« 椿神社 五色の神域 | トップページ | 微笑ましいラブラブ♡(アロマボランティア) »

2019年11月10日 (日)

精油を用いて体をあたためる

5c3f92538ea446aeb3f4fa3ff2ca38b4

日中はあたたかいのに朝晩の冷え込みが強い。

この寒暖差で体調を崩されている方が多いです。

・風邪ではないのに鼻水が出る
・夜になると咳が出る
・アレルギーはないのにくしゃみが出る


風邪や花粉症のような症状に似ている?
寒暖差による不調→『寒暖差アレルギー』と呼ばれるものかもしれません。


【寒暖差アレルギー】
・熱はない
・咳、鼻水、鼻づまり、くしゃみ
・頭痛、疲労感、時に蕁麻疹など


寒暖差が激しいと自律神経の乱れでアレルギーではなく【7度以上】の気温差で発症しやすいそうです。
(耳鼻科医より)


寒暖差が【5度以上】になると自律神経のバランスが崩れやすく、【7度以上】で対応できない。と聞いたことがあります。
この【寒暖差】を甘くみてはいけない。


●首元を冷やさない
●手先足先はあたたかく
●マスクであたためつつ、風邪予防
●あたたまるものを食べる
●入浴でじっくりあたたまる(シャワーのみは×)
●軽い運動やストレッチ


そして精油です!


【あたためる働きの精油】
マージョラム、ユーカリ、ローズマリー
ジンジャー、シナモン、ブラックペッパー
オレンジ、レモン、ゼラニウム、サイプレスなど
※入浴の場合、柑橘系は3滴ほどに


【自律神経のバランスを整える精油】
カモミール、クラリセージ、ゼラニウム、ラベンダーなど


じっくり湯船に浸かっていますか?
身体を芯から温め、体も心もリラックスすることで血液循環や代謝の向上にもつながりますので、精油を上手に用いましょう。


時間や気分に余裕のある時は、湯船でフェイシャルマッサージやパックなどいかがですか?


今の季節、AICAさんはどんなケアをされていますか?と数名の方に聞かれました。


【朝】※風邪予防として
今はゼラニウムが好きですので、少量のキャリアオイルにゼラニウムを数滴垂らし、化粧水(クリームや乳液でも可)を混ぜ、喉〜首元〜デコルテに塗っています。
ゼラニウムの香りが心地いい♪
女性ホルモンたりないのかな?(笑)


【夜】※風邪予防として
ティートゥリーは必ずです。
ティートゥリー単品、ティートゥリー+〇〇をやや濃度高めにして、喉〜首元〜デコルテ、肩に塗っています。
そして寝る直前にティートゥリー原液(1〜2滴)を喉に塗り込み→耳下腺に塗り込み→余った分を小鼻や鼻筋に塗り込んでいます。
そして、ベッドサイドにはティートゥリーを置いています。
私は喉からきますので、喉に違和感があった時、直ぐに塗るためです。


精油を扱っているからには風邪をひくわけにはいきません!
インフルエンザにかかるわけにもいきません!


毎年たくさんのお客様に『AICAさんは風邪ひかないね』『インフルエンザや風邪は大丈夫ですか?』と。
はい!精油のおかげです。
そして冬場はハーブティーに助けてもらっています。
〇〇は風邪はかない?(笑)


みなさま。
体と心はあたたかく。
首元を冷やすことなく。


寒暖差アレルギーも風邪症状も体質もお一人お一人異なりますので、おすすめする精油ももちろん違いますので、ご自分に合った精油を使いましょう。



※おすすめした精油ですが、妊娠中の方、授乳中、血圧が高い方など控えた方がいいものもありますので、必ず相談ください

|

« 椿神社 五色の神域 | トップページ | 微笑ましいラブラブ♡(アロマボランティア) »

心と体」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

カラダのこと」カテゴリの記事

季節のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 椿神社 五色の神域 | トップページ | 微笑ましいラブラブ♡(アロマボランティア) »