« 落ち着く秋色 | トップページ | しこちゅ〜ホールにて(桂小文枝襲名披露) »

2019年9月28日 (土)

竜胆(リンドウ)は優しい

A585ca18a5764ea4ba50cfde05ec869f

リンドウ。
時々、ん?とリンドウの臭いが気になる事があります。
花自体に匂いはないはずだが....

リンドウの花の中に溜まる水のせい?
色の濃いリンドウは臭うことがある?
調べてみるもはっきりは分からず。

リンドウのこの青色、青紫色を竜胆色(りんどういろ)と呼ぶそう。
竜の胆(胆嚢)の色?
一瞬止まる。

古代エジプト時代から漢方として知られていた竜胆ですが、現在でも漢方として使用されており、リンドウの漢方としての効用は解熱作用や消炎作用があるそう。

大切な方にお供えでお花を贈りました。
数種類お花の希望はしたのですが数本リンドウも。
『あなたの悲しみに寄り添う』と言う花言葉もあるそうで、お花屋さんが選んでくれていました。
馴染みのお花屋さんでしたので『AICAさんの想いを込め届けました』と。
言葉はなくとも植物にはこのような力があります。
そしてお花屋さんには感じる心が....

先月はお見舞い。
お相手のことを伝えアレンジしてして頂くと、そこにもリンドウが。
リンドウ(漢方薬として)は身体の悪い所を治し、病に勝つための手助けをしてくれる。
もう1つの〇〇は少しでも明るい気分に。
と。
お花屋さんってすごい!と感心しました。

今更ですが、【お花を贈る】【お花を届ける】と言う意味も含め、植物の力を知りました。

敬老の日。
あるデパートの一角で『敬老の日にリンドウを贈ろう!』と。
リンドウのお花の形をしたお饅頭(ほぼあんこ?)が並べられてありました。
なぜリンドウ?

紫色は高貴さを表す。
生薬としてリンドウの根が使われていたので、身体の悪い所を治し、健康を願って。
と。

リンドウって優しい植物?

8月末〜現在、長持ちするのでリンドウをよく生けています。
さほどリンドウは好みでなかったのですが、この数日、リンドウの良さが少しわかってきたように思います。

【代表的な花言葉】
悲しみを切り開く(色により異なります)

【お誕生日】
9月23日

今月はリンドウを綺麗に生けるとします。
やはり薄い色が好み。
私が下手なのか?
ほとんど開花させることができません。

あっ。リンドウのお香があったはず。
久しぶりに焚いてみます。





|

« 落ち着く秋色 | トップページ | しこちゅ〜ホールにて(桂小文枝襲名披露) »

心と体」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

季節のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 落ち着く秋色 | トップページ | しこちゅ〜ホールにて(桂小文枝襲名披露) »