« 11月は〇〇の日。 | トップページ | サンダルウッドのいろんなお話 »

2018年11月12日 (月)

ブライダル♡前撮りも大切


ブライダルの方には、その方に合ったプランを立てています。
・1番ケアしたい部位は?
・気になる部分は?
・回数や予算は?
・1ヶ月のいろんなリズムは?
・体質など

挙式当日は特に絶好調なお肌・体調・気分でいて欲しい!
その方のご予定、肌質や癖などを見て、何日前にケアするのが1番いいのか?を考え、最後の日付を決めます。

AICAでブライダルプランを立てられるお客様は、ほとんどの方が長年通い→ご結婚。と言うケースが多いです。
中には『〇〇円でプランはお任せします』『私のこと、全部知ってるでしょ?』と言われる方も(笑)
そりゃあ、知ってますとも(笑)
ブライダル目的でのご新規さんの場合は、細かくお話を聞かせていただいています。
リラックスされてください。

挙式も大切ですが、綺麗なお姿で前撮りしたいものです。
前撮りも一生残るとっても大切な思い出のお写真。
プロが撮影しますから、それは上手に撮ってくれますが、お肌のケアも欠かせません。
お肌本来の美しさを写してもらわなければ!
お肌本来の美しさを引き出さねば!

前撮り前、挙式前。
私は、リンパ液や血行促進、とにかく心身をほぐして温め緩めることを大切にしていますので、ノーマルケアで十分な方が多いです。
お顔よりも鎖骨まわり、耳まわり、肩甲骨や頭をほぐす方がリフトアップにも繋がる場合もあります。
その方の特徴や体質や肌質を見極めて行っていますので、ご安心ください。

肌質も凝り具合も体質も目的もお一人お一人異なります。
プランもそれぞれです。
・半年前から立てる方
・3ヶ月プランの方
・1ヶ月集中の方
・忙しく前撮りと挙式前だけの方

来春挙式を控えている方、挙式はせずにお写真だけ撮る方が控えていますので、私も楽しみです。

式場にもよりますが、エステの割引、無料エステなどがついているところもあるようです。
嬉しいことにAICAのお客様はどの方も式場関連のエステは受けず、AICAに来てくださっています。

・知らない人にフェイシャルされるのは怖い。
・私のことをすべて知っているAICAさんがいい。

と、無料チケットさえ使われない方も。
泣きそうなほど嬉しいです(涙)

実際に提携エステでフェイシャルをされたお客様。
肌荒れを起こし、赤くなり、数時間後にAICAに来られた方もおられました。
中には無料の背中のシェービング(毛剃り)でトラブルが出て翌日来られた方も。

よそ様のことを言うつもりはありません。
私が言える立場ではございません。
が、その方の肌質は見極めていただきたく思います。
そして、必要のないケアはしないで欲しいなぁ。なんて....
私の独り言ですm(__)m
トラブルが出る、出されるとその方の肌質によっては、回復に時間がかかります。
何より心のケアが必要になります。

ブライダルフェイシャルでトラブルが出た。
と言う話は多くあります。
せっかく綺麗になるために通われているのに残念な結果になるのは、とてもとても辛いものです。
辛い。と言う言葉では取り返しつきません。

AICAの花嫁さま♡
遠慮なく伝えてください。
言いにくければメールで。
その前に、お任せください♡

挙式を控えている娘さんよりもお母様の方が定期的に通ったり....
娘さんよりもお母様の方がスキンケアを大事にされていたり....
挙式を控えているからと娘さんを連れて来てくださったり....
娘さんが母のリフトアップを!母の二重あごをなんとか!と連れて来られたり....

みんな。優しくて可愛いな〜♡

緊張しやすい方、自信のない方(気持ちの面)は前撮り前のトリートメントはおすすめです。
前撮り前!前撮り前のエステ!と言う考えではなく、ほんのちょっと緩めて温めるだけで、お肌の柔らかさや明るさは違います。
すると自然と笑顔になれるものです。
何より香りが癒してくれます。

お肌が美しく輝くよう。
明るいお肌、最高の笑顔であるよう。
頑張ります♡

プラン変更はできますので、遠慮なく。
仕事と式場の打ち合わせ、日々の準備は想像以上に負担が大きいようで、お肌や気持ち面での不調も現れやすいものです。
AICAでは、ほっと安らげるよう努めます。
その前に何かある時は早めに教えてください。

|

« 11月は〇〇の日。 | トップページ | サンダルウッドのいろんなお話 »

心と体」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11月は〇〇の日。 | トップページ | サンダルウッドのいろんなお話 »