« 嬉しいお知らせ♡ | トップページ | 赤ちゃんの匂い »

2019年7月 7日 (日)

宇和島市災害ボランティア(12)

90557f2cba17497a8eb21193e75461ac
西日本豪雨から1年。

未だに手付かずのみかん山もあり。

みかん摘果ボランティアの休憩中、みかん農家さんがあの日のことをお話してくれました。

とにかくあの日はすごい雨。

警報がなり、アナウンスもあったが、聞こえない。

避難命令が出たので玄関を開けると目の前は濁流で身動き取れなかった。

公民館に避難しろ!と言われても90代の年寄りがおり、動くことができず、段差など抱えれず....

知人(みかん農家さん)、そしてみかん山が目の前で流され崩れた。

と。

山崩れした宇和島市のみかん山。
八幡浜市や伊方町からたくさんのみかん農家さんが
同じ仲間として助け合うため、ボランティア開始。
やはりプロでないとできなことも多々あり。
こちらはちょっと熱くなるものがありました。


2fede47b76a942ee975dd1ad6e4dfa80

西日本豪雨から4ヶ月後には愛南町の建設業者さんがボランティアに連日参加。

愛南町です!!

夕方のニュースで映され【愛南町】と言うのを載せたく撮りました。
少しでも役に立てれば!
助け合わないといけない!
と。

豪雨直後から建設業者が足りないため身動きとれない状態だったとか?
現在も一部は建設業者不足にてそのままだとか?
どうにかならないものでしょうか....


38523506b2df4cebbcbb0c0d154e87a7

昨年のみかん山摘果ボランティア。
急斜面が想像以上にきつくて、かなりの重労働でしたが、農家さんとのおしゃべりは楽しくて♪
何より、絶景の景色。
みかんのいい香り♪
何よりミカンが美味しい♪
農家さんが『おしゃべりしながらやってよ!』『こうやってボランティアさんが来てくれるときくらいは楽しい話をしたい!』と、おしゃべりしながら笑いながらの作業。
担当の農家さんが良い方で、色々なことを教わりました。
災害やみかんなどについて、何一つ知らない自分でした。

復旧に3年、5年?
苗が育つのに10年?
みかん農家を辞める人も出て来るだろう。
先祖代々受け継がれるみかん山をつぶすわけにはいかない。

ニュースで見たものをそのまま載せます。

【たま家】
玉津柑橘倶楽部が運営?
ボランティアの宿泊施設(ボランティアさんは無料)

まだまだボランティアさんが必要。
まだまだ人の力が必要。
二次被害を抑えるために今は土嚢を作るボランティアが優先になっており、すでに何万個も作ったがまだ足りない状態。

ボランティアに参加するにはまず問い合わせを。
・JA愛媛ボランティアセンター
・たまつ柑橘倶楽部

みかん農家のみなさま。
近いうちに行きます!

|

« 嬉しいお知らせ♡ | トップページ | 赤ちゃんの匂い »

旅行・地域」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嬉しいお知らせ♡ | トップページ | 赤ちゃんの匂い »