« 医療系プロジェクト〜最後まで衣食住を大切に〜 | トップページ | 加齢臭!デオドラント!サイプレス! »

2019年6月18日 (火)

大切な大切な6ヶ月。

E23e8e17b51a4532a0e4c5e0c2145d18

アロマボランティアのお話です。
今までで1番長文であり、はじめてのパターンです。
途中で止める?最後まで読む?自由です。


2019年1月。
素敵な素敵な方に出逢いました。
この方に出逢うために2018年の私があったのかな?
頑張った後のご褒美?苦しいことを乗り越えた後のメダル?そう思えるほど、大切なものをいただきました。
初対面のことは今でもはっきり覚えています。

少し悩みながら2種類の精油を選んだシーンもはっきり。

美しい人だな....お肌も指も仕草も綺麗だな....
あれ?どこかで会ったことある?と思った瞬間に『どこかでお会いしていますよね?会ったことありますよね?』と。
その後、回数を重ねるうちにお互いの経歴や住んでいた場所、よく行くお店や趣味などの話をしますが見当たらず。
自分の事をこんなにも話したのはこの方がはじめて。
みっちり関わった気がするのです。
いつだいつだ?どこだどこだ?
未だに謎は解けないままです。


出逢った瞬間から私はこの方に惹かれ、“この方のためにできることを全てしたい”“私にできる限りしたい”と心に火がつきました。

2週間毎、特別な月は毎週、この方のために通いました。
笑顔や穏やかなお顔が見られると嬉しくて。
しんどそうな時は心の中で祈り。
いろいろな相談を受け、心にしまってあった想いや悩みや願いなども話してくれ、スタッフも驚くほどでした。
これは精油(香り)の力です。

 

どんなにしんどくてもアロマだけは希望され....
今日は無理のようです。難しいかもしれません。アロマは止めた方がいいかもしれません。と言う日でもお部屋に通してくれ『しんどい。このしんどいのを取ってほしい』『少しでも楽になるアロマを使ってほしい』『マッサージではなくて手を握っていてほしい』と。
私の頭の中のほとんどがこの方だった6ヶ月。

 

ありがとう。
毎回アロマが楽しみ。
AICAさんが来る日は嬉しくて。
と、会う度に口数と笑顔が増え。
少しずつ心を開いてくれ、本来の笑みが増える度、嬉しくて仕方ありませんでした。
よし!私がお守りします!と心の中で。

 

上げの時、いつも小さな声で『気持ち良かった』と言われ、ほんの少し微笑んでくれます。

この言葉が聞きたいがために頑張っていたような?この笑みが見たいがために通っていたような?
久しぶりに顔も心も言葉も仕草も美しい方に出逢いました。
私の『女神さま』です。 

 

たったの6ヶ月。
10数回のアロマトリートメントですが、思い出?想い?が深すぎて、溢れてくる涙が止まりませんでした。
ボロボロボロボロ涙を流しながら最後になるであろうマッサージを。
今までに何度も泣きそうになりながらもアロマボランティアではグッと涙をこらえていましたが、さすがに今回は無理でした。
涙が止まらず。

 

通常はお一人30分、この方に関しては、私の希望が1番ですが、全スタッフの望みと期待と気持ちが一致し、毎回60分で、ありがたいことにたくさんのスタッフが私に任せてくれていました。

アロマボランティア歴8年6ヶ月。

こんなにも全てを捧げたのははじめてです。

ほんの少しでも役に立つならなんでもしたい。

頼みます。精油さま。

それほどのお方でした。

 

出逢った時から覚悟はしていました。

いつも“もしかするとこれが最後かもしれない”と言う気持ちでいましたが、『次は2週間後です』と満面の笑みで。

すると微笑みながら『はい。楽しみにしています』と私とカレンダーを交互に見たり。

“次も会える”と自分にも相手にも言い聞かせ。

この『2週間後』が目標となり、楽しみに待たれていたそう。

自分で言っておきながら私は毎回2週間ハラハラしていました。

 

とうとうお別れの時が来ました。

終わって欲しくない!

終わりたくない!

手を離したくない!

手を握りしめながら、頬に手を当て、頭をなで、肩をさすりました。

心臓がおかしくなり、喉が苦しくて言葉が引っかかり、思うよう伝えれなかったけれど、私なりの言葉をかけるとその都度、たくさんの反応を見せてくださり、そんな姿にご家族も驚きの様子。

懸命な姿、返事をしてくれる姿にますます涙が出て止まらず。

 

ずっと側にいたいですがいつまでもいるわけにはいきません。

私のこの方への時間は60分。

5分くらいに感じました。

泣いててはいけない....

笑顔をみせてあげないと....

と、思いながらも手を離した瞬間、再び涙。

もう止められませんでした。

こんなに辛いとは....

 

少し落ち着け、笑う準備を。

私が最期にかけた言葉は『また2週間後です』。

これしか浮かびませんでした。

 

すると、頷き、少し笑ってくれ、かすかに口元が動きました。

いつものように ふふっ。と笑ってくれたように私には見えました。

ご家族も『今、笑いました』『笑った』『AICAさんには笑うんだね』と。

 

美しい方には微笑みが似合います。

最期、素敵な微笑みが見られ悔いはなし。

 

帰宅中は雨。

泣きながら帰りました。

数時間後、ふわっと何かが起こりました。

何気に外を見ると雨も止んでおり、一箇所だけ沈む夕陽で空が紅く輝いていました。

 

心にぽっかり穴が空いたようで違うような?

やはり頭の中は未だにこの方で溢れていて....

私なりにやりきったので悔いはありませんが、寂しい?悔しい?と言う気持ち、ですが安心?感謝?思い出?の方が強く思います。

まったく実感ないのに不思議なことに数年経ったような感覚で、とても大切な時間、毎回幸せな60分、6ヶ月を過ごしました。

こう思えるなら最高?

 

『どこかでお会いしていますよね?』

謎は解けないままです。

 

娘さんが言いました。

母とAICAさんはきっと前世で過ごしていたのだと思います。

再び、母と出逢ってくれてありがとうございます。

私のマッサージはダメみたいで、母にはAICAさんでないといけないみたい。

と。

 

この方とはいろんな変更が重なり合って出逢いました。

そう思うといろんな人達が出逢わせてくれたのかもしれません。

 

今は頭の中ではなく、心がこの方でいっぱいの日々を送っています。

優しく微笑んだお顔、くすっと笑ったり、ふふっと笑ったり、口元に手を当て少し声を出して笑ったり....

思い出すのは笑顔ばかりなので救われます。

なんて言いながら寂しいし悔しいし辛い(涙)

 

この方は私にとって特別な方。

私だけの思い出としてそっとしまっておくつもりでしたが、先日の立川談春さんの独演会の時、最後に談春さんが師匠である立川談志さんにかけられた最期の言葉をお話しました。

 

この時、一瞬にして私の頭はこの方でいっぱいになり、私も話してみよう。と思ったのです。

 

そう言えば....

私はこうやってアロマをしてもらえてラッキーです。

こんなに気持ちいいなんて。

私よりもっと辛い人がいるはず。

少しでも気持ちいい時間をみんなにもあげてほしい。

と。

 

〇〇さん。

2週間後も4週間後も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 医療系プロジェクト〜最後まで衣食住を大切に〜 | トップページ | 加齢臭!デオドラント!サイプレス! »

心と体」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 医療系プロジェクト〜最後まで衣食住を大切に〜 | トップページ | 加齢臭!デオドラント!サイプレス! »