アロマテラピー

2017年9月21日 (木)

肌老化の秋には美容オイルを




朝晩と日中の気温差の関係で自律神経の乱れ、体のあちこちに不調が出ると言いますが、体や心だけではなく、肌も皮脂分泌が悪くなり、その結果、乾燥肌、少しの刺激にも敏感に反応してしまう事があります。

季節の変わり目、季節の変わり目の生理前や生理中は普段付けないものを付けたり、化粧品やメイク商品を変えたりするのは控えましょう。

朝は肌寒いからとお湯で洗顔していませんか?
皮脂量も減りますので、ぬるま湯〜水で洗ってください。

年間で最も肌老化の進む秋です。
いつもと同じスキンケアではダメ!【美容液】や【美容オイル】をプラスする事をおすすめします。

長期間、あれだけの日差しを浴び続けましたし、クーラー、急激な気温差でお肌は負担だらけです。

何気に顔を触った時など固く感じませんか?

固くなった角質は剥がれ落ちにくく、いつまでも表面に残ったままですので、週に1〜2回で構いませんので、入浴中、入浴後に美容オイルでフェイシャルマッサージを取り入れてみましょう。

2~3分程でOKです。
面倒ならクレンジングのように少し円を描き、数分放置でもOK。
お肌が柔らかくなら、ワントーンアップします。

【手順】
※入浴中、入浴後がおすすめ
※マッサージ前にはお白湯を一杯
①洗顔後、顔を軽く拭く
※乾燥肌の方は洗顔後に化粧水を少し浸透させます
②オイルを適量とり、顔全体に下から上へと馴染ませます
③2〜3分したら5分程放置
※余裕のある方は、目の周り、フェイスライン、耳周りを押したりほぐすといいです
※余裕のある方は、ラップで顔を包み、温熱効果で浸透を
④ティッシュ(蒸しタオル)で軽く拭き、その後はいつものスキンケアへ
※余裕のある方は、拭き取り後、シートマスクなどをすると更に効果的です

お肌の新陳代謝を促し、水分と油分のバランスを保てるよう少し何かを取り入れましょう。

乾燥しているが、どうしても面倒な方。
肌は気になるが、オイルマッサージが面倒なら方。
たくさんいると思います。

【面倒な方】
①洗顔後、化粧水や美容液
②化粧水の中に美容オイルを1〜2滴まで馴染ます
③クリームで蓋をする

今、しっかりケアして保湿していないと冬は、バリバリの肌で痛い思いしますよ〜

【乾燥肌におすすめ精油】
カモミール・ローマン(高価)、サンダルウッド
ゼラニウム、バルマローザ、フランキンセンス
ネロリ(かなり高価)ローズ(かなり高価)
ラベンダー、ローズウッドなど


香りの秋。スキンケアの秋。オイルマッサージの秋。
素敵な香りをお供に、、、





| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

香りの秋。おすすめ精油




季節の変わり目。夏から秋。
今年の夏は異常な暑さだっただけに夏の疲れがドッと出たり、急激な気温差や疲労で風邪をひきやすくなったり、プチ鬱にかかりやすい季節でもあります。

心身の疲れを癒し取って精油の香りで元気な秋を過ごしましょう。
植物の持つ生命エネルギーを体の中に取り込み、夏の疲れを取り除きましょう。

精油はかならず100%天然のものを。
100%だからこそ発揮される素晴らしい【チカラ】があります。

食欲の秋。読書の秋。運動の秋。
そして香りの秋。

【優しく心を落ち着かせる香り】
ラベンダー
・自律神経のバランスを整える
・免疫向上、ストレスなど
フランキンセンス
・心と呼吸を落ち着ける
・乾燥肌、咳や呼吸器トラブルに
クラリセージ
・ホルモンバランスや皮脂バランスを整える
・女性特有の症状に強い
ゼラニウム
・心身の鎮静、ホルモンバランスを整える
・くすみや乾燥、老化肌に
サンダルウッド(やや高め)
・心身の鎮静、深い呼吸へ
・胃腸を温める、潤いを与える
ローズマリー
・スッキリとリフレッシュ
・手足の冷えや疲労回復
ティートリー
・免疫向上
・風邪やヘルペス

私は食欲の秋!と言う方。
胃腸の不調を和らげる働きの柑橘系を持っておくと便利です。
柑橘系はリフレッシュもリラックスもできますし。
おすすめは、オレンジ、マンダリン、ベルガモットです。
・香りを吸入
・1〜3%濃度にし、胃腸に塗る

食べ過ぎの時は消化促進のペパーミントがスッキリ気持ちいいのですが、今の季節はちょっと寒いかもしれませんので、2パー以内がいいです。

香り恋しい秋。
私は食欲の秋+香りの秋です。


| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

精油の得意分野





夏の疲れが取れない、取れていない方、風邪症状が長引いている方が続いています。
朝晩と日中との気温変化もありますが、やはり季節の変わり目は、何かと不調が現れやすいものです。

原因は様々。
・体の冷え(クーラー、冷たい物など)
・シャワーで済ます
・睡眠不足
・水分不足など

精油。お持ちでない方、持っているがしばらく使っていない方、日頃から活用している方。
季節の変わり目は特に精油を芳香しましょう。
精油の得意分野としまして、【抗菌作用】【抗ウイルス作用】が挙げられます。
花粉症、風邪やインフルエンザの流行時期などには大活躍ですが、本格的な◯◯シーズンが来る前に精油を上手に活用し自分を守る!あれ?と思った時にすぐ精油をかいしすると長引かないと思います。

毎年、10月末頃から【風邪対策の精油】をピックアップしていますが、今年は少し早くなるのかな?

全ては難しいとは思いますが、揃えてもらいたい精油と言う物があります。

【代表的な精油】
ティートリー、ペパーミント、ユーカリの3つ。
その他としまして、ラベンダー、レモンなど

殺菌力と言えばティートリー!
・殺菌作用
・抗ウィルス作用
・抗菌作用
・抗炎症作用
・免疫促進作用など

スッキリ緩和すると言えばペパーミント!
・鎮痛作用
・去痰作用
・殺菌作用
・解熱作用など

風邪といえばユーカリ!
・抗ウィルス作用
・抗菌作用
・抗炎症作用
・去痰作用
・解熱作用など


精油は原液使用は禁止です。
必ずキャリアオイルやクリームなどに混ぜましょう。

・ぞくっとする寒気
ユーカリとティートリー、ローズマリーなどのブレンドを首裏〜肩甲骨辺りに塗り込む

・喉の違和感
ティートリーやユーカリを喉〜耳元に塗り込む

・喉の痛み
ペパーミントやティートリーを喉〜首周りに塗り込む

・咳
ペパーミント、ユーカリやティートリー、サイプレスやフランキンセンスなどを喉〜みぞおちに塗り込む

・少し熱っぽい
ペパーミントとレモンを首〜肩周りに塗り込む

以前、咳が続くお客様にユーカリ、サイプレスのブレンドをトリートメント前に喉〜みぞおちに塗りました。
ヴェ◯ラップみたい。と、、、
ピンポーン!!
ヴェ◯ラップにはユーカリが配合されています。
トリートメント終了後、『咳が止まってた』と。
こんな事を言われたら嬉しくて鼻高々です。

香りで癒され、元気になり、なおかつしっかり体に働いてくれるなんて精油と言う物は本当に素晴らしい!の一言です。

【抗菌作用】【抗ウイルス作用】【殺菌作用】などの働きを持つ精油はたくさんありますので、いつでも相談下さい。

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

来月はレチノールパックフェイシャルです




この写真は何だ?
このドロドロは何なんだ?
パック中の私の顔です(立ってパック塗布)。

来月は、レチノールパックですので、ちょっと気になり先取りしました。
私も日々日焼けし、肌にしっかり現れておりますので。

レチノールは、ビタミンAの事。
レチノールは、主にしわやハリの改善効果に期待できます。

レチノールは美肌成分を作り出す線維芽細胞に働きかけ、その生成を促す働きがあると言われ、肌にハリや弾力が蘇る事によってしわが目立ちにくくなるのです。

そして、軽いピーリング効果がありますので、古い角質を剥がし、新しい角質への生まれ変わりを促す働きもあります。

今までもラベンダーパック、ローズパック、月桃パックなどし、なかなか好評のパックシリーズですが、今回のレチノールは残念ながら香りがないのですが、いつものパックより、ぷるぷるの感触です。

20分後。
しっとりしたように思います♪
そして、もちもちしているような♪

秋は、肌老化の季節です。
1年の中で、最も肌が老化する季節なのです。
ほおって置いたら、冬に泣く事になります。
9月、10月はぜひフェイシャルをしましょう。

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

夏風邪はとにかく睡眠を大切に




体がだるい。
喉が痛い、咳が出る。
腹痛、下痢。
高熱、悪寒。

夏風邪でしょうか?
今週、上記の症状を言われる方が続いています。

夏風邪は長引きやすい、治りにくい。と聞きますので、無理は禁物ですので、どうぞお大事に。

夏バテや睡眠不足で体力が低下している時、ウイルスに感染しやすくなってしまいますので、まずは睡眠をしっかりとりましょう。

暑いからとシャワーで済ませていませんか?
じっくり湯船に浸かり、発汗しリフレッシュする事も大切です。

よく耳にするのが、職場のクーラーか効き過ぎて寒い。と。外との気温差に体が慣れていない、気温差が5℃以上になると自律神経が乱れやすいそう。
首元に薄いスカーフなど巻いたり、1枚羽織る物を用意するなどし、体を冷やし過ぎないよう守りましょう。

【喉の痛み、咳におすすめの精油】
ティートリー、ユーカリ・ラディアタ
ラベンサラ、ラベンダー、ベンゾインなど

【使用法】
①キャリアオイル10mlに上記の精油を2〜6滴
②使用前に軽く振る
③症状のある部位に塗る

咳や喉の痛みの時は、フェイスライン、喉に。
ひどい場合は、フェイスライン〜耳下、喉〜みぞおち、首裏〜肩周りに塗り込み、早めにお休みください。


私は夏風邪は大丈夫ですが、先週頃から甘い物が増えております。
欲するものを食べる!
食べ過ぎには気をつけ、上手にバランスを取っております。

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

樹木系の精油




夏バテなのか?疲労が溜まり過ぎているのか?
ここ最近、樹木系の精油を選ばれる方が多いように思います。
樹木系はウッディー系とも呼ばれています。

樹木系の精油とは、樹木の葉や枝、樹皮などから抽出されたものです。

抽出部位通り、森や木々、葉っぱの香りで、森の中にいるような、誰でも安らぐ清々しい香りが特徴的。

あっ。これ知ってる!
嗅いだ事ある!なんて言われる方も。

木々の多い神社、山道などは、そのような香りがたくさんありますので、その時は、少し足を止めてゆっくり呼吸してみましょう。

樹木系の効能は精油により様々ではありますが、リラックス効果が高いものが多いですが、普通のリラックスではなく、深いリラックス。

心や脳の深いリラックス。
呼吸を落ち着ける。
深い呼吸。
など神経系や呼吸器系にもってこいの系統です。

そして香りの持続性が高いですので、しばらく香ります。

【樹木系の精油】
サイプレス、サンダルウッド、シダーウッド、ジュニパー
ティートゥリー、ニアウリ、パイン(松の木)
ヒノキ、プチグレン(オレンジの枝)、ユーカリ
ローズウッドなど

とても奥が深い香りです。
ずっしりと太い幹の木々ですから、香りも効能も深い。単純な私は嗅いだだけで風邪が治りそう(笑)

そんな樹木系を選ばれるお客様。
やはり呼吸が浅く速いように思います。
効能など関係なく、やはり欲しているから樹木系を選ぶのだな!と、その方の嗅覚と脳と心に拍手です。

そんな奥の深い力強い樹木系の精油ですが、選んだ時はいいが、いざトリートメントとなると、あれ?こんな匂いだったか?ちょっと渋過ぎる?と感じる方もいるようです。

はい。精油、精油のブレンドはとても奥が深いのです。

精油同士(種類)の相性もありますが、決まりはありませんので、まずはご自分の好きな香りからブレンドしてみるといいです。

樹木系は、ハーブ系やスパイス系と相性がいいです。
樹木系が渋く感じるなら、ゼラニウム、ラベンダー、カモミールなどで柔らかさの中に甘さを。
少し重く感じるなら、ペパーミントやローズマリーなどで少し爽やかに軽さを。

もんの少し加えるだけで香りがまろやかにもサッパリにも変身します。

私がこの香りがいい。
〇〇さんにはこの精油がいい。
と提案はしますが、いい香りには好き嫌いがありますので、効能うんぬんよりもご自分の好きな香りが1番効果があるもの。

効能はとても大切ではありますが、自分のリズムとバランスが整い、求める香りを生活に取り入れてみましょう。




| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

精油の不思議な夢




不思議な夢を見ました。

友人と旅行?
沢山の方と雑魚寝をする寝室(修学旅行のフェリーのような)。

風邪をひく!と、私は友人にレモンの精油を付けてあげ、自分にはペパーミントを付けようとするも色が濃くてなかなか出ない。

ペパーミントではない!
パチュリー?
間違えてパチュリーを出してしまったと精油のラベルを確認するとメリッサ(レモンバーム)でした。

えっ?これがメリッサ?

ここで目が覚めました。

目覚めた瞬間、、、
ペパーミントとパチュリーを間違うか?
パチュリーとメリッサを間違うか?
あり得ない。あり得ない。

人の夢なんてどうでもいい事ですが、精油の間違いに驚き、なんて不思議な夢を見たのかと不思議に思う私です。

ペパーミント、パチュリー、メリッサ。
全く香りも色も効能も全て違います。
夢ではありますが、なんで間違えたのかな〜。

今週、この3つの精油はそれぞれのお客様に使用したからかな?
それとも先月はメリッサにはまっていてほぼ毎日芳香していたが、今はペパーミントにしてるからかな?

ただの夢ですが、気になってしかたない私です。

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

ほのかに香る石鹸でhappyに




昨年から、プレゼントやお土産で石鹸を頂く事が続いており、どの方も『香りの物はどうかと思ったけれど、あえて香りの物を』と、悩んだ挙句に石鹸。

どんな香りを選んでくれたのか?と、嬉しくてたまりません。
ちなみに友人は、『香りの物を迷ったが、結局、香りは避けた』『香りの物だけは選ばない』と言います(笑)

さてさて石鹸ですが、包装紙の時点でふわふわと香りが漂い、ついついニヤニヤしてしまいますが、袋を開けた途端に脳が喜びで全開になり、ニヤニヤがニタニタに。

好みの香りは一瞬にして幸せになります♪

私は、香りのいい石鹸 はまず、タンスの中(タオル、ハンカチ、下着類など)に数ヶ月入れ、その後は浴槽行きです。
タンスを開けた時、衣類を手にした時、着用した時、ほのかに香り、ささやかな幸せが待っています。

は〜い!自慢コーナーです!
自慢させて下さい!
左から行きます!
カナダのラベンダー、ハワイのハイビスカス、タイのユーカリ配合。
浴槽は只今、フランスのラベンダーです。
最高にhappyです。

精油ももちろん大好きですが、石鹸は優しくほのかに香るので、どの方にも好まれるのではないでしょうか?

タンスに入れるのもですが、枕やパジャマの胸元に擦り付けたり、枕元にお気に入りの石鹸を置くのもおすすめです。
ぜひぜひ、お気に入りの香りをお供に。
香りのない生活は寂しい。が、私の本音です。




| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

香りを感じる事は幸せな事






嗅覚は、人間の五感の中で最も原始的であり、本能的な感覚で、香りはダイレクトに感情や本能を支配する脳に作用すると言われています。

精油でも何でも、ほんの一瞬にして香りの判断がつき、そこから、いい香り!癒される!元気になる!になります。
時には、苦手!ちょっと、、、!と言う事も。

ふと手に取った精油、普段選ばない精油を選んだ時、ほとんどと言っていいほど、その方に必要な精油(効能や抽出部位)であり、必要な精油のメッセージがあります。

たった1つ手にした香りに意味があり、納得する方、自分を少し振り返る方、キャーキャーと女子高生みたいに喜ぶ方、ちょっとウルッとされる方、、、様々です。

色んな時に精油を使用し、癒しなり元気なりもらっていると思います。

先ほども書きましたが。
嗅覚は、人間の五感の中で最も原始的であり、本能的な感覚で、香りはダイレクトに感情や本能を支配する脳に作用すると言われています。

そんな素晴らしい香りですが、、、
悲しい事に、、、
疲れてきたり、疲れて過ぎて来たり、無理に頑張り過ぎた時など、五感の中で1番に失われるものは【匂い】だそう。
悲しい(涙)
ですが、もしかすると心当たりのある方もいるかもしれません。
精油選びの時、時々、『匂わない』『あれ?今日は匂いが感じない』と言われる方も実際にいます。
普段はOKなのにふとある時、選ぶ精油のどれもがダメ!いつも好きなのに今日はダメ!今日は匂いが感じない!と言われる方も疲れを背負いすぎているのかもしれません。
全てがそうではありませんが、やはり疲れが溜まっている証拠です。

五感は全て失いたくないですが嗅覚の【匂いのない世界】は辛いもの。

そう言えば、匂いが感じにくくなっている。匂いに鈍感になった。など自覚のある方は、こまめに精油はもちろん、石鹸、香水、柔軟剤など香ってみましょう。

苦手な香りは苦手なので無理に香らないよえう。
いつもは好きだけど時に苦手と感じる時もそうです。

精油を嗅ぎ、元気になったり、癒されたり、ほっとしたり、幸せに感じらるなら幸いです。

写真はラベンダーとアップルミント。
嗅覚は無理ですが、視覚で癒されてください。



| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

セイロンライティア♪








夏の花を頂きました。
夏のお花を頂きました。
真っ白で小さなお花。
ただただ可愛い。
セイロンライティアと言うお花で、夏が似合うお花。

少し調べて見ました。
ライティアとほ、スコットランドの医師で植物学者のウイリアム・ライトを記念してつけられました。
ライトは、ジャマイカの植物などを研究した人です。

セイロンライティアのセイロンは現在のスリランカの旧国名です。
この植物がスリランカ原産であることからセイロンライティアと命名されました。
セイロンライティアは、インドやスリランカでは薬用植物として知られていて、インドの古典医学書『アーユルベーダ』にも薬用植物として載っているほど古くから重宝な花として大切にされていました。
花言葉は、清純。
お誕生日は、6月15日。
AICAのお客様にはいませんでした。

こんな小さなお花が薬用に使われていたなんて。
薬効は検索しても見当たらず。
真っ白なお花。清純。だから、浄化や心身鎮静かな?
でも春から夏の花で夏が似合うから、もしかすると活性か?冷却か?と、想像してみたり。

手で持つと小さな花束で可愛く、カップに入れればこれまた可愛く。
お花って、プレゼントされると嬉しい♪
ちょっと幸せな日になりました♪

花束を君に贈ろう〜♪愛しい人〜♪愛しい人〜♪
By宇多田ヒカル
ついつい口ずさむ私♪

このお花、少しジャスミンにも似ているような...
花の匂いはなく、青々しい葉っぱの香りでした。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アロマテラピー | 心と体 | 美容・コスメ | 趣味