« 妊娠中も上手にアロマセラピーを | トップページ | モミの木のお話 »

2018年11月19日 (月)

精油のお話(いろんなユーカリ)


今までユーカリは好んで選びませんでしたか、この3年ほどユーカリが大好きになりました。
なぜ今まで好まなかったのか?
悔やみました。
それを取り返すようにユーカリばかり使用していた時期もあったほどです。

す~っと爽やかな香りのユーカリ。
ですが、この数ヶ月、ユーカリの甘さ?優しさ?に気づきました。
ユーカリって、こんなに甘かった?
ユーカリって、こんなに優しい香りだった?
爽やかさより甘さの方が先に来る?
と。
香りの感じ方なのか?
気持ちの問題なのか?
ユーカリは爽やかだ!と決めつけていたのか?
それとも元々ユーカリは優しく甘かったのか?
ユーカリの違う一面を知ることができ、ちょっと嬉しくなりました。
ユーカリとはいい友達になれそうな気がします。
ユーカリは嫌かもしれないけれど(苦笑)

ユーカリと言っても種類は500種(700種類とも?)以上あり、色や大きさ、葉や花の形など異なります。

ユーカリと言えばコアラ!
コアラが食べるユーカリの種類は限られていて40種くらいとか?
それも新芽しか食べないとか?
種類により毒素の量が異なるため、嗅覚で嗅ぎ分け食べているそうです。
コアラってすごい。
毒素の多いユーカリの葉っぱの匂いってどうなんだろう?
嗅覚に自信のないコアラはどうなるんだろう?
まぁ、私はコアラじゃないからいいかな。

精油もユーカリの種類は多く覚えきれません。
覚えれません。
なんて言いつつ、全部欲しいなぁ。なんて思ったりも...

一部載せます。
ユーカリスミティ、ユーカリプタス
ユーカリラディアタ、ユーカリグロブルスユーカリスタイゲリアナ 、ユーカリレモンアイロンバーク
ユーカリブルーマリー 、ユーカリポリグラクテアユーカリスタイゲリアナ、、、
まだまだ続きますが、覚えられないでしょ?
まず私はカタカナに弱い(笑)
ユーカリがどうのこうの言う前の問題です(笑)
笑いでごまかす!(笑)(笑)

主なユーカリはユーカリグロブルス。
ユーカリと記載されているものは、ユーカリプタスが多く。
ユーカリグロブルス はユーカリブルーガムとも呼ばれ。
ユーカリディベス はユーカリペパーミントとも呼ばれ。
ユーカリレモン はレモンユーカリとも呼ばれ、シトリオドラのことでもあります。
わけわかりません。
呼び名は1つにして欲しい。

山田太郎さん。に例えてみます。
何かと出てくる名前です。
山田さん。と呼ぶ人。
太郎くん。と呼ぶ人。
太郎山田。と呼ぶ人。
山。と略す人。
名前とは関係のない呼び名で呼ぶ人。
このようなものでしょうか?

梨なら、幸水、豊水、南水新高、二十世紀、秋月、、、
こんなに種類があるけれど、梨は梨。
値段も味も大きさも匂いも何もかも違うけれど、梨は梨。
梨が好き!
梨の中でも幸水が好き!
〇〇県産の梨が好き!
このような感じでしょうか?

話をユーカリに戻します。
種類の多いユーカリですが、成分や効能、香りは異なってきますが、ユーカリの精油の共通点をご紹介します。
AICAで販売しているユーカリは、ユーカリプタスとレモンユーカリの2種類です。

【精油ユーカリの共通点】
・優れた殺菌、抗ウイルス、抗感染作用
・呼吸器系に働きかける
・気管支炎、咳、痰、咽頭炎、喉頭炎、副鼻腔炎、喉の不調などに最適
・風邪やインフルエンザ、発熱にも役立ちます

風邪やインフルエンザ対策はされていますか?
ユーカリやティートゥリーなどの抗ウイルス作用を持つ精油を拡散させ、予防しましょう。
自分のことは自分で守る!
私は今年も精油に守ってもらいます!

昔々はるか昔、ヨーロッパでは病院や教会にユーカリやローズマリーの葉を床に敷いていたそうです。
人々が歩く度に香りが漂い、その香り成分が殺菌作用になり、感染を予防していたそうです。
何年前だったかな?
私も玄関にユーカリの葉っぱをばら撒いていた時がありましたが、思ったほど評判が良くなく止めました。
ユーカリを踏みつけるのに抵抗もあったので....
ユーカリが枯れてきたらドライハーブにして飾るのですが、ポロポロ落ち始めると処分します。
数ヶ月前のドライユーカリでも手で擦ったり粉々にすると少し香ります。
すると袋の中で粉々にして香っては遊ぶので、なかなか片付けに時間がかかります。
もしくは、ドライユーカリの上に精油のユーカリを落として拡散させるのもおすすめです。


プレゼントにもぴったり♬
この時期、ユーカリをプレゼントされたら絶対に嬉しい♬
ポイント高いと思います♬

好きな話題になるとやっぱり長くなってしまいます。
ダラダラとグダグダといつも長文ですが、読んでくださりありがとうございます。

※ユーカリは刺激が強いですので血圧の高い方、てんかんをお持ちの方は控えましょう(相談ください)
※幼児の使用は控えましょう

|

« 妊娠中も上手にアロマセラピーを | トップページ | モミの木のお話 »

心と体」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妊娠中も上手にアロマセラピーを | トップページ | モミの木のお話 »