« 珈琲?紅茶?脈で決める? | トップページ | 精油のお話(いろんなユーカリ) »

2018年11月18日 (日)

妊娠中も上手にアロマセラピーを


久しぶりのお客様。
あれ?いつも可愛いけれどより可愛い。
ちょっと雰囲気変わったかな?
綺麗になった?
と感じながらお話をしていると、『実は妊娠しました』と。

妊娠4ヶ月。
お腹が少しだけ膨らんでおり、つわりもなく、心も落ち着いている様子。

とても穏やかで柔らかで、優しさ溢れるお母さんのお腹の中で育つ赤ちゃんは幸せ者です。
赤ちゃん♡良かったね♡

妊娠中は、体調変化や何かとストレスが溜まりやすいものです。
この方は変わらず仕事もされているので尚更。

疲れやストレスを和らげるにはアロマセラピーは何よりの癒しだと私は思っています。
言い切ってはいけませんが、そう思っていますし、大きな役割の1つだと。

何度も記載していますが、妊娠中でも安心して使える精油、妊娠中は使ってはいけない精油があります。
妊娠中、刺激してはいけないツボや反射区もあります。正しく使えば妊娠中でもアロマセラピーやアロマトリートメントを楽しむことができます。

妊娠するとホルモンバランスなどの関係で精神的にも不安定になったり、体調変化、匂いへの変化も現れてくることも。

・いつも好きな香りが苦手と感じる
・香りに敏感になっている
・いつも選ばないけれど今日は好きみたい
・どの系統のもの香りもNG
など

直感は大切です。
が、妊娠初期は使用できない精油がほとんどですので、私が選んだ数本から決めていただいています。
もしくは、私が選んだものを嗅いでいただいて、香りが大丈夫ならその精油にしています。
妊娠初期は特に注意が必要で慎重に使用することが大切です。

数少ない精油になりますが、その時の体調や気分と相談しながら、香りを一緒に選んでいきましょう。

風邪は万病の元。
冷えは大敵。
妊娠中は何かと制限がありますので特に気をつける必要があります。

これから怖いのが【風邪】【インフルエンザ】です。
風邪をもらわないよう、どうかお気をつけください。

【妊娠中でも安心な精油】
ローズウッド、ティートリーなど
※必ず相談ください

あれ?と何か感じた時、風邪は引き始めが肝心です。
妊娠中は特にですが、免疫力を上げたり、風邪をもらわない、ウイルスを移されないためにも早め早めに対処することで風邪が重症化しないですし、回復も早いと思います。

お腹の中ですくすく育っている赤ちゃん。
栄養はへその緒から赤ちゃんへと送られますので、旬のものを!栄養のあるものを!正しく摂取されてください。
そして心地よい香りを芳香され、ゆっくり呼吸し、ゆったり過ごされてください。

こちらのお客様と出逢って7年経ちます。
嬉しい報告をありがとうございます。
素敵な?楽しい?妊娠生活が送れるよう、可能な限り、香りで精一杯癒して包み込みたいと思います♡
香りで元気になれ、癒されるなら幸いです♡

※アロマセラピーは医療行為ではありません
※禁忌なツボや反射区は押しませんし、振動も加えません
※禁忌の精油は使用しません
※妊娠中、アロマトリートメントを受けられる前に主治医に確認をしていただいています

妊婦さん。ご安心ください。
来年の1月、3月、4月が予定日のお客様がふと浮かびました。
今はどの香りに癒されていますか?

http://f-aica.cocolog-nifty.com/aica/2018/10/post-4a60.html

|

« 珈琲?紅茶?脈で決める? | トップページ | 精油のお話(いろんなユーカリ) »

心と体」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珈琲?紅茶?脈で決める? | トップページ | 精油のお話(いろんなユーカリ) »