アロマテラピー

2017年11月18日 (土)

呼吸に役立つ精油を常備



朝夕の寒さが身にしみる季節となりました。
あぁ。今年も秋が短かったなぁ。

このような症状が出ていませんか?
・呼吸が浅い
・呼吸が少ししんどい
・風邪のような症状
・風邪をひきやすい
・鼻水や鼻づまり
・肌や喉をの乾燥
・痰が絡む

当てはまる方は、早めに抗ウイルス作用・抗菌作用の精油を拡散させましょう。
職場でも常備し、こまめに吸入する事をおすすめします。

【肺の性質の方におすすめの精油】
ユーカリ、ティートゥリー、サイプレス
タイム、パイン、フランキンセンスなど

【抗ウイルス作用の精油】
オレガノ、クローブ、シナモン、ティートゥリー
バジル、パルマローザ、ラベンダー
ラヴィンツァラ、、ユーカリ、レモン
ローズウッドなど

・ディフューザー、加湿器、コットンに垂らす
・スプレーやオイルにブレンドし持ち歩く
・こまめに小鼻や喉に塗る
・肌に当たらないようマスクに付ける
・湯船で使用

自分の事は自分で守りましょう。

風邪をひきやすい方、呼吸が浅く弱い方、姿勢の悪い方は、白い食材を積極的に食べましょう。
大根、レンコン、ユリ根、里芋、山芋
梨、りんごなど。

私は先週から喉まわりにティートゥリーを塗って寝ています。



| | コメント (0)

2017年11月17日 (金)

シナモンで温まろう




そろそろスパイシー系の精油達の活躍する季節がやって来ました。
ジンジャー、シナモン、ブラックペッパー、カルダモン、コリアンダーなど。
どの精油もやや刺激も香りも強く、個性的ではありますが、どこか温かみがあり、とても優しい性格の持ち主だと思っています。
特にジンジャーなんて、誰とでも仲良くするいい子です。
シナモンは、鼻に残りますが、じわじわ温めてくれるくれ、そして優しい香りでそっと側にいるような子です。

あっ。
決して精油と会話ができます!なんて言いません(笑)

私は【腎の性質】です。
中医学がお好きな方は、私が【腎】だとお気付きでしたか?
何となく思っていた方がいましたら、是非ともお聞かせ下さい。
遠慮なく教えて下さい。

そのせいなのか?
精油に限らず、シナモンパン、シナモンティーなどシナモンの味と香りが好きです。
もちろん、ジンジャーも好きです。

今日はシナモンリーフのお話。
シナモンリーフは、葉っぱから抽出されます。

・生殖器のトラブル
(※妊娠中の方は使用できません)
(※分娩促進作用あり)
・消化器のトラブル
(冷えからくる腹痛や下痢など)
・呼吸器系
(抗ウイルス作用で風邪やインフルエンザ予防)
・空気の浄化
・凝り、温め、温めて痛みを軽減
・免疫力アップなど
・心の温め

抗菌、防カビの働きもありますので、私はよくクローゼットや下駄箱に使用したり、掃除機にも利用しています。
小さくちぎったティッシュにシナモンを1滴落として、掃除機で吸い込み、掃除機をかける。
なんともいい香りで癒されます♪

※妊娠中の方は使用できません
※ワーファリンを投与されている方も使用できません
※刺激がやや強いです

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

お気に入りのくすり屋さんののど飴




私のお気に入りののど飴です。
パッケージもですが【29種類のハーブ配合】【くすり屋さんの】の文字に惹かれて購入し、すっかりお気に入りです。

29種類のハーブを配合。
ハーブ独特の香りと味も楽しめ、ミント効果で喉もほどよくスッキリします。
舌に当たる部位により、味が変化するような気もし、なかなか楽しいのど飴です。

またいつもの所に置いていますので、喉のイガイガや乾燥時、喉を休めたい時は遠慮なくどうぞ。

くすり屋さんのすっきりのど飴
マツモトキヨシに売っています。

喉を乾燥させないよう気をつけましょう。

| | コメント (0)

2017年11月12日 (日)

恐ろしい乾燥。すぐに保湿を。




秋晴れが気持ちいい。
ですが、空気の乾燥で、やや肌も乾燥気味、ついつい油断して日焼け。
さすが老化の秋です。納得。

数日前から鼻の下、口元~顎、腕などの乾燥が気になってきた私です。

スキンケア、ボディーケアできちんと保湿しているのに乾燥している方、きちんと【保湿】出来ているでしょうか?

保湿??(数日前のブログをご覧下さい)

顔ばかり保湿したり、ケアしている方もいるかもしれませんが、皮膚は1枚。
体のケアも怠らないよう。
そろそろ乾燥、乾燥気味、と言う所で保湿ケアを取り入れましょう。
カイカイになると後が大変です。

まず、肌の乾燥を悪化させている原因は何か?
入浴で肌が乾燥する事も、、、
いけないと分かっていながら私は熱々の湯船に浸かるのが大好きです。
皮脂が奪われ良くないのは重々分かっているのですが熱湯派。

【乾燥気味、乾燥肌の方は気をつけましょう】
・熱いお湯で温まる
・15分以上浸かりっぱなし
・毎日石鹸やボディーソープで洗う
・ナイロンタオルで洗う

これを少し控えるだけでも肌の乾燥は防げると思います。

そしてここからが大切です。
洗顔後、入浴後、すぐに保湿剤をつけていますか?
夏のようにダラダラ汗が流れないので塗りやすいと思いますので、すぐ補いましょう。

【保湿のリミット】
顔は90秒以内!遅くて5分以内!
体は10分以内!

体が温まった後のスキンケアやボディーケアは浸透もいいですので、夜は特に肌を労わるように優しくケアしてあげましょう。

乾燥は老化にもなります。
乾燥は、しわ、たるみを引き起こします。
乾燥は便秘にも繋がります。
乾燥は呼吸器のトラブルにも関係しています。
なかなか恐ろしい乾燥です。

化粧水やボディーミルクなどにスクワランオイルやオリーブオリーブなど1〜数滴垂らして馴染ませるのもおすすめです。
キャリアオイルの販売もしていますので、ご自分の肌、香り、馴染み、価格に合った物を選びましょう。




| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

インフルエンザ対策は精油を常備




爽やかな青空で秋晴れが何とも気持ちいい。
ですが、空気が乾燥してくると風邪・インフルエンザが流行り始める季節です。

絶対にウイルスはもらいたくない!
インフルエンザにかかりたくない!
風邪で寝込みたくない!
早めに精油の準備をし、常備しておきましょう。

精油は様々な作用を持っていますが、空気が乾燥する季節はウイルスが猛威をふるいますので【殺菌作用】【抗菌作用】【抗ウイルス作用】などのある精油を用いましょう。

毎年12月頃からインフルエンザは急激増加し、1月下旬から2月がもっともピークと言われています。
11月~3月頃まではしっかり対策し、感染予防~回復まで役立てましょう。

今年もインフルエンザ対策としまして、精油セットキャンペーンを行っています!
早めに精油を揃え、自分の事は自分で守りましょう!
そして大切な方、ご家族も守りましょう!

精油で香りよし♪
心身穏やか♪
抗菌・抗ウイルス作用などで防御♪
一石二鳥以上なのが精油であります。

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

数滴の精油で笑い元気に




フットバスの時、精油を入れていますが、この精油は9割私が選んで入れています。

・その方を見て(元気ない・しんどそう・浮腫みなど)
・その方の体質(中医学など)
・季節に合わせ(気温や湿度など)
・その方の顔色や気分に合わせたもの
などなど。

フットバスに垂らした精油は、一瞬にして香りが拡散されます。

この香り当てます!と言われる方は、ほとんど当たりません(笑)

【先日のお話】
ある方にローズマリーを入れました。
『ティートリー?』→違います
『ユーカリ?』→おしいっ!
『ペパーミント?』→少しだけ離れました!
『レザーニューム?』→えっ?レザーニューム?

レザーニュームとは、【ゼラニウム】の事でした。
私の知らない精油かと思い、大笑い(笑)
その方は結局、ローズマリーを当てる事が出来ませんでした。

【ある日のお話】
気温が高かったため、ペパーミントを入れました。
『このスッキリする香りはレモン?』→違います
『ローズマリー?』→違います
『柑橘ですよね?』→違います
『ヒント!』→スースーするもの
『ペパーミントグリーン!』→おしいっ!

正解はペパーミント。
この方は凝りが強いので【ウィンターグリーン】をよく使うので、ごぢごちゃになった様子(笑)

【ある日のお話】
モヤモヤしていたのでレモンを入れました。
『グレープフルーツ?』→近い!
『レモングラス?』→おしいっ!
『レモンバーム?』→おしいっ!もっと簡単に!
『ゆず?ライム?』→あと1つ!
『・・・』→レモンです

【レモングラス】【レモンバーム】と答える方が難しいのにな。なんて。

フットバスの精油だけで笑ったり、元気になったり、癒されたり、、、
香りは不思議なものです。
ですが、私が好きで選んだ香りが好ましくない時もありますので、香りは難しくもあります。

香りを身にまとう、香りを生活に取り入れる。
なんて素敵なのでしょう。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

精油の香り。精油選び。




ほとんどの方の精油選びは、フットバス中にしています。
・その時の体調で選ばれる方。
・体よりも心を重視して選ばれる方。
・1本だけ希望し、それに合うものを決めてもらう方。
・AICAに来て、芳香している精油をそのまま選ぶ方。
・中医学やアーユルヴェーダで選ぶ方。
・お任せの方(多いです)。
・アロマカードを引く方(好きな方は毎回です)。

トリートメントも体質もですが、精油選びもそれぞれで楽しいです。

意外と多いのですが、、、
例えば、今日は○○さんにはオレンジが合いそう。
オレンジを使おう。
なんて思っていると『今日はオレンジの気分です』なんて言われたり。
同じ精油を思ってるだけで単純な私のテンションはアップ!

そして、こう言われる方も多いです。
例えば、レモングラスを嗅いで『えっ?これがレモングラス?思ってた香り違います』『これがレモングラス?』などと言われます。

決して不思議ではないのです。
メーカーにより少しずつ香りも違います。
その時の気分で受け止め方も違います。
そして正確な(?)本来の(?)香りを嗅いだ事がないのです。

100%天然の精油ではなく、雑貨屋さんやお土産などで頂く色んな物が混じった精油まがいの香りがインプットされ、それを覚えているのです。

それはそれですが、100%天然の精油の香りをしっかりと記憶していきましょう。

ですから、『これがレモングラス?好きかも』なんて言われると、ほっとします。

ですが、中には精油を嗅いで『ウッ!』『オエッ!』『ちょっときつい!』なんて言われる方もいます。

この反応も間違いではありません。
嗅いで頂いているものは濃縮された原液です。
かな〜り濃いものですから、きつく濃く感じて当たり前ですし、もしかすると臭く感じる事も。

トリートメント時は、キャリアオイル(ホホバオイル、グレープシードオイルなど)に希釈(1〜3%に薄める)しますので、濃かった原液の香りではなく、ほのかに穏やかになりますので、ブレンドしたオイルを嗅ぐと柔らかな顔をされる方が多いです。

雑貨屋さんが好きだから、雑貨屋さんで精油を買う方も多いと思いますが、必ず【100%天然の精油】を選びましょう。
安いから!可愛いから!で飛びつかないでください!

いくら100%天然でなくとも、その香りがただ好きなだけでしたらいいのですが、その香りで心身をケアするのは控えて欲しく思います。
少し高価でも精油は、香り、効能などきちんとしたものを選びましょう。

今日も気持ちのいい秋晴れです。
さぁ、どの香りを身につけましょう〜♪


| | コメント (0)

2017年10月28日 (土)

【肺】の性質は白い食材




体の乾燥はあらゆるものを招きます。
乾燥肌、肌荒れ、湿疹、赤み、痒み。
喉、気管支、風邪、便秘、、、

【乾燥】と【肺】は深い関係があります。
顔や体に乾燥が原因で何かの症状が出るとそれは【肺】にも表れると言います。
【肺】が乾燥すると全身の巡りが悪くなり、風邪。はじめ、様々な不調に繋がります。

・喉を潤し風邪から守りましょう。
・こまめに水分を摂り、便秘に注意しましょう。
・しっかり保湿し、痒みや湿疹を防ぎましょう。
・【肺】を潤し、免疫力を上げましょう

【免疫力・バリア機能を上げるおすすめ精油】
ユーカリ!ティートリー!
クラリセージ、サイプレス、マージョラム、シダーウッド、フランキンセンスなど

風邪やインフルエンザが流行る前、出始める前から上記の精油を拡散し、自分を守りましょう!

・風邪をひきやすい方。
・肌トラブルの多い方。
・色が白くカサカサしてる刀。
・むくみやすい
・姿勢が丸く猫背
・呼吸が浅いなど

心当たりのある方は、【肺】のグループかもしれません。

山芋、玉ねぎ、大根、レンコン、じゃがいも
梨、林檎、甘酒など白い食材を食べ潤しましょう。

画像のきなこ大豆。
想像以上に美味しかったです。
ほんのり甘くはまりそうです。
大豆も白。
おすすめです。

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

金木犀の香りと思い出





どこからともなく漂ってくる金木犀の香り。
あの甘い香りについつい立ち止まり、脳が酔いしれ、どこにあるのかを見渡してしまう。
たくさんの人々を惹きつけ、引き寄せる金木犀は、かなり魅力的。
これまたオレンジの小さな花が可愛い。

金木犀の香りは、100種ほどの成分によって作り出され、香りが強い事から、昭和初期には消臭のためにトイレの近くに植えられていたそうです。

金木犀(ラベンダーも)→トイレの芳香剤の匂い。
仕方ないのかもしれません。
ですが、香りを仕事にしている私としては少し悲しいです。
頭にインプットされたものを覆すのは難しいですが、金木犀もラベンダーも素敵な香りです♪
芳香剤。と思っている方々が、ふとした瞬間に金木犀やラベンダーの香りが心地よいと感じる日が来ますように。

私は秋が大好き。そして金木犀も大好き。
毎年、金木犀が漂う季節が待ち遠しく、、、嬉しくて笑ってしまう。
秋の朝一の少しだけひんやりした空気の中に金木犀の甘さがブレンドされた香りが特に好きなのです。
冷たい空気、秋独特のアスファルトと空気の匂い、そして金木犀。
この3つが同時に鼻の中を通る瞬間がたまらないのです。
分かる方がいるなら嬉しいな〜
あれは贅沢な香り♪
連日の雨、台風で金木犀ともしばらくお別れです。

もう少し金木犀のお話を。
金木犀の香りを嗅ぐとある方を思い出します。
私はボランティアでアロマトリートメントを行っているのですが、3年前?4年前?
あるおばあちゃんが『金木犀の香りが1番好き。金木犀がいい。』と。
残念ながら金木犀の精油を持っていなかったので、金木犀と同じ仲間のフローラル系の精油を使ってトリートメントしました。

香りと脳は深い関係があり、嗅覚と言うのは感覚の中で、1番記憶に残るのだそう。
金木犀の香りを嗅ぐと私は最高に幸せな気分になりますが、ふと、そのおばあちゃんを思い出すのです。
あ~。金木犀の香りを嗅がせてあげたかったな~(涙)と。

金木犀の香りもまた来年。1年後です。
またあの甘い香りに魅了されつつ、おばあちゃんを思い出す事でしょう。







| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

ジンジャーで心身温めましょう




雨。雨。雨。
気持ちがどんより。そして寒い。

そんな時におすすめの精油はジンジャー。
温め、活力を与える働きがあります。

温めると言えばジンジャー。と言うほど、有名ですが、それだけではありません。
・食欲不振や消化不良、便秘、下痢など
・冷えやリウマチ痛
・風邪やインフルエンザ、悪寒
・疲労やストレス、腰痛や凝り
・集中力、記憶力アップなど

秋〜春先まで活躍する精油ですので、そろそろ準備を。

ジンジャーはスパイス系に分類されますが、他にはクローブ、コリアンダー、シナモン、ブラックペッパーなどあります。
スパイス系は、ハーブ系や樹脂系と相性が良いとされていますが、ジンジャーはどの系統ともうまくやっていける精油です。
ジンジャーはきっと性格が優しい?相手に合わせる事ができる?みんなと仲良くできる?精油だと思います。

ジンジャーと言うと、スパイシーな香り。少し刺激が強い。など思われる方も多いと思いますが(実際そうなのですが)、スパイシーよりも柔さ、優しさの率が高いので、とても温かみがあります。
一瞬は、そのままの生姜ではツンッと鼻にきますが、鼻の奥では、甘い柑橘のような、甘い草原のような香りもしますので、目を閉じ、まず3秒ゆっくり吸い込んでみて下さい。
きっとジンジャーの甘さや優しさが分かると思います。

【ジンジャー】から【ジンジャ〜】と言う感じでしょうか?
余計分かりづらい?

体を温めるジンジャー。
ジンジャー風呂(3〜4滴まで)、ジンジャーオイル塗布、生姜湯。
心身温めましょう。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アロマテラピー | 心と体 | 美容・コスメ | 趣味