますが、冬場はリップクリームを塗っても乾燥で痛みが出ることもあると思います。
そんな時は、唇をパックしましょう。

【唇のパック法】
①ハチミツやワセリンを塗る
②ラップで5〜15分パック

ハチミツやワセリンはもちろん、オリーブオイル、アボカドオイル、ココナッツオイルなども◎

なんでも予防ですし、なんでも早め早めの対策が大切です。
リップクリームは、乾燥を防ぐために塗るもの!
覚えましたか?
荒れてからケアすると時間もリップクリーム代もかかります。
唇の荒れに限らず、体の凝りやむくみや疲労もそうです。症状が強く出る前に、症状が出そうになる前にお体を整えると深い部分までほぐせますので、お互い楽です。

話はフェイシャルに戻りますが、唇を優しくクレンジングするだけでも回復は早いです。
先ほど述べたように、唇はとっても薄く刺激に弱いですので、指腹で優しく軽くくるくるしてください。

最近、唇荒れてる人多いなぁ。なんて思っていたら、自分の唇も荒れていました(笑)

リップクリームをつけるのが面倒な方は、スキンケアの時、乳液やクリームを唇にも軽く塗りましょう。
私はこちら派です。


|

« 秋の果物を食べましょう | トップページ | 秋の空気 »

心と体」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の果物を食べましょう | トップページ | 秋の空気 »