« 体も心もあたたかく | トップページ | 腰痛にも精油 »

2019年9月24日 (火)

植物の力を(熱・のど・鼻に)

A889bc6b2b104e8290f75a4aefbb49bb

忘れないで!
北風吹いたらルルよ〜!
ねつ のど はなに ルルが効く♪
By有村架純ちゃん

忘れないで!
北風吹く前から精油よ〜!
ねつ のど はなに 精油がいい♪
By AICA

精油は香りを楽しむだけではありません。
植物から抽出した香りの成分には、さまざまなパワーが秘められています。
植物には人間と同じように自分を守る力をもっており、その中でも【抗菌・抗ウィルス作用】が得意と言われています。
本格的な風邪シーズンになる前にアロマを上手に活用しましょう。

【ねつ】
●ペパーミント●ベルガモット●レモン
ラベンダー、ユーカリなど

【のど】
●ティートゥリー●ユーカリ●サイプレス(痰)
ペパーミント、ラベンダーなど

【はな】
●ペパーミント●ハッカ
ローズマリー、ラベンダー、ユーカリなど

【はな・のど ハーブティー】
エルダーフラワー

【はな ハーブティー】
ジャーマンカモミール

エルダーフラワーやジャーマンカモミール、レモンバーム、ペパーミントなどは風邪の初期症状に役立ちます。
風邪が流行る前から飲まれることをおすすめします。

そしてエキナセア。
インフルエンザや風邪の季節に、体内の免疫システムを高めてくれる頼りになるハーブです。
こちらも早め早めに飲み、体内を整えおきましょう。

夜はグッと気温が下がり始めました。
首元、足首、お腹を冷やさないよう、ゆっくりハーブティーを飲み、体をあたため、植物の力を届けましょう。

風邪をひかない!
インフルエンザにならない!
と言う強い意思も大切です!

予防と回復には精油を。
体質改善にはハーブティーを。

画像は、ジャーマンカモミールです。

お茶屋さんやネットで購入できますので、気温が下がり始める前から備えましょう。

|

« 体も心もあたたかく | トップページ | 腰痛にも精油 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

カラダのこと」カテゴリの記事

季節のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 体も心もあたたかく | トップページ | 腰痛にも精油 »