« 加齢臭!デオドラント!サイプレス! | トップページ | 右の鼻の穴と左の鼻の穴の香りの違い »

2019年6月21日 (金)

ローズマリーは海の〇〇

A9a75c5396d649eeaa954d5d0472b3f8

ローズマリーのラテン名は『海のしずく』と言う意味があります。
淡いブルー、美しい紫色の海?
雫になるといい匂い?

私が心惹かれ、神秘的なお方は残念ながらローズマリーの香りが苦手でした。
1度もローズマリーの精油を使ったことはありませんでしたが、ローズマリーのような方でした。
(ローズマリーのハーブは◎)

ローズマリーは太陽のハーブだからかな?
月のようにしっとりされていた方だからかな?
中医学の【心の性質】の方、リセットしたい方、集中したい方にはローズマリーはおすすめです。

ローズマリーは『神秘の力を持つハーブ』とも呼ばれ、花言葉もたくさんあります。

【ローズマリーの花言葉】
①忠誠、献身、静かな力強さ、
②誠実、変わらぬ愛
③追億、記憶、思い出、私を忘れないで
④あなたはわたしを蘇らせる
※他にもありますが、今回は4つに分けてみました。

ヨーロッパでは今でも冠婚葬祭でローズマリーが大活躍。
ウェディングでは花嫁さまのブーケや冠に....
棺の中にもローズマリーを入れ....

魔除け?としてローズマリーを植えたり飾ったり....


ローズマリーは『海のしずく』

そんな中、『海の幽霊』という曲を耳にし....
またまた米津玄師さんが素敵な曲を出しました。
はじめて聴いた5月末、覚悟した前後でもあったので何度もリピート。
イントロがなくすぐ歌に入り、幻想的な楽曲とはもり?独特の歌詞に聴き惚れました。
私の曲だ....と勘違いしたほど。

6月某日、涙涙のアロマボランティア。
帰宅し、ちょっと落ち着いて音楽をかけると『海の幽霊』が流れてきました。

米津玄師は切ないなぁ。
私の曲だ....。
あの方の曲だ....。と。
タイトルは『海の幽霊』だけれど『海の雫』にも聞こえてくるようで、再び涙。

『Lemon』が流れてこなくてよかった。
『Lemon』だけは聞かないようにしよう、聞かないでおこう。と封印しております。
嗅覚と記憶は深いですが、聴覚と記憶も関係がありますので、いいのか?よくないのか?

酸っぱくて、苦くて、渋みもあり、ほんの少し甘いレモンですが【苦いLemonの匂い】は、さすがです。
この歌詞好きです。

そんな風に例えられるとローズマリーも同じ?
種類により香りは異なりますが、爽やか、やや癖のある強み、くっきり鼻につきますが、最後はほんの少し甘さがある。
ローズマリーはリフレッシュ!スッキリ!爽やか!ですが、2秒以降の香りは甘く優しく感じます。
私だけ?
米津玄師風に言うならば....
甘いローズマリーの匂い。です。
ローズマリーをテーマにして作ってくれないかなぁ。

話をレモンからローズマリーに。
『海のしずく』もですが、『聖母マリアのバラ』と言う意味もあります。

海、雫、マリア、バラ、神秘的、若返り....
そうなるとローズマリーは美しい女性ということ?
自己満足でしょうけど、1回でもローズマリーを使いたかったな。
もしかしたらローズマリーのことを好きになってくれたかな?
これもいい思い出?
ローズマリーの精油は使わなかったけれど、ローズマリーの話はよくしました。
大切に記憶にしまい、素敵な思い出として心にしまっておきます。
そして純粋に『Lemon』が聞ける日が来るように....

ローズマリーは記憶。
ローズマリーは思い出。
今回、いろいろな香りの表情や表現、違う顔、私の知らなかった一面などを知れたように思います。

こうやって教わっているのだろうな。
こうやって教えてくれているのだろうな。
と改めて気づきましたし、もっと精油(香り)を大切にしようと思います。

本日も大脱線。
はい。このお話は今回で終わりです。

ローズマリーでも香らせようかな?
最近特に集中力が欠けているので....
ローズマリーの強さを吸収しつつ、頑張ります!

長文ブログが続いていますが、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。














|

« 加齢臭!デオドラント!サイプレス! | トップページ | 右の鼻の穴と左の鼻の穴の香りの違い »

アロマテラピー」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 加齢臭!デオドラント!サイプレス! | トップページ | 右の鼻の穴と左の鼻の穴の香りの違い »