« 立川志らくの落語は最高 | トップページ | 赤ちゃん(男の子の匂い) »

2019年8月 5日 (月)

夏は酸味&ぬめり食材

0b14801684e247a2bd4bdcebd06a19b2

夏の疲労回復のポイントは【酸味】【ぬめり】食材。

トマトが赤くなると医者が青くなる。
と言うことわざがあるほど たくさんの栄養素が
含まれるトマト。
ビタミンCが豊富ですので、疲れやすい、日焼する、ストレス、食欲のない時におすすめの夏野菜。

【酸味食材】
トマト、梅干し、レモン、柑橘類、お酢など

【ぬめり食材】
山芋、長芋、じねんじょ、オクラ、うなぎ、なめこ、明日葉など

ネバネバには、免疫強化など夏バテ防止に役立つ成分が豊富。
このネバネバの成分は、胃の粘膜の保護、免疫強化などの効果が期待でき、タンパク質の消化・吸収の働きを向上させまる働きがあるそう。
ネバネバが好きな方はどんどん食べましょう。

私はネバネバ食材が苦手ですので、酸味で防止します。

9c4109472e28492984456a4dbd97e373

ささっと簡単にトマトとお酢+ちょっと多めの黒砂糖。
歯ごたえ楽しみたいのでアイコに。
本当は湯剥きでしょうか?
面倒なので爪楊枝で穴を開けただけ。

この時期、疲れた時は甘酸っぱいものがおすすめです。
みかんやグレープフルーツなどの果物やジュースを摂取し、酸味を補いましょう。


B4aacfe14c5343adb6020a78814b8acf

いとこに教えてもらった刻んだらっきょうをトマトに乗せるだけ。
なかなか美味しいので、ぜひお試しください。

夏バテにはこれがいいよ!
この酸っぱさが好き!
などありましたら教えてください。

夏は【酸味】【ぬめり】食材がテーマかな?
中医学では【苦味】【赤色】食材です。

|

« 立川志らくの落語は最高 | トップページ | 赤ちゃん(男の子の匂い) »

心と体」カテゴリの記事

カラダのこと」カテゴリの記事

中医学」カテゴリの記事

季節のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立川志らくの落語は最高 | トップページ | 赤ちゃん(男の子の匂い) »