旅行・地域

2018年12月 4日 (火)

文化・伝統・香りに触れる


無形民俗文化交流サミット
第60回。民俗芸能大会。
中国・四国各県が持ち回りで開催している歴史ある大会。

民俗芸能は、それぞれの地域の歴史や生活の中から生まれ、世代を越えて現在まで大切に守り伝えられてきた貴重な『地域の宝』となっておりますが、近年の社会情勢の急速な変化に伴い、過疎化・少々高齢化の進展による担い手の減少や地域の行事に対する人々の関心の低下などにより、地域によってはその継承が危ぶまれている状況であります....(ごあいさつより)

仕事の合間に少しだけ....




【徳島県の勝瑞獅子舞】
300年近い歴史があり、雄雌の獅子が蝶々に呼び起こされ、5つの曲名に合わせ、夫婦として成長していくストーリー。




【鳥取県の宇倍神社麒麟獅子舞】
中国の想像上の霊獣麒麟を思わせる頭部に角を持つ面長の獅子。
地を這うようにゆっくり頭を回したり、伸びたり、ひねったりする動作が特徴的。
確かに全体的にゆっくりしたテンポでした。
ジブリのもののけ姫が浮かんだり。

保存会の方々が最後言われていました。
300年程前から続いている舞を残したい。
後継者がいない。
獅子舞は神様に抱擁するもの。
存続の危機だったかなんとかぶり返した。
興味がある方は参加ください!と。

吉田みかんと同じだな。
と、宇和島市を思い出したり....

2つ観て退散(涙)
私のお目当は伊予神楽(1番上の画像)。
このポスターにもなっている方の舞がもう一度観たかったのです。
昨年の観月祭で、この方の舞に魅入ってしまい、なんとも言えない感覚でした。
もう一度観たい!
男性が舞っているとは思えない動きや仕草や艶が印象的でした。

この方が舞っている頃、私の指はお客様の頭で舞っておりました。
おっ。うまいこと言った?(笑)
頭と言うのはヘッドマッサージのことです。
頭でどうやって舞うんだ?
頭で舞うなら、背中で伸び伸び優雅に舞いたい!
舞ではないが細かな部分は好き!
と、1人つっこみ(笑)

そう言えば...
今年の10月、宇和島市三島神社の観月祭でこの方が私の後ろ座られていました。
あの伊予神楽を舞っていたお方なんて知りもしませんが、何か不思議な感覚があり、すると数名の方が『感動しました』『あの舞は素敵でした』『腰をひねる仕草は...』『また見たいです』などと声をかけられており、握手している方まで。

あっ!やっぱり!
あの時の人だ!と。
有名人に会えたようでちょっと嬉しくなったのでした。

一度観たこの方の舞う姿。
もう一度観たい!
大きな声では言えませんが、10月の時も伊予神楽がありましたが、全然違っていました。
すると記憶が蘇り、再び観たい気持ちが増し....
こんな風に思えるのって、すごい。
私のトリートメントもこんな風に思われたなら幸せにちがいない(涙)

また機会はあると思いますので、楽しみに待っておきます。
それまで私は私で舞っておりたいと思います。

太鼓や笛などの音?リズムが好き?
優雅に舞っている姿が美しい。
血が騒ぐ?
ちょっと緊張感ある空気が好き?
そんな感じです。

そしてどこからともなく甘さのあるフローラル系のいい香りが♪
これは女性だな。
上手に付けているな。
どんな人がつけてるのかな?
優しい雰囲気の人かな?
なんて気になり、席を立った瞬間に香りの元を捜す私。
あの人かな?なんて勝手に思いながら後にしました。
やっぱり香りっていい♪と。

会場はたくさんの人々で溢れていると思いましたので、喉や首まわり、小鼻に抗ウイルス作用をもつユーカリを。
そして、今回は伝統ある大会、宮司の方々も披露されると言うこともあり、神聖なるヒノキ、パイン(松)、サイプレスのブレンドを塗って出発しました。
神社風の香りを楽しみながら少しだけ伝統や文化に触れました。

私が菌をもらわないのもうつされないのも精油のおかげです♪






| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

季節や色の移り変わりを楽しむ




こちらは、お寺。
緑色×黄色×赤色にテンションアップした私です。

赤色は紅葉。
黄色は銀杏。
単純にこのように思っていました。

紅葉や黄葉するものの中には、徐々に色が変化するものもあり。
季節の移り変わり、色の移り変わりを感じるのはいいことだと思います。
所々、冬を感じさせる木々もあり、秋冬を同時に楽しめ得した気分になったり。


みなさんは、何色の紅葉が好きですか?
紅葉は赤色(紅色)とインプットされていましたが、こうやってみると黄色の方がいいかも。なんて。

年末に向けすでにバタバタされている方、休みなく走っている方、残業続きで自宅でも仕事をされているも多いと思います。

忙しい日々にも、慌ただしく気忙しい時にでも、景色の変化に気がつけ、少し立ち止まって肩の力を抜き深呼吸する。
ほんの数秒。ほんの数分。

心に余裕を....


落ち葉の上をサクサク歩いて満足の私♪


拾ってみました。
どの色も好きです。
同じ黄葉でも黄色とからし色とあり不思議。

AICAブログの中で、景色や木々、植物が好きと言われる方がいらっしゃいます。
いかがですか?
癒されましたか?

忙しい時こそ、余裕がない時こそ。
一歩立ち止まって自然に触れる時間を設けましょう。



| | コメント (0)

紅葉で自分を癒す




まつやま神社の紅葉。
やっぱりこの季節が大好きです。
神社独特の空気やひんやり感、匂いが好きです。
鼻の奥がすっきりし、全身気持ちいい。
大きな木々を眺めるのも好きですし、下から見上げるのも好き。
清々しい。

神社はアロマセラピー。
たくさんの樹木や草木の香りに溢れています。

紅葉は、もともと『もみち』と呼ばれていたと言われています。
秋に草木が赤や黄色に変わることを『紅葉つ・黄葉つ(もみつ)』と呼び、もみつ→もみち→もみぢ→もみじ。へと変化したとのこと。




昔は『黄葉』と表記されることが多かったそうですが、日本では【赤色はおめでたい色】とされたため、【紅葉】のことを【もみじ】と言うようになったそうです。

紅葉は迫力もあり素敵ですが、色素が抜けていく緑色も好き。黄色も好き。
全て紅葉(紅色)だと怖いような....

12月になりましたが、秋が感じられて嬉しい♪
空気もいい。
まだまだ秋の匂いなので、もう少し秋を楽しもう♪

頭もすっきり!
頭痛持ちの方、頭が重い方、もやもやしている方など、神社の気持ちいい空気を吸い込むと頭が軽くなるかもしれません。

心もすっきり!
心が沈んでいる時、心がもやもやしている時、疲れている時、気忙しい時など、たくさんの木々の香りを吸い込むと胸も開きすっきりするかもしれません。
自然と心が落ち着き、気が癒されます。

自分を癒せるのは自分だけ。
と、私は思っています。


| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

宇和島市吉田町ボランティア⑨


急傾斜地が9割を占める吉田町のみかん山。
直に注がれる太陽と海の恵みと農家さん達の想いで育まれた【吉田みかん】
爽やかな香り。
みずみずしい酸味と甘みが◎


一つずつ摘果するのですが私と友人が、
いい匂い〜♡癒される♡なんて言ってると農家さんが
『匂いなんてせんで!皮も切りよんじゃないかね?』と。
あっ(苦笑)
切っていなくても、みかんや枝からほのかに柑橘の香りがふわふわと。

これぞアロマセラピーだ!
まさに大自然のアロマセラピーだ!
みかん王国最高です!

精油を抽出する時は、3パターンほどありますが、柑橘類は【圧搾法】と言って、そのままですが搾って抽出する方法です。
柑橘類の果皮の表面にあるつぶつぶの中に蓄えられています。
実ではなく【果皮】を使用します。
柑橘類の皮を剥いだ時、つぶつぶが弾けていい香りしませんか?
それが精油の元です。
機械のローラーを使って圧搾し、遠心法で分離されています。
昔は手で果皮を搾っていたとか?


とれたてみかんの皮を剥ぎ、指に香りがつき、それを嗅いで喜ぶ。
あれだけ精油を嗅いでいるけれど、やっぱりいい香りはどれだけ嗅いでも嬉しい。
みかん(柑橘)と木々(樹木や枝)の香りに癒されながら摘果作業。
ボランティアもいいけれど、アロマセラピーは素晴らしいな。と再確認。

段ボールにたくさん入っているみかん達。
それは農家さんお一人お一人の丁寧な仕事と愛情があるから品質がいい!
美味しいはずです。
実際に農家さんのお話を聞き、体験すると、今までのみかんとはひと味違った目で見、味も格別。

吉田町のみかん栽培を支えているのは60代の方々が中心ですが、後継者もいるようで安心しましたが後続者がいない地区も多々あるそうです。
1年間のうちの数日になりますが、また機会があれば参加したいと思います。
違う世界を見る。
違う世界を知る。
そしていい人達に出会う。
心が洗われる。
刺激を受ける。
当たり前ではないことを知る。
役に立っているのか?足手まといになっているのでは?は分かりませんが、私なりにやっていこうと思います。
友人ともまた参加しよう!と。


ブログを読んでくださっているお客様からは、
・みかん山のボランティアお疲れ様でした
・みかん山の話を聞かせてください
・転んだり滑ったりしませんでしたか?
と。
そして、私達が摘果した吉田みかんを数個ですが、お土産としてお渡ししています。
・この中にAICAさんが摘んだのがあるのですね?
・大事にいただきます
・どれがAICAさん?
・サインしといたらAICAさんの!ってわかりましたね
・もったいなくて食べれません
と。
みんな可愛いな♬
吉田みかん。たくさん食べてください♬

情けないことに全身筋肉痛です。
翌日は首、肩、腰、太ももが痛い。
翌々日は太ももと足裏が痛く重い。
これは踏ん張っり、足場の悪い山道を何往復も歩いた証拠です。
みかんを落としてはいけない!と腕にも力が入っていました。

みかん山に登る前にストレッチや準備運動などしとけばよかったかな?なんて。
運動は苦手ですし、好きではないので....
誰もが認める運動不足ですし、運動音痴(笑)

みかん山は激しい運動。
滑っては危ないと身体の筋肉がこわばり。
乳酸のしわざかな?
当日、アロマオイル塗って寝る予定が思いの外、疲労でアロマオイルのことなど頭になく。
翌朝目覚めた時、しまった!と。

【私が塗った急性筋肉痛ブレンド】
ペパーミント(寒いから1滴)、ローズマリー
レモングラス、レモンユーカリ
しっかり塗り込みました。

【筋肉痛におすすめの精油】
ジュニパー、ユーカリ、レモンユーカリ
レモングラス、レモン、ローズマリー
マージョラム、ラベンダー、ペパーミントなど

足裏で踏ん張ったせいか?
足裏が重く、老廃物が溜まっている様子。
レモングラスとジュニパーは高濃度にして塗り込むとしよう。
みかん山のボランティアをしたのだから、やっぱりオレンジもブレンドしよう。
ちょっとだけオレンジの精油が特別なものになりそうです。


収穫する農家さんやお手伝いをしてくれていた人達の数が今年は一気に減ったそうです。
かなりかなり微力ですが、これからも何かしていこうと思います。
と言いつつ、友人と『全身筋肉痛』『体幹痛い』『翌日よりひどい』などとやりとりしたり(笑)

また参加しよう!
違う世界をみよう!
宇和島を応援しよう!
私達にできることをできる時にしよう!と。

吉田町みかん山ボランティア募集中!
12月9日(日)までの土日のみです。
送迎バスもあります。
【吉田町みかん山ボランティア】で検索を。

宇和島市は私の地元のお隣ですので、いつも宇和島市の記事ばかりです。
ご了承ください。





| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

宇和島市吉田町ボランティア⑧


休憩しようや〜。
お茶でも飲もうや〜。


珈琲とレモンはどっちがいい?
と言いながら、カゴに上手にカップを引っ掛け、手際よくみんなのお茶の準備を。
お菓子も食べてよ。
おやつまでありました♬

みかんは好きなだけ食べてよ〜。
ここの畑は1番高い場所にあるから甘いよ〜。
21世紀でも極早生みかんでも何でも食べてよ〜。

最高♬
一瞬、ボランティアを忘れ、ピクニック気分になっていた私です♬
絶景を眺めながら、いい日差しを浴びながら、最高に美味しいとれたてみかんを食べながら、レモン茶を飲む。
贅沢なティータイムです♬
のんび〜りとした温かい空気でした。

昔は、みかんを収穫したらしばらく寝かせて酸味を取っていたが、温暖化の影響か?
この10年ほど、酸味がなくなり、甘みが増し、すぐ食べれるようになったそう。
そして今年は寒暖差が激しかった影響で、みかんの色が濃いそう。

いろんな話を聞きながら、みかんをいただく♬
とても有意義な時間でした。
心身リフレッシュ&リラックスできた1日となりました。
ボランティアに参加して良かった。と改めて感じました。


まだまだあります。
頑張りました。
摘果した吉田みかんは、東京へと運ばれる予定だとか?


なんと。
農家さんが、私達1人ずつに段ボールいっぱいのおみかんをくれました(涙)

ありがとう。
今日は本当にありがとう。と。
別れが寂しくなるほど楽しかった時間で、なんとも言えない気持ちになりました。
私達がお礼を言いたいほどです。
素晴らしい体験、素敵なお話、生の体験談、美味しいティータイム。
ありがとうございます。


こちらの吉田町みかん♬
お手入れの後のデザートタイムの時にお出しします♬
私が摘果したおみかんもあります(笑)

今年の吉田みかんは格別甘く美味しいです。
食べましたか?
たくさん食べましょう。

みかんボランティアを募集しています。
12月9日(日)​まで。土日のみ。
【みかんボランティア】で検索を。




| | コメント (0)

宇和島市吉田町ボランティア⑦


みかんの産地である宇和島市吉田町。
みかん山ボランティアに参加してきました。
7月の豪雨で宇和島市、そんな中でも吉田町は大規模な土砂災害に見舞われ、みかん畑ごと土砂崩れし、流された山が多々ありました。

・農道やモノレールの寸断
・スプリンクラーやモノレールの破損
・農業器具の破損
・ご自宅が被災された農家さん

みかん山に行きたくとも行けず。
農家さん達も被害に遭われ。
中にはご自分のみかん山を後回しにし、被災されたご自宅の土砂集めや炊き出しのボランティアに参加していた方々もいたそうです。

みかん山どころではなかった!
みかんの管理ができなかった!
と。

50名ほどのボランティアが参加し、4〜5名のチームで各農家さんの指示に従いみかんを摘果します。
私達の担当の方のみかん山も一部土砂崩れし、スプリンクラーが埋もれ、2ヶ月後にやっと顔を出したが使い物にならず。
モノレールのエンジントラブルで山に登れなかった時期もあったそうです。


みかん山は、想像を超える傾斜。
急斜面に見渡す限り広がるみかん農地。
登りはモノレールに乗せてもらったのですが、ちょっとテンションが上がってしまい、はしゃいでしまいました♬


当たり前ですが、見渡す限り、みかん♬みかん♬
晴天で空も青く、海はキラキラと輝き、景色も空気も最高に気持ちよく、みかんのオレンジ色と葉っぱの緑色も鮮やか。
みんなで和気あいあいおしゃべりしながら摘果しました。

みかん、枝のほのかな香りに癒されながら頑張って摘果。
楽しいかも♬

農:これ見てみて!カメムシがみかんの汁を吸った後よ。
私:えっ?カメムシが汁すうの?
農:ほれ。緑色になっとるやろ?
私:ほんと〜
農:皮を剥いでみ。
するとその部分は、汁がなく乾燥していました。

農:カメムシにおしっこかけられたら火傷するで
私:またまた〜
農:ほんまで〜。カメムシのおしっこが皮膚に当たったら大変で
私:初めて知りました。カメムシがおしっこ?
農:そんなことも知らんのかね?
私:はい(笑)
農:カメムシ甘くみたらいかんで〜

いろんな話をしながら摘果します。
イノシシは、落ちているみかんは一切食べないそうで、その中でも美味しい種類のみかんを食べるそうです。
イノシシは美味しいものを知っている!って事??

幼少期から当たり前に実家にはみかんが山のように入ったダンボールがたくさんあり、みかんがある生活が当たり前で、みかんを食べるのが当たり前でした。
驚くほどの傾斜で、足を踏ん張っていないと危ない場所もあり、一つ一つ摘果する作業、積んだみかんを何往復も運んではモノレールに乗せる。
また日差しの下で摘果する。
想像以上の重労働でした。
みかんの摘果は個人的にはとても楽しく私には合っている作業だと思いましたが、私が当たり前に食べているみかんは、こうやって、農家さん達が一つ一つ摘果したもの。と思ったら、当たり前に食べてはいけないな。と。
今年の吉田みかんはなおさら、感謝していただかないといけないな。と思いました。


作業は4時間ほど。
摘果は楽しいのですが、急斜面で踏ん張っていないと危ない!
みかんの枝も自由にいろんな方向に延びているので、難しい!
慣れない作業や動作に悪戦苦闘し、やや体は痛みましたが、気持ちいい!
やっぱりボランティアは気持ちいい!
景色や空気、匂いが気持ちよく、頭も心も清々しい!
ボランティアは最高です!
また充電できました。

今回もいいメンバーでした。
毎回素敵な人達とチームなのでありがたいです。
そしてとってもチャーミングな農家さんでしたので、まだまだ摘果したいほどでした。
・男性60代?70代?
みかん山ははじめてだが、夏に床上浸水被害のご自宅の土砂集めに参加
・男性50代?
みかん山は2回目で、この方も床上浸水被害のボランティアに参加

お二人とも穏やかで優しい方々で助かりました。
私や友人以上にみかん山では作業されていましたし、いろいろと助けていただき、ありがとうございます。
何より農家の可愛いおじさんのおかげで、楽しく貴重な時間を過ごすことができました。
参加して本当に良かった。

みかん山ボランティアも東京や大阪など県外からたくさんの方々が参加されているそうです。
・祖母が宇和島市に住んでいる
・祖父母(両親)の里が宇和島市
・幼少期 宇和島市に住んでいた
など。
『ありがたい』
『本当にありがたいです』と農家さん。

以前、何かの番組でボランティアに参加している松山市の大学生が『祖母が宇和島市出身です。少しでも宇和島のために貢献したかった』と言われていたのが印象的でした。

帰りは、吉田町の中でも特に被害が大きかった玉津地区を回ってくれました。
玉津地区ははじめてです。
テレビで知るだけでした。
土砂崩れを起こし、未だに手がつけられない山が数カ所。
こちらを再建するには10億円かかるとか?
土砂でモノレールやみかんの木が埋もれている畑。
川には流された軽トラがそのまま。
まだまだでした。
まだまだの宇和島市でした。


みかんの摘果・収穫作業ですが、圧倒的に人が足りないそうです。
みかんボランティアを募集しています。
12月9日(日)​まで。土日のみ募集しています。

美味しい吉田みかん、愛媛のみかんを食べたい!
たくさんの人達に食べてほしい!
ボランティアに参加しませんか?

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

美しい秋


美しい....
ちょっと歩いてみよう♬


この先は全面落ち葉の絨毯。
なんて美しい。
なんて美しいのでしょう。
木の根もいい感じ。


いろんな色に染まった落ち葉たちが可愛くて綺麗で。
やっぱり秋は美しい。
なんて秋はこんなにも美しいのか?
秋が好きだから、秋びいき。

茂った葉っぱの匂いとほんの少し冬の匂いが混ざっていて鼻の中が気持ちいい。
空気まで最高。
これぞアロマセラピー。
自然と呼吸が深く、ゆっくりになります。

マンションの通路を紅葉の絨毯にしてみようか?
と考えてみたり(笑)
嬉しくないですか?
もしくは、玄関に敷き詰めてみようか?(笑)
喜ぶのは私だけ?

よしっ!
パンと紅茶を持ち、ベンチに座ってティータイムしよう♬

もし見かけたら声かけてください。
もし嬉しそうに落ち葉の上で大はしゃぎしていたら、そっと見守っていてください(笑)

あ〜。
美しい秋が終わってしまう〜(涙)

少し早いですが、5時台のまだ暗くもあり、ほんのちょっとだけ紅がかった空。
こちらも美しいです。
し〜ん。とした空?空気?もいいものです。
ちょっとだけゾクゾクするような....



| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

白い食材で身体を潤しましょう


日中はあたたかく、夜は肌寒くと気温の変化が激しく、体調を崩しがちな秋。

秋は体のバランスが崩れやすく、風邪をひきやすい季節。
秋は心のバランスが崩れやすく、春よりもうつ病やプチ鬱が増える季節。
秋は大変。

秋は白い食材。
白い食材には潤いを補う働きがあり、【肺の性質】の方、風邪をひきやすい方、乾燥が気になる方などおすすめです。

【白い食材】
大根、カブ、ジャガイモ、里芋、キャベツ、長ネギ、梨、りんごなど

大根おろしに医者いらず!
と言うことわざがあるほど栄養価にも優れ、風邪の時期には役立つ野菜です。

・熱っぽい
・頭がぼーっとする
・喉が腫れて痛い
・鼻づまり
・体が熱い
など。

熱を冷まして炎症を抑え、消化を助ける働きが強いとか?
皮にはビタミンCがたっぷりですので、皮ごと食べることをおすすめしめす。

これからより大根が美味しい季節です。
煮ても生でもおろしても焼いても美味しい大根。

お客様に、たくさんお野菜が食べれて美味しいお店は?と尋ねたところ、【菜縁(さいえん)】と言うお店を教えていただき、行って来ましたが、ここで出された大根などの唐揚げがとても美味しかった!
里芋とじゃがいもの唐揚げ、バーニャカウダー、かぼちゃグラタン、ごぼうサラダ、野菜パスタなど...
彩り豊かな珍しい野菜達にテンション上がり、気心知れた友人との時間が楽しくて、ついつい飲み過ぎてしまい...
いつも嬉しくて飲み過ぎて酔っ払う(笑)
楽しい時間だと二日酔いも心地よく感じたり。

大根の唐揚げですが、企業秘密のあるものにつけて揚げているそう。
うま味調味料的な?

大根おろしに医者いらず!

なんとも大きな聖護院大根。
これは千枚漬けにしよう。

熱っぽい。熱い。喉が赤く痛い。
大根はもちろんですが、ペパーミント、ティートゥリー、ユーカリ、ラバンジン、ジュニパーをお忘れなく。

寒気がする。ゾッとする。
大根はもちろんですが、レモン、ローズマリー、ユーカリ、ジンジャーもお忘れなく。

AICAの精油好きのお客様は、どの方も早め早めに精油でケアされています。
素晴らしい!
今は風邪・インフルエンザ対策の精油が人気です。

大根もいいけれど、精油はもっといいです♪
旬のものを美味しくいただき、抗ウイルス作用の精油を芳香、そして体を温める。
これに限ります。



| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

宇和島市吉田町ボランティア⑥


今年7月の災害で宇和島市吉田町のみかん山も土砂崩れ。
みかん山の道路が寸断され、スプリンクラーが壊れ、間引き作業、摘果や水やりが十分できずで今年は傷も多く、やや小玉傾向。
小ぶりになったみかんもあるが、食味に問題はなく、【復興みかん】として出荷中。

復興みかん箱のキャッチフレーズは、
諦めない強さはいつだってミカンが教えてくれた!
です。
農家さんが涙ながらに語っていました。

精油のオレンジは、みかんの皮から抽出したものですから、より大切にしないといけないな。と、改めて思いました。


吉田みかんを終わらせてはいけない!と。
宇和や八幡浜などのみかん農家さんが、被害にあったみかん山の摘果作業をしたり、愛媛大学生がスプリンクラーを作り、現地に設置したり...
今年のみかんは一味も二味も違うのでは?と思うほど。
馴染み深い宇和島をこんなにも助けてくれるなんて(涙)
今もたくさんの農家さんやボランティアさんが手伝いをしているそう。

もう1つ嬉しいニュースです。
東京大学など都内に通う『みかん好き』の学生たちが作る『みかん愛好会』が今月20日、21日の2日間、学園祭(ICU祭)で西日本豪雨で被災し規格外となった宇和島市吉田町玉津地区のワセ温州みかんを販売したそうです。
うるうる(涙)


今年は吉田みかんをたくさん購入し、美味しく食べよう。
来月は、みかん山のボランティアにする?それとも??
と悩み中。

私の知人は、今も被災されたお宅の掃除や片付けをしたり、一軒一軒訪れたりしています。
中には専門職を活かし、床や畳、壁などの張り替えをし、修復作業に毎日忙しく飛び回っています。
大洲→野村→今は吉田町の修復。
ボランティアも得意不得意がありますが、やはり【気持ち】ではないでしょうか?

自分にできること。
今の自分にできること。
困っている人を助けたい。
何かできることを手伝いたい。
これがあれば動けます!
この私が動いてるんですから!
いろんなボランティアがあります。

初めてボランティアに参加した7月。
消防士さんが、1番被害の大きかった地区、お亡くなりになられた方々の方角を見ながら、『ボランティアに終わりはない』と言われていました。
その言葉がなぜかずっと残っています。

被災から3ヶ月半。
メディアの報道も少し落ち着いてきたでしょうか?
そうなると大丈夫だろうというイメージが広がりはじめ、ボランティアの姿も見えなくり....
被災された方々は、孤立を感じ始めるそうです。
ご自宅や思い出を失い、数ヶ月間の復旧作業で心身ともに限界を超え、疲れ果てている中で厳しい現実を直視することに繋がるそう。
そして、未だに報道されていない地区もあり。

先月だったでしょうか?
河川に転がり落ちた車がそのままだったり、土砂崩れを起こした全壊、半壊のお宅がそのままだったり....
どうにかならないのかな?と。

月1回、かなりの微力ではありますが、友人とは、自分達のペースで長くボランティアを続けよう!と当初から決めていました。
へなちょこ2人組の私達が行っても何の役にも立たず、もしかしたら逆に足を引っ張っているかもしれないけれど、私達に出来ることはあるはずです。

これからは【心のケア】が重視かもしれません。
お客様や友人からは、『アロマセラピーいいのでは?』『マッサージしてあげてほしい』などの声もあり。
私も前々から思っていましたが、デリケートな部分なだけに責任は持てません。
それよりも被災されたご家族とコミュニケーションをとりながら、話を聞き、時には笑ったり、背中をさすったり....
逆に私達が励まされ、人を思いやる気持ちや姿に心を打たれます。

私に?私達に?できることをやって行こうと思います。

宇和島にお住いの方によると、宇和島市吉田町はだいぶ落ち着いたようで、水も飲み水がきちんと出るようになったみたいです。と。
一安心です。
これから寒くなりますが、電気は大丈夫なのだろうか?


今月はハロウィンと言うことで、ウェルカムドリンクはパンプキンジュースを考えていましたが、いくらなんでも....と冷静になり。
ちょうどハロウィンカラーのみかんジュースに。
みかんジュースなら吉田みかんを!
と言うことで、宇和島みかんジュースにしています。
なんということを....
ハロウィンのコースターを落として割ってしまいました(涙)

みなさま、今年は特に吉田みかんを食べましょう。


【宇和島市社会福祉協議会 吉田支所】
(宇和島市吉田町東小路甲58-5)
TEL:0895-52-3115 / 0895-52-3116

【宇和島市災害ボランティアセンター】
facebookをされています。
https://m.facebook.com/uwajimasvc/


毎度ですが、宇和島市吉田町の発信ばかりですが、ご了承ください。

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

テクスポート今治 タオルフェア


今治タオルフェアに行ってきました。


青空が気持ちいい!
眩しい!
そしてローズマリーが元気!いい匂い!

夏日のような空の下、左右にずらりとテントが並び、たくさんのメーカーが出店。
人!人!人!
人で溢れています。
そしてタオルの山!山!山!

まずはお目あてのお店を1番にまわる所から始めましたが、残念ながら欲しいものが見当たらず(涙)
1店舗ずつまわり、タオル類を触って感触を確かめ、タオルを広げては大きさなどを確認。
メーカーにより、肌触りも厚み、大きさなども変わりますので、ここは慎重に。
今年の春に別のフェアでたくさん買いましたので今回は欲しいものだけに絞りました。


冬用の茶色系の大判バスタオルやタオルケット、ガウンが欲しかったのですが、茶色系がなかなか見当たらず....
あったとしても肌触りが....
ですが、白系の触りごごちのよいガウン、バスタオルなどをゲットしましたので、こちらは春用です。


可愛いおしぼり用のタオルを数枚ゲット!
10、11、12月の小タオルがなく、前回も探したのですが見当たらず....
やっと見つけました!
11月は茶系の葉っぱ。
ネギやレンコンなどの絵柄はあるのに、かぼちゃやお芋がない!
緑色の葉っぱやクローバーはあるのに紅葉がない!
と思いながら、好みの絵柄を探す私。
12月はクリスマスのものを。
やったね!

ちょっと先ですが、来年の干支イノシシを発見。
これは1月で決まり♬
そしてチョコレートも発見。
これはバレンタインの2月に決定♬
ちょっとテンション上がりました。

2、3周ほどじっくり見たかったのですが、暑さでぐったり。
後でまた見ようと戻ってみると売り切れ。
更にぐったり。

直接お肌に触れるタオル類やガウンは、柔らかく、肌触りがよいものを使いたいのです。
お肌は感じるものです。
前回、ものすごく柔らかいタオルを見つけ、嬉しくて嬉しくて♬
何回も何回も触ったり、タオルをたたんで両手で挟んだり♬
この柔らかいタオルに包まれたら気持ちいいだろうなぁ....
これで肩周りをふわっと包まれたら最高だろうなぁ....
あぁ、早くこれで包みたい!
など思っていると、ついつい笑ってしまう♬
タオルを触って笑ってるなんて、他人が見たらどう思うのか?(笑)

また来年です。
お気に入りのものがありますように。


帰りは、さいさいきて屋の黒蜜きなこサンデーを♬
注文時から嬉しくて笑顔になります♬
黒蜜きなこサンデー大盛りで!と言いたいほど美味しいです♬





| | コメント (0)