« まだまだ夏野菜が必要 | トップページ | 生きた花にはパワーがある »

2018年8月28日 (火)

精油もお香も本能で選ぶ




匂いと言うのは、水分(水蒸気)があってこそ香ります。
香水やコロンなどをつけられている方も多くいると思いますが、乾燥したお肌にシュッとつけるより、しっとり水分のあるお肌につける方が香りはマイルドで持続します。
お風呂上りにつける場合、100%水分を拭き取らずにつけると◎

時々、すれ違った人で、うわっ!と鼻と喉にくるほどに香りをまとっている方いませんか?
日本人、特に女性は香水(香り)のつけ方が下手。つけ方を知らない。と言われています。

香水〜コロンは、それぞれ濃度や持続時間など異なりますので量やつけ方、つける部位などは気をつけないといけません。

バイオリニストの葉加瀬太郎さんは香水がお好きで、朝、スタジオ、オフ日、帰宅時、就寝時など、様々なシーンで香水をかえて香りを楽しんでいるそうです。

興味があることはすぐにやりますので、私も枕元に香水をシュッ!と。
う〜ん。寝れない....
やっぱり私は香水よりも精油そのものの香りが合っていますし、お香やサシェ、香り石鹸が落ち着きます。

五感の中で嗅覚は唯一、本能に直接働きかけると言われています。
本能で選ばれた【いい香り】には、脳・心身をリラックスさせる力があります。

香りでリラックスしたい方、自分に合う香りを見つけるには、本能に従って直感で選ぶことが大切です。

ラベンダーで安眠に。など言われていますが、ラベンダーの香りが好きでなければ逆効果ですし、ラベンダーよりも柑橘系やペパーミントの方が眠りに誘ってくれます。
ローズマリーはすっきりとした香りで覚醒ですが、この香りが落ち着きリラックスできる!と言う方でしたら、心地よい睡眠が期待できると思います。

香りは。香り選びは。
本能に従って!
直感で選ぶ!
です。

この数ヶ月、再び、お香ブームの私。
こんなに長期間、お香を連日焚くことも珍しいのですが、それほどお香に癒されており、今は精油よりもお香が合っているようです。

そうです!本能がお香独特の香りを求めるのです。

20代、30代の頃は、種類をたくさん揃え楽しんでいましたが、今は決まった香りを数種類程度です。
昔はお香集めが趣味な時もありました。
懐かしい...
香りが絡むと鮮明に思い出すものです。

やはり白檀を越える香りはないです。
そして白檀の残り香は最高に心地いい。

赤と青の色鉛筆のように お香も1本で2種類楽しめるといいのになぁ。
1種類目から2種類目に映る瞬間、少しして香りが変化する瞬間なんて楽しいはず。など思ってしまいます。

精油と同じで、お香もメーカーにより少し香りは異なりますので、必ず嗅いでから選んでください。

時々、どのお香にしよう?と悩む時は、目をつぶり、1本ずつ嗅ぐのですが、やはり白檀で頷いてしまいます。
この香りは本能が好きなのでしょう。

目覚めに焚く1本。
夜、秋の空気を感じた時に焚く1本。
なかなか幸せです。

お気に入りのお香(香りやメーカーなど)ありますか?
おすすめがあれば、ぜひ教えてください。

匂いの話から→香水の話へ→精油の話へ→そしてお香の話になっていました。
私としてはコンパクトにまとめたつもりです(笑)

白檀の話をしていながら画像は藤。
数種類のお香が並んでいますが、白檀は左から3種類目です。
こちらのメーカーですが、藤、沈香、檜もいい香り。
そしてザクロはなんとも言えない甘い香りです。
白桃は少し甘過ぎるので、飽きやすいかもしれません。



|

« まだまだ夏野菜が必要 | トップページ | 生きた花にはパワーがある »

心と体」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだまだ夏野菜が必要 | トップページ | 生きた花にはパワーがある »