« さまざまなトルコキキョウ | トップページ | 月経中のアロマトリートメント »

2018年9月19日 (水)

薬を飲む前に....



お薬は飲まないで済むに越したことはない。
なるべくなら飲まないでいたい。
飲む前にまず精油やハーブを利用したい。

AICAのお客様もこのように思っている方が多く。
・まずアロマをしてダメなら薬を飲もう
・アロマトリートメントをしてもダメなら病院に行きます
・まず精油を使用して寝ます
など。
とても嬉しく思いますし、関心します。

ブレンドオイルでマッサージしなくとも、度々AICAに通わなくとも、ほんのちょっと精油を香らせる。精油を芳香させる。
たったそれだけでお薬を飲まないで済むようになるなら素晴らしい!
日々の芳香、日々のアロママッサージできっと繋がるはずです。

・急な頭痛→こめかみにペパーミント
・急に喉が痛い→喉から首にユーカリやティートゥリー
・急にゾクッと寒気→首にユーカリやジンジャーを塗って温める
・鼻炎→ユーカリやミントを鼻筋に
・肩が痛い→鎮静オイルを塗り温める
・眠れない→安眠作用や好きな香りを芳香
・月経痛→ラベンダーやクラリセージをお腹に
※アロマセラピーは医療行為ではありません

薬を飲む前にできることがたくさんあります。
ですが、とりあえず薬を飲んでおこう!
とりあえず病院に!
と言う気持ちも分かります。
きっと安心にも繋がりますし。
風邪の時期なんて余計に菌をもらう可能性もありますので、油断は禁物です。

これから少しずつ気温も下がり、風邪やインフルエンザの時期に入ります。
10月末頃から少しずつ芳香をし、予防をはじめましょう。

抗生剤にも負けないくらい強力な抗菌・抗ウィルス作用を持っているものがあります。

【ティートゥリー、ユーカリ】
抗ウイルス作用、抗菌作用、免疫調整作用などがあり、様々な感染症の予防、様々な菌から守ってくれる働きあります。

【ラベンサラ】
ウイルスにも対抗する精油でこちらもウイルス対策や抗菌作用が強く、『無人島に1本精油を持って行くとしたらラベンサラ』と言われる専門家もいるほど。

まだまだたくさん抗菌・抗ウィルス作用を持っている精油はあります。
いい香りで対策できるなんて最高です。
風邪が流行り始める前におすすめ精油はお知らせします。

まずは、寝室や玄関などに精油を香らせるだけでも菌が増えないように働いてくれます。
ぜひぜひ!
なんでも早めに(最低1ヶ月前)に精油やハーブティーなどで対策をしましょう。

風邪でもいろんな種類があります。
それにより精油も変わりますし、体質でも合う精油などありますので、風邪気味、風邪をひいている場合など、細かく教えてください。

食事、入浴、体を冷やさない、睡眠はお忘れなく。
そして何より、旬のものを美味しく食べましょう。
お薬を飲む前に....
たくさんやることはあります。


※アロマテラピーは医療行為ではありません
※何かの時はすぐに受診を


|

« さまざまなトルコキキョウ | トップページ | 月経中のアロマトリートメント »

心と体」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さまざまなトルコキキョウ | トップページ | 月経中のアロマトリートメント »