« 部屋にアロマを焚くとしたら?? | トップページ | スイカ »

2019年5月17日 (金)

お花を長持ちさせる

H1

お花を長持ちさせるには『腐らせないこと』が大切。
少しでも可愛く長持ちするよう。
毎日水換えしないといけない季節突入。
もう少ししたら2回かな?

この季節、玄関のハーブ達が満開で元気元気

リトルAICAガーデンです
ペパーミント、アップルミント、ハーブゼラニウム、ローズゼラニウム、ラベンダー、ローズマリー、タイム、パンジーなどみんなそれぞれ元気に咲いています。

 

紫陽花も大きな蕾をつけ。
あぁ〜。庭が欲しいなぁ。
お庭いっぱい植物を植えたいなぁ。
と、水やりをする時、毎回思います。

 

私の実家ですが、田舎ですので庭もたっぷりサイズ。

父が植物や園芸が好きでものすごい数の植物を植えています。

薔薇や多肉のための温室部屋を手作りで作ったり....

ラベンダー、ゼラニウム、ミント、カモミール、レモングラス、ルッコラ、ローズマリーなどもたくさんありますが、私の玄関先とは比べものにならない大きさと色と元気さ。

今なんて数種類の薔薇と芍薬が見頃。

実家が近ければ....摘めるのに....

と、いつも思います。

ですが、やはりお花屋さんは楽しい。

匂いも新鮮で嬉しい。

季節の植物がずらり。

時に季節先取りの時もあり、頭の中が一瞬惑わされますけど。

3月にはひまわりがありましたし(苦笑)

ついていけない....

H3

 お花屋さんで少し花を買い、そして自分のハーブ(緑)を添えたり。
ゼラニウムなどの小さなお花とミント類をその日の気分で飾ってみたり。
なかなか好きな時間です。

 

H2

【お花屋さんのワンポイント】

長持ちさせるには綺麗な水や水切りなどありますが、『綺麗な花瓶』を使うことも大切。

前回生けた後、水を捨てただけで乾かした花瓶は、意外と内側が汚れている。

その汚れが水に溶け込むと水の劣化が早まる。

・花瓶は必ず洗う

・新しいものに生け替える前にも花瓶の内側を洗う

・漂白剤などを使って汚れを分解

 

やっぱり植物のある生活はいい

AICAのお客様には、生花の先生、生花を習われている方、アレンジメントを習っている方などいらっしゃいます。

内心ドキドキ(笑)

 

毎回、生花の先生とのおしゃべりが楽しい

この方のご自宅もたくさんのお花を至る所に飾っているそう。

『季節の植物を生ける』を大切にされているそうです。

毎日の水換えや水切りはもちろんですが、嫌なことがあった時、頭の中がもやもやする時などは、全部の花瓶の花たちを生け替えるそうです。

集中している間に気持ちの整理ができるそう。

『植物はものすごい力』

『植物はなんでも知っている』と。

私も大事に生け替えしなければ!

植物、お花屋さんは最高の癒しです!

 

 

 

 

|

« 部屋にアロマを焚くとしたら?? | トップページ | スイカ »

心と体」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

季節のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 部屋にアロマを焚くとしたら?? | トップページ | スイカ »