« 私の太陽。私の元気の源。 | トップページ | 10月の生花 »

2018年10月14日 (日)

甘味。糖質。喜怒哀楽。


Q.少しふっくらしました?
A.はい!ふっくらしました。

数名の方に言われました。
食欲の秋。
お客様に便乗してデザートタイムを一緒に楽しんでいる私です♪

疲れている時、ストレスが溜まっている時、嬉しい時、プレゼントに、自分へのご褒美に甘いものを買ったりしませんか?
甘いものを食べると嬉しくて幸せな気分になります♪
見るだけでちょっとテンション上がります♪
喜怒哀楽の【喜】【楽】が同時にやってくる。
これって、かなり幸せなことだと思います。
ですが、気をつけないと【喜】【楽】【怒】【哀】の4つになることも....

甘い物を食べると【ドーパミン(やる気・活性など)】と【セロトニン(癒し・安らぎなど)】と言うホルモンが分泌され、この2つのホルモンは、別名【幸せホルモン】とも呼ばれているものです。

甘いものを食べると元気になり、やる気もでて、癒され、心が安らぐ!
幸せホルモンのおかげです。

先日、ある番組でケーキの話をしていました(4種類のみ)。

【太らない順番】
①チーズケーキ(チーズのタンパク質)
②アップルパイ(生地の噛み応え)
③ショートケーキ
④モンブラン(糖質の高い栗)

だいたい好きなものは太るものです。

【糖質が多い順番】※大きさで異なる
①ショートケーキ(生クリームや小麦粉)
②モンブラン(栗やクリーム)
③チーズケーキ

いやいや。その生クリームとスポンジが美味しいのです。


チーズケーキは、1時間後の血糖値の上昇が高く、ベイクドチーズよりもレアチーズの方が低いので選ぶならレアチーズに。
う〜ん。ベイクドチーズの方が好き。


モンブランには糖質の高い栗とお砂糖、小麦粉がたっぷり。
和菓子はより砂糖が多い。
困ったなぁ。モンブランも栗もお砂糖も好き。
和菓子なんてもっと好き。

甘い物に多く含まれる糖質は、血糖値を急上昇させてしまいます。
→はい!分かっています。

食後になるとインスリンというホルモンがドバっと分泌され、血糖値を下げようと働き、この時、同時に空腹感やイライラ感など感じやすくなる傾向に。

甘いものは幸せにも笑顔にもしますが、イライラさせたりもします。
難しいなぁ....
私は、甘いもの、スイーツなどをたくさん食べてもイライラしたことなんてありません。
イライラはコントロールできるはず!
→そんな問題ではない。

糖質が悪いわけではありません。
食べ方なのでは?

好きなものを我慢すると後で爆発して余計に食べてしまう。
好きなものを我慢すると頭の中がそれでいっぱいになり辛い目にあいます。

でも、太りたくない!

空腹時間を長くせず、ほんのちょこっとおやつを食べて血糖値を乱高下させないことが大事だと思われます。

でも、その【ほんのちょっと】が難しい....

アーモンドなどのナッツ類やチーズなど【ほんのちょっと】にすればいいのですが、私はおやつの【ほんのちょっと】は自信ありません。

血糖値が下がった状態が続く→自然と糖質を欲する→つい食べ過ぎる→血糖値が急上昇→太る→後悔→悪循環。

糖質が悪いわけではないのです。
血糖値が上がり過ぎない食べ方をすればいいだけです。
・空腹時間を長くしない
・ゆっくり時間をかけて食べる
・よく噛む
・1番に炭水化物にいかない

Q.少しふっくらしました?
A.はい!ふっくらしました。

若い頃はまわりにそんな風に言われると夜ご飯を減らしたりもしていましたが、ある年齢を過ぎると女性は痩せているより、ふっくらしている方がいい!
40歳過ぎれば尚更だ!と私は思います。

糖質が高かろうが、旬のものを味わい。
太ろうが、楽しく美味しく食べ。
私はこちらタイプです。

幸せいっぱいの笑顔になりましょう♪


※私個人の意見です
※糖尿病の方は参考になさらずに
※糖質制限中の方、糖質オフが合っている方、すみません





|

« 私の太陽。私の元気の源。 | トップページ | 10月の生花 »

心と体」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の太陽。私の元気の源。 | トップページ | 10月の生花 »