美容・コスメ

2018年8月 7日 (火)

果物は美味しいが果糖が気になる




桃〜♪大好きです♪
果物屋さんで桃、梨、ぶどうが並んでいるのを見かけ、ちょっとだけテンション上がり♪
ほんの一瞬だけ、秋だぁ〜。と、嬉しくなり♪
果物の世界はもう秋なのか?
あとは柿が並ぶのを待つのみ。
秋が好きだから、果物も秋のものが好きです♪
そして、徐々に丸くなっていく(笑)

ふと、以前読んだ【果糖】についての記事を思い出しました。

果物に含まれる果糖はデブの元。
この【デブの元】に引っかかりました。

果糖の摂り過ぎはダメなことはわかっています。
どうやら、果糖は摂り過ぎると中性脂肪を増やし、肝臓にダメージを与える。と言う研究結果が出ているそうです。

でも果物は美味しい♪
果物にはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、体やお肌の調子を整え、免疫力を上げる働きがあります。
種類にもよりますが、強い抗酸化作用を持つものもあります。

健康な人は果物を1日200gほど摂しても問題ないそうで、みかんなら2つ。りんごなら1つ程度。

デブになるのもデブの元になるのも嫌ですし、糖尿病や太りやすい体質になるのも嫌ですが、それでも果物は食べたい!
連日の炎天下。
紫外線ガンガン降り注ぎ、お肌や目や体は疲れ果てています。
【抗酸化】と【甘味】は必要だと思います。
お肌や体内のことを考えると私は果物は食べたほうがいいと思います。

【果糖が少ない果物】
アサイー、キウイ、グレープフルーツ、みかん
ライム、レモンなど

【果糖が多い果物】
柿、桃、マンゴー、メロン、バナナなど
そして全てのドライフルーツ。

ドライフルーツは太陽の恵みをたっぷり浴び、凝縮された栄養素は食べ過ぎなければ必要だ!と思っています。

好きなものは果糖が多い。そんなものです。
デブになってもいい!果物は毎日食べたい!

健康な人は、食べ過ぎなければ問題なし!
夜は控えています。

みなさま。好きな果物は何ですか?
やはり好きな季節の果物ですか?

以前、アトリエ(パーソナルジム)のトレーナーさんが、糖質の多い食べ物を挙げてくれ、まとめたものを見せてもらう機会がありました。
野菜も果物もすべて、私の好きなものばかり記載されていて、ちょっと笑ってしまいました。
糖質制限も時には必要かもしれませんが、やはり旬のものを食べる!に限ります。

日中、外回りなどで日差しを浴びる方は、朝・昼は、レモン、グレープフルーツなどは控えましょう。





| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

猛暑もアーユルヴェーダの知識を...



アーユルヴェーダとは【生命科学】と言う意味で、5,000年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医療です。

年々暑さか増し、大丈夫なのか?と心配になるほど。
厳しい猛暑。
アーユルヴェーダでは、【体力】【食欲】【精力】が1年の中で最も低い時期と言われています。

【火のエネルギー】で代謝が促進される→体力が消耗する→疲れやすくなる→疲労が溜まる。

【消化のエネルギー】で消化や代謝の調節→暑い夏は、胃や十二指腸などの消化器に不調→胸焼け、胃痛、食中毒など現れる。

上記の2つのエネルギーの症状が出ると、ニキビ、吹き出もの、あせも、湿疹など肌のトラブルが出やすくなります。
火のエネルギー→熱。を抑えるには?
日焼けと同じで【冷やす】事が大切です。

食べ物や飲み物には、体を温めたり、冷やしたりするものがあります。
体を冷やし、水分の多い果物を積極的に摂りましよう。

【体を冷やす食べ物】
スイカ、メロン、グレープフルーツ
みかん、梨、柿
きゅうり、トマト、ナスなど
※南国の食べ物は、体を冷やす働きが多くあります(バナナ、パイナップル、マンゴーなど)

【体を冷やす飲み物】
麦茶、珈琲、野菜ジュース、ペパーミントティーなど

【体を冷やす(寒涼)精油】
ペパーミント、サイプレス、ゼラニウム
ラベンダー、レモン、ローズなど

キンキンに冷えたビール、炭酸水などとても美味しいと思いますが、クーラーでお体は冷えていますので、時々、お白湯や温かい飲み物も補いましょう。






 




| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

ヘッドマッサージで全身やわらかく




今月の限定は“全身”ですが、ヘッドマッサージを希望される方が多く、嬉しく思います。

額〜頭、首などを揉み、血行を促し、凝りや緊張をほぐしていきます。
頭だけではなく、全身を整える働きがありますので、他のマッサージを受けても疲労が取れない、ストレス解消できない時は、ヘッドマッサージを。

ストレスを感じているのは“脳”です。

ヘッドマッサージは、深い癒しで、最も深いリラクセーション効果が得られると思います。

肌(皮膚)は内臓を映す鏡。
肌(皮膚)は心を映す鏡。
よく言っている言葉ですので、覚えましたか?
テストに出ます!(笑)

実は、頭も【心を映し出す鏡】であり、頭は【心の反射区】であります。

歯を食いしばる方は耳の後ろ辺りが硬くなっていたり。
肩凝りの強い方は後頭部のある部分が張っていたり。
ストレスを溜めていたり、神経を使っている方は、額から頭頂部がピリピリしていたり。

頭にもちゃんと現れています。
頭をもみ、ほぐすと楽になりますし、気持ちまでリラックスし、深い呼吸に。

心も体もリラックス♪
心も体もやわらかく♪
そして、ゆっくり呼吸を♪

今は、ほとんど方がペパーミントです。

| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

首裏・目元を温めましょう



連日の炎天下。
ちょっと買い物、洗濯をするだけで日焼けしていませんか?
日焼けをするとお肌はかたくなり、ワントーン暗く→くすみ肌に→老化肌に。

そしてもう1つ、首(後ろ)や目元が凝り過ぎている場合もくすみの原因に。

①血行不良になると、体の凝りや頭痛、眼精疲労→自律神経の乱れ→消化器の働きの乱れ→便秘などに繋がります。

②血行不良になると、体の凝りや頭痛、眼精疲労→顔全体の血行不良→くすみ肌→老け顔に繋がります。

首裏が凝るだけで、便秘や老け顔に繋がるのだから、ほっとけない。
人間の体は、何か1つとっても、必ず何かと繋がっています。
すごいなぁ。

【目元の血流アップ法】
・目のまわりを軽くマッサージ
・目のまわりを痛気持ち程度に押す
・ホットタオルなどで温める
(必ずハンカチなどを敷く)
・炭酸パック

【ワンポイント】
・目のまわりはとてもデリケートな部位ですので指腹で目のまわりをポンポンと軽く叩く
・指腹(グー)を動かさずに垂直に圧を加える
・冷蔵庫におしぼりを常備し、帰宅後は目元を冷やす
・寝る前は温める

【首裏の血流アップ】
・長時間同じ姿勢をしない
・椅子は深く座る
・こまめに首をゆっくり回す
・肩甲骨を大きく動かす
・冷房がきいてる場合、首にハンカチなどを巻く
・ホットタオルであたためる

【ワンポイント】
・首裏は神経が多く集中していますので、ぐいぐい押さないこと
・パソコンや携帯に集中し過ぎないこと

夏でもポイントで体を温めましょう。
暑いからとシャワーで済ませていませんか?
意外と冷房で体は冷えていますし、疲れている時こそ入浴です!

【スッキリとアロマバス】
ペパーミント、ローズマリー、マートル
レモン、レモングラス、グレープフルーツなど

ペパーミントやハッカは、3滴でとても涼しく入浴できます。
5滴以上入れると寒くなりますので気をつけてください。


画像は、グリーンカレーです。
いただきました!
辛い!美味しい!汗が止まらない!
体が一気に元気になりました。


| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

栄養と水分補給にはスイカを





連日、猛暑、熱中症、熱中症で救急搬送の話題ばかり。
天気予報を見るだけで げっそりします。

熱中症を防ぐためにはこまめに水分補給することが大切です。
夏と言えばスイカ!
私は先月までキュウリでしたが、先週からスイカに移りました。

水分補給もでき、栄養も摂れ、美味しく食べれるスイカ。
90%以上が水分と言われ、カリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも豊富。
スイカに塩はかけますか?
味覚の感覚などもですが、ほんの少しお塩を加えると“スポーツドリンクとほぼ同じ”と言うことが期待できます。
スイカ様々です。
ちなみにスイカの食べ過ぎで太ることはないそうです。
むくむかは不明です。

水分も栄養も満点!
そして美味しい!
しかも太らない!

この季節、キンキンに冷えたビールが特に美味しいと思います。
が、ビールの飲み過ぎ+スイカの食べ過ぎを同時に行うと【急性アルコール中毒】【脱水症状】になる恐れが...

ビールもスイカも水分。
そして、ビールもスイカも【利尿作用】があります。
同時の飲み過ぎ、食べ過ぎは気をつけましょう。

【スイカ】
カリウム・カルシウム・マグネシウム・食物繊維
・疲労回復
・利尿作用
・血液さらさら
・ホルモンバランスを整える?と聞いたことあり

旬のものを食べましょう!
なんでも理にかなってるなぁ。と感心。

スイカにお塩かけますか?
おすすめの食べ方などあれば教えてください。

【スイカ】より【すいか】の方が可愛い。
そしてこちらの大きなスイカ。
友人のお母様が育てたスイカです。
よく知っているお母様だけに、より、美味しく感じました。
おばちゃん‼︎
すっごく甘くて美味しかったよ‼︎

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

今月のデザート♪



蒸し暑い日が続いていますが、おかわりありませんか?
あと2週間ほどで梅雨明けし、本格的な夏を迎えます。
夏バテを起こさないよう、しっかり栄養と休息をとっておきましょう。

今月は、体の中から綺麗に!しっかりと整え、流れのいい体作りを!がテーマのデザートとなっております♪

【ローズヒップティー】
ローズヒップ原産国のチリでは『若返りの秘薬』と呼ばれるほど、美肌効果が高いと言われています。
植物の中で、1番、ビタミンCを含んでいるので「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれています。
・美肌のためのメラニンを抑えるコラーゲンを生成に欠かせない栄養素のビタミンCが豊富
・酸化の原因である活性酸素の働きを抑えるビタミンEが豊富
・便通を整える食物繊維
・鉄分、ポリフェノール、カリウムなど

【ヨーグルト】
腸内細菌のバランスを整え、ダイエットや美容、免疫力の向上に効果的なヨーグルト。
蜂蜜は、免疫アップ、美肌、疲労回復、整腸作用などがあります。

【ドライクランベリー】
美容効果が高く、体中の健康を守ってくれるクランベリー。
・抗酸化力で有名なビタミンEよりも約50倍も強い抗酸化力
・多く含まれているフラボノイドは、強力な抗酸化作用を持つとして有名で体を錆びつかせる原因とされている活性酸素を抑制
・ビタミンC、食物繊維、アントシアニンなど

【サルタナレーズン】
・鉄分で貧血予防
・カリウムでむくみ防止
・カルシウムやマグネシウムで骨粗しょう症の予防
・抗酸化作用で老化抑制など
・アントシアニン、フラボノイド、ビタミンB1、B2およびミネラル類も豊富

【ブルーベリー】
これから日差しがきつくなりますのでポリフェノールの一種のアントシアニンで眼の回復に。
アントシアニンは視覚に関するたんぱく質の合成に関わっており、視機能の改善や視力低下の防止、白内障予防にも効果もあるそうです。

【グラノーラ】
食物繊維と鉄分豊富なオーツ麦で腸内環境も体内も整えましょう。


四国の梅雨明けは18日頃。
しばらくは蒸し暑い日が続きそうですが、無理せず、体の中から整え、充電し、夏を迎えましょう。

今月も心よりお待ちしております。


※酸味のあるローズヒップティーが苦手な方は遠慮なく
※ヨーグルト、様々なドライフルーツが苦手な方も遠慮なく




| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

内側から綺麗に




凝りや疲れがとれない。
足のだるさがとれない。
やはりお風呂が最適です。
じっくり湯船に浸かっていますか?
シャワーだけで済ませていませんか?

こまめに水分補給→しっかり湯船に浸かる→体を芯から温める→代謝をよく→しっかり汗をかきましょう。

雨が降ると湿度が上がり、蒸し暑いだけで、なかなか上手に汗をかくことができません。
そんな時に水分を摂っていないとなおさら体内の毒素は溜まる一方です。

意外と体から水分を出すことは難しいものです。
水分や栄養をしっかり摂って、しっかり出す!
呼吸は、吸うよりも吐くことが大切ですが、こちらも取り入れるよりも出すことが大切になります。
そうすることで身体のバランスが整ってきます。
体の中に余分な水分を溜め込んていると、アトピーや花粉症などアレルギー症状を起こしやすくなるとも言われています。
心当たりありませんか?

・こまめに水分摂取
・少し体を動かす、固めない
・湯船にじっくり浸かる
・体を芯から温める
・汗をかける体質にする

できる範囲でやり、無理なく続けていきましょう。
水(できれば常温水やお白湯)の量は、人それぞれです。
一気に飲むのではなく、こまめに少しずつ飲みましょう。

内側から綺麗に!
人間の体の約6割は水分でできていると言われています。
体の中に水分が入ると細胞活性に繋がりますので、こまめに綺麗なお水を飲みましょう。
汗をたくさんかいてデトックスし、スッキリした体に!

お水は美味しく飲めていますか?
甘く感じますか?




| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

厄介な背中のニキビ




意外と多いのが、背中のニキビ。
なかなか自分ではみないですし、見えにくい部位。
皮脂腺が多いのは、顔、デコルテ、背中などあり、その中でも背中は、ニキビができたとしても気づきにくく、手も届きにくく、常に下着や洋服で摩擦や湿気に覆われていますし、何と言ってもケアがしにくい。
しかもなかなか治りにくく、一度できると何度も繰り返してしまいがち。

なかなか厄介な背中のニキビ。

ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、過労、ストレス、水や下着が合わない、などもありますか、背中のニキビは【消化器の疲れ】とも言われています。

そして、【お水をあまり飲まない】と言う方も多いです。

いかがですか?

・こまめに水分補給をする
・背中はゴシゴシ洗わずに泡で優しく手で洗う
・とにかく清潔にし、摩擦を防ぐ
・湿気を防ぐ
・規則正しい食生活、生活を送る
・じっくり湯船に浸かり、早めに寝る
・精油を取り入れる

【おすすめ精油】
ラベンダー、ティートゥリー、フランキンセンスなど

【アロマスプレー】
①100mlのスプレー容器
②10mlほど無水エタノールを入れる
③精油を20〜40滴入れ軽く振る
④精製水(ミネラルウォーター)を90mlほど入れる
⑤お風呂上りなど清潔なお肌の上にシュシュッとする
※使用前は軽く振る
※冷蔵庫に入れておくと日焼けの時も役立ちます

背中のニキビは、食事の中でも特に油物に関係しています。
フライ、ポテトチップス、フライドポテトなど....
心当たりのある方は、ほんの少し控えましょう。
胃腸が叫んでいるかも....。です。

ミントティーの香りに癒され....
ゆっくり飲む。
この時間が好きです。
ティータイム大好き♪
ミントティーは、消化促進、発汗・解毒作用もありますので、ぜびどうぞ。

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

体が求める香りを選ぶこと



フットバス中の精油選び。
・好きな香りを嗅いで選ぶと方
・〇〇にいいのを。とリクエストする方
・1本だけ選んだ他はおまかせの方
・アロマカードを楽しみにひかれる方
・おまかせで!の方

やはり、おまかせが多いように思います。

その方の症状、体質、生理周期などにより効能重視で精油を選ぶこともありますが、その方の性質やタイプで、その方らしいものをと言うことで香り重視で選ぶこともあります。

・Aさんは、女性らしい印象なのでフローラルぽいな。
・Bさんは、少し疲れているから樹木の力強さをポイントでブレンドしよう。
・Cさんの肌と〇〇は相性いいだろうな。
・Dさんは、月のリズムと動きが同じなのでしっかりデトックスさせよう。
・毎回同じ系統の香りなので、ガラリと変えてみよう。

など、私の頭の中は妄想でいっぱいです♪

ですが、香りとは不思議なもので。
・いつもはいい香りに感じるのに今は少し違う香りに感じる。
・先月は好きだったのに今日はちょっと苦手。
・今の私には少し重い。
・今日は珍しく好き。

香りの感じ方、香りの好みの変化など、多々ありますが、珍しくはありません。
体調、心の変化、生理周期などにより、香りの感じ方、求める香りは変わります。

例えば、風邪気味時は、自然と抗菌作用などの精油を選んでいたり、冷えがある時は、体を温める働きのある精油を選んでいたり。知らず知らずのうちに香りに惹かれ、ご自分でしっかり選んでいることがあります。
選ぶ精油で自分の好みはもちろんですが、体調に気づくことができますので、おもしろいです。

なんで?なんて言われる方もいますが、嗅覚はちゃ〜んと知っており、伝えているのです。

なぜ体調によって香りの感じ方が異なるのか?
香りはダイレクトに脳に届くと言います。
届いた部位は、喜怒哀楽や欲求、呼吸器系、ホルモン系、自律神経系、免疫系などに働きかけます。
心身の状態によって香りの好みが変わるのは納得です。

その時、必要な香りは心身が欲している香りですので、ゆっくり香りを嗅ぎ、自分の体と心に耳を傾け、精油選びをしましょう。

求めている香り、いい香りと感じる精油を使うのが1番です。

今は何の香りが好きですか?
何の香りに惹かれますか?



|

2018年6月 3日 (日)

お肌を清潔に。



健康で美しい肌を保つには!
清潔!保湿!そして紫外線対策です!

5月頃から紫外線量も強く、梅雨時期の雨の日でも紫外線対策を怠ってはいけません。

気温の上昇、ジメジメした湿度の関係で皮脂や汗が増えますので、不要な皮脂や汚れを落とし、お肌を清潔に保つことが大切になります。

毛穴のひらきが気になる。
毛穴の黒ずみが気になる。
どことなくガサガサしてる。
など感じる方は、一度、クレンジングの見直しをしてみましょう。

とにかく、肌を清潔に保つこと。丁寧に洗顔することです。

【炭酸クレンジング】
青色、白色とも。
150g 3,800円(税抜)

肌を整える美容成分もたっぷりで、毛穴の奥の汚れもスッキリ落とし、潤いはお肌に残すジェルタイプのクレンジングです。
ほのかなユズの香りに癒されます♪

美肌の近道は正しいクレンジングからです。
そして、清潔に保ちましょう。







| | コメント (0)

より以前の記事一覧