« お誕生日にアロマ全身プレゼント | トップページ | 朝粥でぽかぽか »

2019年12月 9日 (月)

ライオンのおやつ

Db989ce725d64472b315912b37f6cbcc

数ヶ月前この本を知り、やっと購入。
小川糸さんの『ライオンのおやつ』

誰にでも訪れる死。
死ぬことは怖くないんだよ。
と言う作者からのメッセージがつまった温かな1冊。

読むのもですが理解するのに時間のかかる私ですが、す〜っと色々な言葉や表現が入ってき、とても読みやすい。
主人公(作者)の言葉や想いがすらすら・すいすい、小川さんの言葉や単語、例えが柔らかく、怖いとされている死が優しく描かれた命の物語で、想像できやすい。ではなく、目の前で見ているかのようです。

『ライオンの家』と言う名のホスピス。
そこにリクエストのおやつの時間があります。
ご飯ではなくおやつだったことに驚き?惹かれた?のも理由の一つ。

最後に食べたいおやつは何ですか?

ご飯はもちろん美味しいですし、たくさん食べたいですが、おやつはおやつで美味しく楽しく思い出があります。
ご飯よりもおやつの方が笑顔率と幸せ度が高いように思います。

33歳でガン→抗がん剤→治療も虚しく命が尽きようとしている....
余命を告げられた若い主人公の心温まる話。

驚くほどにいろいろな場面でアロマボランティアと重なるので、ついつい手を止めてしまいなかなか進まず....
不思議なことに、アロマボランティアで関わった方々が言われた言葉、表現がいくつもそのまま出てきて....
そうなると一瞬にして蘇えり、うるっとなってみたり、懐かしく思い浮かべてみたり....
あぁ....
懐かしいなぁ。
繋がっているのだなぁ。

アロマセラピー、アロマオイルと言う言葉を目にした時、とても嬉しかった。
珈琲の香り、香ばし〇〇の香り、柑橘の爽やかな香り....
いろいろな香りが出現し、より想像力が増す?

この言葉→あのおばあちゃんが言ってたな。
この表現→あのおじいちゃんが言ってたな。
あの人も珈琲が好きだったな。
あのおばあちゃんはニックネームで自分のことを呼んでたな。
あの人は私のことを別名で呼んでいたな。
本に書かれていた作曲家の曲を聴きながらマッサージしたな。
あの方も同じことを言ってたな。

あまりにも似ている部分が多くて驚き....
驚きではないかな?何だろう?

本の中のプロのイラストレーターさんの言葉。
仕事の依頼で絵を描くより、似顔絵ボランティアの時の方がよっぽど緊張します。

わかるなぁ。わかります。私も同じ。
AICAのお客様の施術より、アロマボランティアの時の方が緊張?します。
ちょっと違う汗とどこかの神経が敏感になる感じです。
このイラストレーターさんが実在するのなら、少し話をしてみたいな。と思ったほど。

素敵な感動作に出合えました。
そして改めて大切な方々を思い出すことができ、大切なことを知らせてくれました。

もしも『ライオンの家』が実際にあるとしたら、勤めたい。
スタッフ募集していなかったら、ここでもアロマボランティアしたい。
専属のアロマの方がいるなら、珈琲や紅茶、ハーブティーを出したい。
もしも、もしも私が大富豪ならば『ライオンの家』のような場所を作りたいかも。
欲張って山も海も両方楽しめる場所に建設して、その時は私の大切な仲間を集め、あの人とあの人をリーダーにして、心ある施術者に来てもらい、木の温もりある建物にして植物や果物の木をたくさん植えて、いろんな犬種の犬を飼って....
月に数回、あの方にご馳走を作ってもらって、あの人たちにピアノや三線を弾いてもらって....
定期的に落語会と漫才会を開催して....
いつもいろいろな香りを漂わせて....

これ最高!
こんなことを妄想するから、そりゃあ進まない(笑)
気になったページは巻き戻して読む。

人生の最後に食べたい“おやつ”は、なんですか?

私は選べません。
その時は、苦手なおやつを伝えて、それ以外のものとさせて頂こうと思います。
主人公が最期に希望したおやつは、私の大好物でした。
ちょっと嬉しかった。

最後、匂いで締めくくられていて、とっても誇らしかったです。
アロマセラピー、香水、フレグラスなどの方ではないのに、たくさん様々な場面で『香り』『匂い』が登場していましたので、より満足でした。

ついつい大切なことを忘れてしまうけれど、この本はそんなことを気づかせてくれるあたたかな一冊だと思います。
そしてより一層、アロマボランティアを大切にしよう。と思い、胸がいっぱいになりました。
もちろんAICAもです。





|

« お誕生日にアロマ全身プレゼント | トップページ | 朝粥でぽかぽか »

趣味」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お誕生日にアロマ全身プレゼント | トップページ | 朝粥でぽかぽか »