« 今月のウェルカムドリンク(2018.12) | トップページ | 感じる感性を持つこと(アロマボランティア) »

2018年12月 4日 (火)

文化・伝統・香りに触れる


無形民俗文化交流サミット
第60回。民俗芸能大会。
中国・四国各県が持ち回りで開催している歴史ある大会。

民俗芸能は、それぞれの地域の歴史や生活の中から生まれ、世代を越えて現在まで大切に守り伝えられてきた貴重な『地域の宝』となっておりますが、近年の社会情勢の急速な変化に伴い、過疎化・少々高齢化の進展による担い手の減少や地域の行事に対する人々の関心の低下などにより、地域によってはその継承が危ぶまれている状況であります....(ごあいさつより)

仕事の合間に少しだけ....




【徳島県の勝瑞獅子舞】
300年近い歴史があり、雄雌の獅子が蝶々に呼び起こされ、5つの曲名に合わせ、夫婦として成長していくストーリー。




【鳥取県の宇倍神社麒麟獅子舞】
中国の想像上の霊獣麒麟を思わせる頭部に角を持つ面長の獅子。
地を這うようにゆっくり頭を回したり、伸びたり、ひねったりする動作が特徴的。
確かに全体的にゆっくりしたテンポでした。
ジブリのもののけ姫が浮かんだり。

保存会の方々が最後言われていました。
300年程前から続いている舞を残したい。
後継者がいない。
獅子舞は神様に抱擁するもの。
存続の危機だったかなんとかぶり返した。
興味がある方は参加ください!と。

吉田みかんと同じだな。
と、宇和島市を思い出したり....

2つ観て退散(涙)
私のお目当は伊予神楽(1番上の画像)。
このポスターにもなっている方の舞がもう一度観たかったのです。
昨年の観月祭で、この方の舞に魅入ってしまい、なんとも言えない感覚でした。
もう一度観たい!
男性が舞っているとは思えない動きや仕草や艶が印象的でした。

この方が舞っている頃、私の指はお客様の頭で舞っておりました。
おっ。うまいこと言った?(笑)
頭と言うのはヘッドマッサージのことです。
頭でどうやって舞うんだ?
頭で舞うなら、背中で伸び伸び優雅に舞いたい!
舞ではないが細かな部分は好き!
と、1人つっこみ(笑)

そう言えば...
今年の10月、宇和島市三島神社の観月祭でこの方が私の後ろ座られていました。
あの伊予神楽を舞っていたお方なんて知りもしませんが、何か不思議な感覚があり、すると数名の方が『感動しました』『あの舞は素敵でした』『腰をひねる仕草は...』『また見たいです』などと声をかけられており、握手している方まで。

あっ!やっぱり!
あの時の人だ!と。
有名人に会えたようでちょっと嬉しくなったのでした。

一度観たこの方の舞う姿。
もう一度観たい!
大きな声では言えませんが、10月の時も伊予神楽がありましたが、全然違っていました。
すると記憶が蘇り、再び観たい気持ちが増し....
こんな風に思えるのって、すごい。
私のトリートメントもこんな風に思われたなら幸せにちがいない(涙)

また機会はあると思いますので、楽しみに待っておきます。
それまで私は私で舞っておりたいと思います。

太鼓や笛などの音?リズムが好き?
優雅に舞っている姿が美しい。
血が騒ぐ?
ちょっと緊張感ある空気が好き?
そんな感じです。

そしてどこからともなく甘さのあるフローラル系のいい香りが♪
これは女性だな。
上手に付けているな。
どんな人がつけてるのかな?
優しい雰囲気の人かな?
なんて気になり、席を立った瞬間に香りの元を捜す私。
あの人かな?なんて勝手に思いながら後にしました。
やっぱり香りっていい♪と。

会場はたくさんの人々で溢れていると思いましたので、喉や首まわり、小鼻に抗ウイルス作用をもつユーカリを。
そして、今回は伝統ある大会、宮司の方々も披露されると言うこともあり、神聖なるヒノキ、パイン(松)、サイプレスのブレンドを塗って出発しました。
神社風の香りを楽しみながら少しだけ伝統や文化に触れました。

私が菌をもらわないのもうつされないのも精油のおかげです♪






|

« 今月のウェルカムドリンク(2018.12) | トップページ | 感じる感性を持つこと(アロマボランティア) »

アロマテラピー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のウェルカムドリンク(2018.12) | トップページ | 感じる感性を持つこと(アロマボランティア) »