« すごいぞ!スイートピー | トップページ | 精油の持つ力 »

2019年5月21日 (火)

宇和島市吉田町ボランティア⑩

U1

先週の宇和島市の美しい景色。

あれから10ヶ月。

街並み、風景、支援、活動、環境、ボランティアなどの状態も少しずつ変化している模様。

 

宇和島市吉田町は全国有数のみかん産地。

昨年の大豪雨にて土砂崩れが発生し、みかん農家は大きな大きな被害を受けました。

ですが、昨年の全国みかん収穫量では愛媛県は3位?

凄いぞ愛媛県!素晴らしい!

 

大規模な土砂崩れは今後、行政などの補助金?で復旧予定。

そうなると中規模?小規模?はまだまだ先?

どうにかならないのかな?

 

市や復興センター以外で、個人、団体でボランティア活動を立ち上げ、今も継続さているグループも増えているそう。

 

・土砂崩れした山々はまだそのまま

・大規模な土砂崩れ地区は山も家もあの時のまま

(危険すぎるため立ち入り禁止)

・個人宅はだいたい目安がついたのボランティアを希望されないところも多くある

・自宅や店舗などは専門業者への依頼で業者待ち

(県外から来てもらっているとか?)

など

 

【タクシーの運転手さんより】

今も遠方からも足を運んでくれていることにただただ感謝。

10ヶ月経過したが、ずっと活動をされている方々に感謝しかない。

宇和島に来てくれてありがとう。気をつけてね。

と。

 

満面の笑みで言ってくれた『ありがとう』。

この一言で頑張れます!

 

月日が流れるにつれ、少しずつ被災への何かが薄れているような....

また7月になったら『あれから1年』『今の被災地は?』などと涙を誘う報道や番組も増えるのかな?

きっと未だに報道もされず、被災したことさえも知られていない地区があるのだろう。

そう思うと偉そうなことは言えない。と反省。

 

【宇和島市地域支え合いセンター】

0895-52-3115

・室内清掃

・土砂除き

・家具、ごみなどの搬出

・家周りなどの清掃など

※個人で瓦礫(がれき)撤去や掃除などを希望されているお宅あり

※ボランティアに参加する場合は前もって連絡を

 

【JAえひめ南 みかんボランティアセンター】

0895-52-2939

・摘果作業を行なっていない農家さんもあるので電話で確認を

・1日、短期でもOK

 

もう宇和島は元どおり。

ボランティアは終了。

などと言うことも耳にしたり....

 

昨年7月、初めて参加した宇和島市吉田町の災害ボランティア。

その時の休憩中、ご年配の消防隊の方がある言葉をある場所(1番被害が強く、お亡くなりになられた方の地区)を見つめながら言いました。

 

『宇和島のボランティアに終わりはない』

と。

この言葉が今でも心に残っています。

 

『終わりはない』のかもしれませんが、自分にできることをやる!です。

 

被災された方々、被災しているのにボランティアに参加されていた方々はこの1年、どんな思いで過ごされてきたのでしょう?

長かったのか?

短かったのか?

精神状態は計り知れないと思います。

 

もっとも酷かった7月、8月は2日間続けて参加しました。

『頑張ろう宇和島』

熊本や福島、高知などの団体からの大きな垂れ幕?へのメッセージを見た時は、込み上げるものがありました。

熊本の団体が『自分たちの時、愛媛の人達が1番に来てくれた。今度は私たちが』と。

 

毎度ですが、宇和島市吉田町は私の地元のお隣ですのでこちらの記事ばかりです。

ボランティアに参加してみよう!

時間と気持ちと体力の余裕が今はある!

と言う時は、ぜひ、問い合わせを。

ボランティアに参加していただけるとありがたく思います。

今はボランティアをお休みしている日などもあるそうですので必ず確認されてください。

 

大州や野村はどうなってるのかな?

ボランティアは、とても気持ちいいです。

リセットできる場所?時間?のように思えます。

 

 

|

« すごいぞ!スイートピー | トップページ | 精油の持つ力 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すごいぞ!スイートピー | トップページ | 精油の持つ力 »