« シャンプーの香りと記憶 | トップページ | 『食』は、脳と腸と心? »

2019年8月25日 (日)

宇和島市吉田町ボランティア(13)

3b5e2381164142d6b1f84fc5b7ab65cb

宇和島市吉田町のみかん山です。
曇りですが葉っぱが濃い。
この青々しいみかん山も匂いもいいものです。

みかんはパワーフード!
柑橘の実もお花も枝もパワーある香り!
疲れている時、よどんでいる時、凹んでいる時、
心身を流してくれ、自分を取り戻せるかも?

2cc1bf521e9e4832899ca952508622fc

早くみかん食べたい!
今年も頑張ってみかん山ボランティアに参加して、そしてたくさん吉田みかん(宇和島産・愛媛産)を食べるぞ!
不思議なもので、昨年はじめてみかん山ボランティアに参加して以降、みかんを大切に食べるようになりました。
これはみかんに限らず、全部にしないといけないことではありますが、みかんは特別なものとなりました。

77425c3a19ef43b69adc362dae9daf2e

今年は宇和島をはじめ、南予地方は豪雨が多く、ハラハラ。
昨年、災害被害に遭われた方、あの豪雨被害を経験した方々はきっと恐ろしい記憶が蘇ったと思います。
実際に経験はしていませんが、後に自然の怖さを体験しましたし、未だに鮮明に覚えています。

災害ボランティア、みかん山ボランティア。
5月〜8月は『土嚢ボランティア』を求めていたようで市外、県外からもたくさんの方々が来られたそう。

復興に向けて頑張ってください!!
茨城県から『みかんボランティアセンター』に7月上旬、土嚢袋1,200届いた。とニュース。
涙腺が弱くなったので、ウルウル....

みかん山、みかん農園の土壌流出を防ぐための作っても作っても土嚢不足。
土嚢ボランティアが少ないことが大きな原因となったようです。

反省....
土嚢ボランティアには参加できず。
こちらはは知人が参加。
ひたすら土を袋を入れ、紐を結ぶ。
土嚢袋を段々畑に運ぶ。
この作業を永遠に....

この時も市外・県外からのボランティアが多く、いろいろな話をし、『行ってよかった!』『気持ちよかった!』と、目をキラキラさせ、たくさん現地の話をしてくれました。

わかるわかる!
あの空気や感覚が伝わりました。
何かを吸収した表情に私まで元気になれました。

私は昨年から何度か災害ボランティアに参加しましたが、土嚢袋の口を結ぶ(きつくしめる)のが下手。
確実に足手まといだったと思いますが、何度教わってもできなかったのです。
なんでだろう?
不器用すぎ?

消防の方々、災害の訓練に参加された方々は、一瞬で口を結び、たくさんの方に教えていました。
土嚢袋関係なく、いざの時にこの結び方は役立つし丈夫だから覚えておいたほうがいい!
そして周りにも教えてあげて!
と。

1回でできる人。
数回見てできる人。
私は個別に教えてもらったけれどなぜかできずで、笑われました。
すみません。

ボランティアにも得意・不得意があるようです。

4a7ef362e23243f0b73c78f1b8a39422

宇和島市の清々しいみかん山を見ると癒され、穏やかに輝いている海は安心します。
何事も起きませんよう。

ボランティアに参加してみようかな?と思われた方。
【宇和島市 ボランティア】で検索をされてくださいませ。

|

« シャンプーの香りと記憶 | トップページ | 『食』は、脳と腸と心? »

旅行・地域」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

季節のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャンプーの香りと記憶 | トップページ | 『食』は、脳と腸と心? »