« 冬は黒色を意識しましょう | トップページ | 縁起がいい年女さま »

2019年1月28日 (月)

香りの『レモン』曲の『Lemon』


美しい涙。
ボランティアではいろいろな感情の涙を見受けますが、忘れられない涙がいくつかあります。
私の心に残っているベスト3の中の1つのお話をしたいと思います。

アロマトリートメントが初めての50?60?代の男性。
寡黙な感じで口数の少ないお方。
グダグダ精油の説明をするよりも馴染みのある香りがいいと思いレモンを手に取り嗅いでいただくと、目を閉じたまま『これは青々しい若いレモンの香りがします』と。
えっ?アロマ関係の方?香りに関する方?と内心ドキドキ。
マッサージ中も会話はなく....
すると数分後にす〜っと涙が....
えっ?痛い?どこか触ってしまった?何か言ってしまった?と不安になり、お声かけを。

するとこの方は料理人一筋。
下積み時代からずーっとレモンを切っては、お造りや様々な料理に添えていたそうです。

どれだけレモンを切ったことか....
嫌というほど毎日毎日レモンを切った....
その時と同じレモンの匂いがした。
懐かしい....
青々しいレモンの匂い。
一瞬で全てが浮かんだ。

すると。
もう一度 包丁を握りたい!
もう一度 料理がしたい!
と、再び涙を溢されました。

マッサージを終え、この方の奥様にいいタイミングでお会いし、ボランティア中のお話を少ししました。
奥様も涙を浮かべられ....
どうやら包丁を握るのは難しい様子。
ですが奥様は、
包丁とまな板を取りに帰ります!
教えてくれてありがとう!
主人の願いを叶えくれてありがとう!
と。
奥様も涙を流されていました。

『青々しいレモンもお忘れなく』
と付け加えると涙を浮かべながら満面の笑み。
指でグー!
そして走って行きました。

5年ほど前の話だと思いますが、とても心に残っていて、ふとした時に思い出すのです。
精油や果物のレモンを嗅ぐとこの方が浮かび、『美しい涙だった』としみじみ思うのです。

昨年は頻繁に思い出していました。
それは『Lemon』が関係しているからです。
1月末〜3月頃まで毎日毎日聴いていた曲が米津玄師さんの『Lemon』。
この曲は『あなたが死んで悲しいです』という自分の気持ちをただひたすら暴露する4分間の曲で、自分勝手な曲になってしまった。と反省されたそう。
デビュー曲から好きな米津玄師さんの『Lemon』がこんなにも絡んでくるなんて....
PVのダンスは『跳ねたテンポでバラードを。踊るように人の死を思う』と。

たくさん好きな曲はありますが『Lemon』は私にとって特別な1曲となりました。
1月末の大切な日には、レモンの精油を焚きながら『Lemon』をしっとり流すとします。
青々しいレモンの香りがするのか?
それとも苦いレモンの匂い?(By米津玄師)
さぁ、どっち?

美しい涙の男性ですが、どの部屋で、どんな配置で、ベッドの角度や流された涙など今でも全て鮮明に覚えています。
『美しい涙』だったからこそ、ここまで深く覚えているのかもしれません。
本人様からするといい涙ではないのかもしれませんが、私は『美しい』と思えました。
その後、スタッフの方から連絡があり、嬉しそうに包丁を握り、少しお料理されたと聞きました。

レモンを嗅ぐと、美しい涙を流された男性、私の大切な大切な人、そして米津玄師が浮かぶのです。

香りってすごい。
香りの記憶ってすごい。
そして、音楽の力ってすごい。
美しい記憶は大切にしたいと思います。

画像はレモンの石鹸です。
すごくいい匂い。
果物シリーズとお花シリーズが10種類ほどありますが、どれもいい匂いがしますのでおすすめです。
プレゼントにも喜ばれると思います。

レモンですが、感染症予防や空気の浄化に役立ちますのでどんどん拡散し、ウイルスから守りましょう。

|

« 冬は黒色を意識しましょう | トップページ | 縁起がいい年女さま »

アロマテラピー」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

素敵なお話、想像して胸が熱くなりました。
香りって、過去の記憶とつながってるものなのですね。分かる気がしました。目で見る景色や耳で聞く音とはまた少し違って、香りだけで全ての感情、映像、音が、自分自身までよみがえるような...。
だから、香りで癒されるのでしょうか...。

レモンの香りのおすそ分けをいただいて?!わたしもレモンティーでもいただこうかな。
ありがとうございます。

投稿: 悟空 | 2019年1月28日 (月) 21時16分

悟空さま

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
香りに関することですので、コメントもロングです(笑)

香りと記憶は密接な関係と言われています。
香りは本能や感情に直接作用し、嗅覚脳は本能の脳と呼ばれるほどです。
嗅覚脳にはたくさんタンスがあり、ある香りを嗅いだ瞬間、そのタンスの中からスルリと記憶が出され、頭の中で鮮明となり、映像として蘇るのだと思います。
これは音楽もそうです。

嗅覚以外の4つ(視覚・味覚・聴覚・触覚)は、いろんな経由で司令塔の脳に辿り着きますが、嗅覚だけは、一瞬でダイレクトに食欲や睡眠欲や性欲などの本能的な行動、喜怒哀楽などの感情を司る部位に行くのです。
ですから、香り(匂い)を感じた瞬間、脳にも伝わっていますから、感情やら行動やら何かしているのです。
香り(匂い)の情報を整理する場所(脳)と感情を司る場所(脳)が同じところですので、香りや匂いによって記憶や感情が呼び覚まされるようになっています。ですが、いい記憶や楽しかった記憶ばからではないのです。香りや匂いによって、辛かった記憶や悲しかった記憶も同じように鮮明に思い出されるのです。

ある匂いを嗅ぐとおばあちゃんを思い出す→おばあちゃんの雰囲気や全て思い出し、懐かしくなる。など。

悟空さんのレモンティーがいい香りで、ほっと休まり、美味しかった場合、来月なり、数年後にレモンティーを飲んだ時、今日の記憶が蘇るかもしれません。
その時、もしかするとレモンの香りが浮かび、美しい涙の男性まで登場するかもしれません。

す〜っと美しい涙でした。
どちらの目から溢れたかも昨日のことのように覚えています。

悟空さんもどんどん素敵な香りの思い出を作られてください。

投稿: AICA | 2019年1月28日 (月) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬は黒色を意識しましょう | トップページ | 縁起がいい年女さま »