ボランティア

2019年2月 7日 (木)

愛ある神秘的なローズマリー


先日のボランティアのお話。
玄関先のローズマリーを少し摘んである方へ♡
なぜなら、ローズマリーのテーマが『愛』だからです♡

今日はあるものを持って来ました。
→何ですか?何かいい香りがします

はい‼︎ ローズマリーです‼︎
→名前は聞いたことがあるけれど、これがローズマリー?いい香り〜

葉っぱをスリスリして嗅いでみてください
→うわぁ。すごい!すごいですね!

再び、ローズマリーの簡単なお話、ローズマリーとウェディングのお話、ローズマリーと花嫁さんのお話を♡

4月までは元気に育ちますよう。
→頑張って育てます。責任重大....
と、真剣に育て方を聞かれていました。

ヨーロッパでは古くから結婚式でよく使われているローズマリー。
『変わらぬ愛』『愛の象徴』を意味し、祝福事でも大活躍。

・ブーケやリースなどにローズマリーを添え身につける
・ローズマリーの小枝を水に浸して花婿と花嫁の付き添いが運ぶ
・ゲストさまにローズマリーを配る

結婚式で使用したローズマリーが新居に根付けば『幸せになれる』という言い伝えがあるようです。

ローズマリー達!
4月の特別な日まで頑張って!
ここのお部屋で生き生き育って!
そして、この方を元気にして!
と願いを込めて....

神秘的な力を持つと言われているローズマリー。
そんなローズマリーを微笑みながら見られている表情がとても綺麗で。
優しく指でお花や葉に触れている仕草がとても美しくて。
一瞬、惹き込まれてしまいました。
私が写真家なら、きっとシャッター押していたはず。
私が画家なら、きっと絵を描いていたはず。
ほんの数秒ですが、『真の美しさ』に触れたようでした。

ローズマリーのお話の後はアロマケアへ。
初めてのフェイシャル。
初めて。のことは誰もが記憶に残りやすいものです。
と言うことで私もちょっと気合を入れて!

この方に合いそうな精油を3本。
①これがぴったりだな
②これも合うな
③これもいいかも
と思っている3本のそれぞれの香り。

簡単に説明しながら1本ずつ香りを嗅いでいただくことに。
少し悩んだ結果、①これがぴったりだな。を選ばれました。

やっぱりこの香りを選んでくれた♡
ぴったりだ♡
と、嬉しさ倍増。

選ばれた精油をブレンドしお肌に....
幸せです。
すごく幸せです。
気持ちいいです。
と(涙)

『魔法の香りです』なんて言いながら(笑)

この香りが素敵な記憶として、この方の力となりますよう。

大切な日に合わせ、お肌をより綺麗にしましょう。
→間に合うかな〜

私が綺麗にしてみせます!
→お願いします。私も頑張ります

次回の約束をし挨拶時、満面の笑みを見せてくれ、私が部屋を出るまでずーっと見ていてくれたお顔が私の後頭部に焼きつけられました。
はい!記憶完了。
いい香りの素敵な記憶は幸せなので、どんどん増やしていこうと思います。
次はどの香りにしようかな....

祝福事で使用されるローズマリー。
4月ブライダルの方が『欲しいです!』と。
どうぞ〜♡
4月出産予定の方が『今度、ローマリーでお腹マッサージして欲しい』と。
安全第一ですので、マッサージではなく香りを少し楽しみましょう。

ローズマリーは、記憶力・集中力アップ・眠気覚しや抗ウイルス作用で空気浄化にも役立ちますので、毎年、お子さんの試験前などに購入される方もいらっしゃいます。
会議前や車内にも便利です。

※ローズマリーは通経作用(月経を起こさせる働き)がありますので、妊娠中、特に妊娠初期の使用は控えてください
※やや刺激が強いですので、血圧が高い方は控えましょう

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

香りの『レモン』曲の『Lemon』


美しい涙。
ボランティアではいろいろな感情の涙を見受けますが、忘れられない涙がいくつかあります。
私の心に残っているベスト3の中の1つのお話をしたいと思います。

アロマトリートメントが初めての50?60?代の男性。
寡黙な感じで口数の少ないお方。
グダグダ精油の説明をするよりも馴染みのある香りがいいと思いレモンを手に取り嗅いでいただくと、目を閉じたまま『これは青々しい若いレモンの香りがします』と。
えっ?アロマ関係の方?香りに関する方?と内心ドキドキ。
マッサージ中も会話はなく....
すると数分後にす〜っと涙が....
えっ?痛い?どこか触ってしまった?何か言ってしまった?と不安になり、お声かけを。

するとこの方は料理人一筋。
下積み時代からずーっとレモンを切っては、お造りや様々な料理に添えていたそうです。

どれだけレモンを切ったことか....
嫌というほど毎日毎日レモンを切った....
その時と同じレモンの匂いがした。
懐かしい....
青々しいレモンの匂い。
一瞬で全てが浮かんだ。

すると。
もう一度 包丁を握りたい!
もう一度 料理がしたい!
と、再び涙を溢されました。

マッサージを終え、この方の奥様にいいタイミングでお会いし、ボランティア中のお話を少ししました。
奥様も涙を浮かべられ....
どうやら包丁を握るのは難しい様子。
ですが奥様は、
包丁とまな板を取りに帰ります!
教えてくれてありがとう!
主人の願いを叶えくれてありがとう!
と。
奥様も涙を流されていました。

『青々しいレモンもお忘れなく』
と付け加えると涙を浮かべながら満面の笑み。
指でグー!
そして走って行きました。

5年ほど前の話だと思いますが、とても心に残っていて、ふとした時に思い出すのです。
精油や果物のレモンを嗅ぐとこの方が浮かび、『美しい涙だった』としみじみ思うのです。

昨年は頻繁に思い出していました。
それは『Lemon』が関係しているからです。
1月末〜3月頃まで毎日毎日聴いていた曲が米津玄師さんの『Lemon』。
この曲は『あなたが死んで悲しいです』という自分の気持ちをただひたすら暴露する4分間の曲で、自分勝手な曲になってしまった。と反省されたそう。
デビュー曲から好きな米津玄師さんの『Lemon』がこんなにも絡んでくるなんて....
PVのダンスは『跳ねたテンポでバラードを。踊るように人の死を思う』と。

たくさん好きな曲はありますが『Lemon』は私にとって特別な1曲となりました。
1月末の大切な日には、レモンの精油を焚きながら『Lemon』をしっとり流すとします。
青々しいレモンの香りがするのか?
それとも苦いレモンの匂い?(By米津玄師)
さぁ、どっち?

美しい涙の男性ですが、どの部屋で、どんな配置で、ベッドの角度や流された涙など今でも全て鮮明に覚えています。
『美しい涙』だったからこそ、ここまで深く覚えているのかもしれません。
本人様からするといい涙ではないのかもしれませんが、私は『美しい』と思えました。
その後、スタッフの方から連絡があり、嬉しそうに包丁を握り、少しお料理されたと聞きました。

レモンを嗅ぐと、美しい涙を流された男性、私の大切な大切な人、そして米津玄師が浮かぶのです。

香りってすごい。
香りの記憶ってすごい。
そして、音楽の力ってすごい。
美しい記憶は大切にしたいと思います。

画像はレモンの石鹸です。
すごくいい匂い。
果物シリーズとお花シリーズが10種類ほどありますが、どれもいい匂いがしますのでおすすめです。
プレゼントにも喜ばれると思います。

レモンですが、感染症予防や空気の浄化に役立ちますのでどんどん拡散し、ウイルスから守りましょう。

| | コメント (2)

2019年1月15日 (火)

ローズマリーとウェディング♡


4月の挙式は人気なのでしょうか?
気温が安定し、暖かく、桜や花が可愛いからかな?

4月、おめでたいことがまた1つ増えました。
4月は気忙しくなるかな?
3名さま挙式。
2名さま出産予定。
ハラハラ。ドキドキの月となりそうです。
出産の方は、私の知り合いの助産師や看護師にお任せしているのでこちらは安心なのであります。
ですが、ケアはお任せください。

今回、新たにブライダルプランが追加となりました。
ある場所で出会った方です。
とても特別なブライダルとなり、私の特別な人になると思います。

(仕事は置いといて)
この人のために頑張ろう。
私にできることをこの人のためにやろう。
と、心に火がつきました。
火がつくことは滅多にないのですが、それほど素敵な方に出会ったのです。

大切な大切な日のために。
4月がとびきりの笑顔でいられるよう。
お肌もキラキラ輝いていられるよう。
私の精一杯で望みたいと思います。

アロマセラピーでいろんな奇跡が起こりますよう...
心から願って....

この方にローズマリーのお話を。
ローズマリー??と。
なんとなく聞いたことがあるような分からないような....

ベラベラとローズマリーの話をしました(笑)

ローズマリーは、ヨーロッパでは神秘的な力をもつ花として扱われており、結婚式やお祝い事、お葬儀などの冠婚葬祭に欠かせない植物として知られています。

素敵な花言葉もたくさん。
・あなたは私を蘇らせる
・変わらぬ愛
・静かな力強さ
・追悼
・誠実
・思い出
・記憶など

ヨーロッパでは、古くから結婚式にローズマリーが使われていたそうです。
おしゃれ〜。

【その①】
ローズマリーの花を髪に巻く。
(髪飾りのようなものだと思います)

式後、そのローズマリーを植える。

それが良く育つと夫婦や家族との絆が深まる。

【その②】
ローズマリーの小枝を水に浸して花婿と花嫁の付き添いが運ぶ。

花嫁はローズマリーのリースを身につける、もしくはブーケに挿し込む。

この小枝が新居に根付けば、幸せになれる。

【その③】
ローズマリーをゲストの方々にプレゼント。

それぞれにローズマリーを根付かせていただいて、ずっと皆様が幸せでいられるように。
結婚式の日が皆様にとっても素敵な思い出になるよう。

花婿花嫁さんの想いも込められている。

素敵でしょ?
ローズマリーって素敵でしょ?

私の1番の心友の結婚式の時、各テーブルのお花は、素敵な花瓶にたくさんのハーブや植物が生けられていました。
しかもアンティーク風でおしゃれでした。
さすがだな。と。

一人一人のメッセージカードの上にも小さなハーブが添えてあり、他の人のは覚えていませんが、私のハーブはローズマリーでした。
ナフキンにはローズマリーが一緒に巻かれており。
とっても心優しい心友。
自分のことよりもいつも人を優先し、心温かい心友。
彼女が、このローズマリーの話を知っていたかは分かりませんが、着席し、メッセージカードとローズマリーを見た瞬間 泣いてしまいました。

次回、ローズマリーをお見せしよう!
ちょうど薄紫、水色の花を咲かせていますので、小さな花瓶に生けて持って行こう!

肥料をあげ、たっぷり日差しを浴びさせ、4月まで元気に育てようと思います。

このローズマリーがもしかして髪飾りになるかも?
それともブーケやリースに添えられるかも?

ローズマリー達。
4月までは元気いっぱいでいてちょうだいね!

あまり名は知られていませんが、ヤロウ(白い小さなお花)と言うハーブもブライダルで使われることがあるようで、ブーケにあしらうと7年間幸せが訪れると言われています。
なぜ7年間かはわかりませんが....

4月挙式のお客様2名さま。
アロマもハーブも大好きな方々です。
きっとローズマリーの話に飛びつくと思います♡

あっ。ちなみにユーカリのブーケは海外では人気で、日本でもこの数年 急増してるとか?
色や形、軽い動きのあるフォルムが今までにないグリーンとして素敵に見えるとか?
私の心友のブーケにもユーカリがありました♡
素敵なブーケだったことはしっかり記憶です♡

ローズマリーは、永遠の象徴。
花嫁さんの花冠を作ったり、枝で新郎新婦を祝福♡
私は不器用だから作れませんけど(笑)

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

2018年はボランティアの年


今週、数名の方に同じようなことを言われました。

・今年はAICAさんにとってボランティアの1年でしたね
・2つのボランティアを上手にされた年でしたね
・アロマボランティアも災害ボランティアも来年もされますか?
・アロマボランティアと宇和島市災害ボランティアのブログで力をもらいました
・想像以上に大変とは思いますし、勝手な発言ですが続けて欲しいです
など。

2018年。
ボランティア。がテーマ?
そうかもしれません。
嬉しかったことも感動したことも そうでなかったこともボランティアが関係していますし....
元気になったのも回復したのも落ち込んだのもボランティア....
いい人達に出会えたのもお別れもボランティア....
嬉し涙も悲しい涙もボランティア....
楽しかったのも楽しめたのも怒りを感じたのもボランティア....
ほんとだ。
喜怒哀楽すべてボランティアが深く関わっています。
今年はいろいろあったボランティアでした。

【アロマボランティア】
とてつもない日々の不安や痛みなどを抱えた方々の一瞬でも安らぎになるよう。
私はアロマセラピーが多くの力を発揮してくれると思っています。
香りが脳に直接伝わり→体を整える→心を和ませる。
タッチング(優しく触れる)→安心→幸せホルモン増える→眠れる。
幸せそうな、一瞬でも安らかなお顔が見れると私の方が幸せで。

アロマセラピーやタッチングがもたらす感覚。
・気持ちいい
・あたたかい
・安心する
・ほっとできる
・恐怖がなくなった
など

やっぱりアロマセラピーは素敵で。
植物の力は強くて優しくて。

・気持ちよかった
・気持ちいい
・いい匂い
・体が楽
・ありがとう
・最高
・また会いたい
など

なんとも言えない気持ちになります。
その何倍も私が思っています。

アロマボランティアは必要だと思います。
そう思っている間は続けます。
そして何よりアロマボランティアは、私の癒しの場なのです。
とても大切にしている場所です。

今年も忘れられない人達に出会いました。
もっとマッサージしてあげたかったな。
〇〇の精油も嗅がせてあげたかったな。
もっとおしゃべりしたかったな。
と、今でも時々思い出します。
あぁ。会いたいな。と、ふと浮かびます。
それほど今年は大切な方々に出会えましたし、救っていただきましたし、たくさんのことを教えていただきました。
たくさん素敵な方々と出会えましたが、中でもお二人は特別なお方でした。
お二人とも本当に絶妙のタイミングで出会ってくれたのです。
会うようになっていたのかな?と思うほどです。

【宇和島市災害ボランティア】
土砂集め、瓦礫集め、床下・床上掃除、ゴミ集め、みかん山。
こちらのボランティアは参加して本当に良かった。
見える世界。違う世界。を見ました。
テレビだけでは分からない現状、テレビとは違う風景や発言。
あの時はこうだった!
あの時、こうなった!
など テレビでは分からないことを教えてくれました。
知っている美しい風景の変わり果てた姿はどう言っていいか分かりませんが、実際に自分の目で見ることができ良かった。
地元の方々は強くて優しくて必死で....
そして素敵な笑顔を見せてくれました。
炎天下の作業で熱中症になりましたが、『ありがとう』だけで満足でしたし、ボランティア仲間の『お疲れ様』で元気になりました。

嬉し涙、感動の涙、悔し涙などたくさん見ました。
当たり前でないことを知る。
改めて友人の存在を知る。

やっぱりここでもボランティアが教えてくれました。
来年は募集あるのかな?
また友人と参加しようと思います。

ボランティアが教えてくれた。
ボランティアで教わる。
ボランティアで変わる。
ボランティアで必要な人に出会う。

なんでボランティアしてるの?
いつまでするの?
と、昔何度か言われたことがありました。
わかってもらえないとは思いますが、きっとボランティアが好きなのだと思います。

必要と思っているから。
待っていてくれている人がいるから。
です。
今年、初めてアロマボランティアを辞めよう。と思いました。
辞めなくてよかった....
本当に辞めなくてよかった....
私もまだまだです。

2018年。
2つのボランティアを私なりに頑張りました。
1つは足手まといでしたけど(笑)
心に残るボランティアとなり、またたくさんの想い出ができました。

2019年。
アロマボランティアは8年目スタート。
災害ボランティア(あるならば)参加します。
私のペースで、私にできることをやって行きます。

いつもボランティアを応援してくださっている方々。
ありがとうございます。
そのお言葉で頑張れる私です。

やはり年末は気忙しく。
先日は生花もあり、何かとバタバタと....
そんな中、見上げた空と景色がとても綺麗で。
少し足を止め、眺めることに....
やっぱりこう言うほんの少しの時間が大切?好きなんだな?と。
バタバタ気忙しいのは苦手であります。

| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

宇和島市吉田町ボランティア⑨


急傾斜地が9割を占める吉田町のみかん山。
直に注がれる太陽と海の恵みと農家さん達の想いで育まれた【吉田みかん】
爽やかな香り。
みずみずしい酸味と甘みが◎


一つずつ摘果するのですが私と友人が、
いい匂い〜♡癒される♡なんて言ってると農家さんが
『匂いなんてせんで!皮も切りよんじゃないかね?』と。
あっ(苦笑)
切っていなくても、みかんや枝からほのかに柑橘の香りがふわふわと。

これぞアロマセラピーだ!
まさに大自然のアロマセラピーだ!
みかん王国最高です!

精油を抽出する時は、3パターンほどありますが、柑橘類は【圧搾法】と言って、そのままですが搾って抽出する方法です。
柑橘類の果皮の表面にあるつぶつぶの中に蓄えられています。
実ではなく【果皮】を使用します。
柑橘類の皮を剥いだ時、つぶつぶが弾けていい香りしませんか?
それが精油の元です。
機械のローラーを使って圧搾し、遠心法で分離されています。
昔は手で果皮を搾っていたとか?


とれたてみかんの皮を剥ぎ、指に香りがつき、それを嗅いで喜ぶ。
あれだけ精油を嗅いでいるけれど、やっぱりいい香りはどれだけ嗅いでも嬉しい。
みかん(柑橘)と木々(樹木や枝)の香りに癒されながら摘果作業。
ボランティアもいいけれど、アロマセラピーは素晴らしいな。と再確認。

段ボールにたくさん入っているみかん達。
それは農家さんお一人お一人の丁寧な仕事と愛情があるから品質がいい!
美味しいはずです。
実際に農家さんのお話を聞き、体験すると、今までのみかんとはひと味違った目で見、味も格別。

吉田町のみかん栽培を支えているのは60代の方々が中心ですが、後継者もいるようで安心しましたが後続者がいない地区も多々あるそうです。
1年間のうちの数日になりますが、また機会があれば参加したいと思います。
違う世界を見る。
違う世界を知る。
そしていい人達に出会う。
心が洗われる。
刺激を受ける。
当たり前ではないことを知る。
役に立っているのか?足手まといになっているのでは?は分かりませんが、私なりにやっていこうと思います。
友人ともまた参加しよう!と。


ブログを読んでくださっているお客様からは、
・みかん山のボランティアお疲れ様でした
・みかん山の話を聞かせてください
・転んだり滑ったりしませんでしたか?
と。
そして、私達が摘果した吉田みかんを数個ですが、お土産としてお渡ししています。
・この中にAICAさんが摘んだのがあるのですね?
・大事にいただきます
・どれがAICAさん?
・サインしといたらAICAさんの!ってわかりましたね
・もったいなくて食べれません
と。
みんな可愛いな♬
吉田みかん。たくさん食べてください♬

情けないことに全身筋肉痛です。
翌日は首、肩、腰、太ももが痛い。
翌々日は太ももと足裏が痛く重い。
これは踏ん張っり、足場の悪い山道を何往復も歩いた証拠です。
みかんを落としてはいけない!と腕にも力が入っていました。

みかん山に登る前にストレッチや準備運動などしとけばよかったかな?なんて。
運動は苦手ですし、好きではないので....
誰もが認める運動不足ですし、運動音痴(笑)

みかん山は激しい運動。
滑っては危ないと身体の筋肉がこわばり。
乳酸のしわざかな?
当日、アロマオイル塗って寝る予定が思いの外、疲労でアロマオイルのことなど頭になく。
翌朝目覚めた時、しまった!と。

【私が塗った急性筋肉痛ブレンド】
ペパーミント(寒いから1滴)、ローズマリー
レモングラス、レモンユーカリ
しっかり塗り込みました。

【筋肉痛におすすめの精油】
ジュニパー、ユーカリ、レモンユーカリ
レモングラス、レモン、ローズマリー
マージョラム、ラベンダー、ペパーミントなど

足裏で踏ん張ったせいか?
足裏が重く、老廃物が溜まっている様子。
レモングラスとジュニパーは高濃度にして塗り込むとしよう。
みかん山のボランティアをしたのだから、やっぱりオレンジもブレンドしよう。
ちょっとだけオレンジの精油が特別なものになりそうです。


収穫する農家さんやお手伝いをしてくれていた人達の数が今年は一気に減ったそうです。
かなりかなり微力ですが、これからも何かしていこうと思います。
と言いつつ、友人と『全身筋肉痛』『体幹痛い』『翌日よりひどい』などとやりとりしたり(笑)

また参加しよう!
違う世界をみよう!
宇和島を応援しよう!
私達にできることをできる時にしよう!と。

吉田町みかん山ボランティア募集中!
12月9日(日)までの土日のみです。
送迎バスもあります。
【吉田町みかん山ボランティア】で検索を。

宇和島市は私の地元のお隣ですので、いつも宇和島市の記事ばかりです。
ご了承ください。





| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

宇和島市吉田町ボランティア⑧


休憩しようや〜。
お茶でも飲もうや〜。


珈琲とレモンはどっちがいい?
と言いながら、カゴに上手にカップを引っ掛け、手際よくみんなのお茶の準備を。
お菓子も食べてよ。
おやつまでありました♬

みかんは好きなだけ食べてよ〜。
ここの畑は1番高い場所にあるから甘いよ〜。
21世紀でも極早生みかんでも何でも食べてよ〜。

最高♬
一瞬、ボランティアを忘れ、ピクニック気分になっていた私です♬
絶景を眺めながら、いい日差しを浴びながら、最高に美味しいとれたてみかんを食べながら、レモン茶を飲む。
贅沢なティータイムです♬
のんび〜りとした温かい空気でした。

昔は、みかんを収穫したらしばらく寝かせて酸味を取っていたが、温暖化の影響か?
この10年ほど、酸味がなくなり、甘みが増し、すぐ食べれるようになったそう。
そして今年は寒暖差が激しかった影響で、みかんの色が濃いそう。

いろんな話を聞きながら、みかんをいただく♬
とても有意義な時間でした。
心身リフレッシュ&リラックスできた1日となりました。
ボランティアに参加して良かった。と改めて感じました。


まだまだあります。
頑張りました。
摘果した吉田みかんは、東京へと運ばれる予定だとか?


なんと。
農家さんが、私達1人ずつに段ボールいっぱいのおみかんをくれました(涙)

ありがとう。
今日は本当にありがとう。と。
別れが寂しくなるほど楽しかった時間で、なんとも言えない気持ちになりました。
私達がお礼を言いたいほどです。
素晴らしい体験、素敵なお話、生の体験談、美味しいティータイム。
ありがとうございます。


こちらの吉田町みかん♬
お手入れの後のデザートタイムの時にお出しします♬
私が摘果したおみかんもあります(笑)

今年の吉田みかんは格別甘く美味しいです。
食べましたか?
たくさん食べましょう。

みかんボランティアを募集しています。
12月9日(日)​まで。土日のみ。
【みかんボランティア】で検索を。




| | コメント (0)

宇和島市吉田町ボランティア⑦


みかんの産地である宇和島市吉田町。
みかん山ボランティアに参加してきました。
7月の豪雨で宇和島市、そんな中でも吉田町は大規模な土砂災害に見舞われ、みかん畑ごと土砂崩れし、流された山が多々ありました。

・農道やモノレールの寸断
・スプリンクラーやモノレールの破損
・農業器具の破損
・ご自宅が被災された農家さん

みかん山に行きたくとも行けず。
農家さん達も被害に遭われ。
中にはご自分のみかん山を後回しにし、被災されたご自宅の土砂集めや炊き出しのボランティアに参加していた方々もいたそうです。

みかん山どころではなかった!
みかんの管理ができなかった!
と。

50名ほどのボランティアが参加し、4〜5名のチームで各農家さんの指示に従いみかんを摘果します。
私達の担当の方のみかん山も一部土砂崩れし、スプリンクラーが埋もれ、2ヶ月後にやっと顔を出したが使い物にならず。
モノレールのエンジントラブルで山に登れなかった時期もあったそうです。


みかん山は、想像を超える傾斜。
急斜面に見渡す限り広がるみかん農地。
登りはモノレールに乗せてもらったのですが、ちょっとテンションが上がってしまい、はしゃいでしまいました♬


当たり前ですが、見渡す限り、みかん♬みかん♬
晴天で空も青く、海はキラキラと輝き、景色も空気も最高に気持ちよく、みかんのオレンジ色と葉っぱの緑色も鮮やか。
みんなで和気あいあいおしゃべりしながら摘果しました。

みかん、枝のほのかな香りに癒されながら頑張って摘果。
楽しいかも♬

農:これ見てみて!カメムシがみかんの汁を吸った後よ。
私:えっ?カメムシが汁すうの?
農:ほれ。緑色になっとるやろ?
私:ほんと〜
農:皮を剥いでみ。
するとその部分は、汁がなく乾燥していました。

農:カメムシにおしっこかけられたら火傷するで
私:またまた〜
農:ほんまで〜。カメムシのおしっこが皮膚に当たったら大変で
私:初めて知りました。カメムシがおしっこ?
農:そんなことも知らんのかね?
私:はい(笑)
農:カメムシ甘くみたらいかんで〜

いろんな話をしながら摘果します。
イノシシは、落ちているみかんは一切食べないそうで、その中でも美味しい種類のみかんを食べるそうです。
イノシシは美味しいものを知っている!って事??

幼少期から当たり前に実家にはみかんが山のように入ったダンボールがたくさんあり、みかんがある生活が当たり前で、みかんを食べるのが当たり前でした。
驚くほどの傾斜で、足を踏ん張っていないと危ない場所もあり、一つ一つ摘果する作業、積んだみかんを何往復も運んではモノレールに乗せる。
また日差しの下で摘果する。
想像以上の重労働でした。
みかんの摘果は個人的にはとても楽しく私には合っている作業だと思いましたが、私が当たり前に食べているみかんは、こうやって、農家さん達が一つ一つ摘果したもの。と思ったら、当たり前に食べてはいけないな。と。
今年の吉田みかんはなおさら、感謝していただかないといけないな。と思いました。


作業は4時間ほど。
摘果は楽しいのですが、急斜面で踏ん張っていないと危ない!
みかんの枝も自由にいろんな方向に延びているので、難しい!
慣れない作業や動作に悪戦苦闘し、やや体は痛みましたが、気持ちいい!
やっぱりボランティアは気持ちいい!
景色や空気、匂いが気持ちよく、頭も心も清々しい!
ボランティアは最高です!
また充電できました。

今回もいいメンバーでした。
毎回素敵な人達とチームなのでありがたいです。
そしてとってもチャーミングな農家さんでしたので、まだまだ摘果したいほどでした。
・男性60代?70代?
みかん山ははじめてだが、夏に床上浸水被害のご自宅の土砂集めに参加
・男性50代?
みかん山は2回目で、この方も床上浸水被害のボランティアに参加

お二人とも穏やかで優しい方々で助かりました。
私や友人以上にみかん山では作業されていましたし、いろいろと助けていただき、ありがとうございます。
何より農家の可愛いおじさんのおかげで、楽しく貴重な時間を過ごすことができました。
参加して本当に良かった。

みかん山ボランティアも東京や大阪など県外からたくさんの方々が参加されているそうです。
・祖母が宇和島市に住んでいる
・祖父母(両親)の里が宇和島市
・幼少期 宇和島市に住んでいた
など。
『ありがたい』
『本当にありがたいです』と農家さん。

以前、何かの番組でボランティアに参加している松山市の大学生が『祖母が宇和島市出身です。少しでも宇和島のために貢献したかった』と言われていたのが印象的でした。

帰りは、吉田町の中でも特に被害が大きかった玉津地区を回ってくれました。
玉津地区ははじめてです。
テレビで知るだけでした。
土砂崩れを起こし、未だに手がつけられない山が数カ所。
こちらを再建するには10億円かかるとか?
土砂でモノレールやみかんの木が埋もれている畑。
川には流された軽トラがそのまま。
まだまだでした。
まだまだの宇和島市でした。


みかんの摘果・収穫作業ですが、圧倒的に人が足りないそうです。
みかんボランティアを募集しています。
12月9日(日)​まで。土日のみ募集しています。

美味しい吉田みかん、愛媛のみかんを食べたい!
たくさんの人達に食べてほしい!
ボランティアに参加しませんか?

| | コメント (0)