ボランティア

2019年7月24日 (水)

呼吸を整える香りフランキンセンス

7b692ec0dc6a4de382d9a60589f63ef6

アロマボランティアのお話。
またフランキンセンスが感動させてくれ、思い出を作ってくれました。

ある女性のトリートメント。
上半身に痛みがあり、話すのも寝返りを打つのも目を開けるのでさえしんどい様子。
付き添われていたご主人さまがアロマを希望されました。

とにかく痛みを....
とにかく....
どうか....
と。

背中を希望されましたが、マッサージが行えないお背中でしたので、ゆっくり背骨にアロマオイルを当てるよう手のひらを動かしていきました。
肩で呼吸をされており、とても速い呼吸。
一度手を止め、手首内側とみぞおちにアロマオイルをポイントで塗り再び背中へ。
すると肩呼吸がなくなり、少しずつゆったりとした呼吸へ。
速い呼吸はそれだけで疲れますし、体力消耗です。

しんどかったですね....。と心の中で。

すると女性は、うっすら目を開け、私を見てゆっくり頷き、微笑んでくれました。

心の声が聞こえた?

ご主人さまは精油が気になる様子。
どれくらい持っているのでか?
どれくらいの種類があるのですか?
どんな香りなのですか?
と。

ゆず、レモン、グレープフルーツ、プチグレンを嗅いでいただいたのですが、一本一本嗅ぐたびに目を閉じ、鼻から思いっきり吸い、数秒して目を開き感想を伝えてくれました。

この瓶の中にギュッと香りが詰まっている!
と、とてもいい表情。
嬉しくなり、調子に乗り、精油の説明を....

この方にフランキンセンスを嗅いでほしい!と思い、フランキンセンスを嗅がせると、目を閉じたまま深く吸い込む。
目を開け、鼻筋からここに(胸をさすりながら)ス〜っと何かが入ってきたような、響いたような感じです。
ここ(胸)に響く香りがします。
こんなのはじめてですが、何ですか?
と言いながら、両手でフランキンセンスの瓶を持ち、じっくり見ています。

フランキンセンスです!(自慢気に!嬉しい!)
→えっ?なに?

フランキンセンス、乳香です!
→乳香?こんな香りがするのかぁ

イエスキリストが誕生した時、乳香ことフランキンセンスも贈り物の1つとして捧げられたほど貴重なものです。
→この香りが、黄金、没薬(もつやく)と一緒に捧げられたのかぁ。まさか嗅ぐことができるなんて....

と言いながら、フランキンセンスを噛み締めておられました。
ティッシュに2滴垂らし胸ポケットに。とお渡しすると何度も嗅ぎながら、不思議な香り。細い糸のような神聖なものが体に入ってくるようだ。と。

アロマボランティアにはフランキンセンスがかかせなくて、なにかの時はフランキンセンス!
助けてほしい時はフランキンセンス!
なにかとフランキンセンスを頼りにしています。

フランキンセンスは『呼吸を整える香り』
アロマボランティアでは『心身の痛みを癒やす香り』ではないか?と思っています。

その後、フランキンセンスを付けたしたアロマオイルを手に取り、女性のみぞおち〜肋骨、鎖骨〜胸、肩〜脇に時間をかけてのせました。
すると自然と腹式呼吸になっており、呼吸も整い....

呼吸がゆっくりになってきた。
さっきまでとは全然違う。
と、ご主人さま。
→はい!これがフランキンセンスの力です!

すごいオイルを塗ってくれてありがとう。
すごいなぁ。
今夜は久しぶりに寝れそうだね。と。

こんなことを言われるなんて最高です。
どうかどうか女性が痛むことなく、ゆったり眠れますように。

退室時も部屋の外まで見送ってくれ、何度も『ありがとう』と。
フランキンセンスのおかげで素敵な『ありがとう』が聞けました。

今までにたくさんの方にフランキンセンスを使ってきましたが、それぞれに思い出があり、いろんな表現が聞け、教えてもらうことが多いアロマボランティア。

イエスキリストに東方の三賢人が贈り物をしていますが、黄金以外の2つは精油(原料)でもあります。

【乳香(フランキンセンス)】
祈りの象徴。
乳香の樹液から作られた 崇拝に使われる高価な香料。

【没薬(ミルラ)】
死の象徴。
本来は死者の身体に、死体の防腐剤として塗られるもの。

遥か昔、フランキンセンスは同じ重さの金と取り引きされるほど高価なものだったそう。
フランキンセンスや高価など関係なく、精油(香り)を大事に嗅いでいる姿を見たとき、ものすごく嬉しかった。
こんなに大切に扱ってくれるなんて。と感動でした。

呼吸を整える香りフランキンセンス。
呼吸を深くさせるフランキンセンス。

フランキンセンスを嗅ぐとき、木々の側を通るときは、ゆっくり呼吸を....

Q.この文面の中にフランキンセンスは何個出たでしょう?

知るかいなっ!(笑)

A.24回です

それがどうした?(笑)


| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

パワー!充電!潤う!私のお気に入り

B743efe5dabe4dba81a48d1c20f404c6

元気にしてくれ、パワーを注いでくれる『アーモンド効果』。
ミルクティーも癒されて好きですが、こちらはすべてが好き♪

夏場はアロマボランティアの場所にたどり着くと汗だくのヘロヘロですが、頭の中は『何を飲もうかな〜』と、いろいろ悩みなら歩く。

ずらりと並ぶ飲料水の中に先日は『アーモンド効果』が1本だけあり!
あぁ。私のために残っててくれた!となんとも都合のいいように....

『アーモンド効果』の力はすごくて、飲む前から嬉しくて、飲んだ瞬間は美味しさと嬉しさで笑ってしまったり♪

この甘い香り、そしてアーモンドと甘さの鼻を通る匂いも好き♪


よしっ!頑張るぞ!
これを飲んだからやるぞっ!
と気合いが入り、体が充電されるように思います。
胃と何かが潤う感じです。

今の時期は200mlは足りない....
300mlほしい。
glicoさん、欲張りな人のために期間限定で作っていただけないでしょうか?
300mlでもストローで飲みたい。
glicoさん、アーモンド効果のアイスクリームなんていかがでしょう?
バニラアイス(ほんのりアーモンド風味)に濃厚なアーモンドチョコ!
絶対に美味しい!
棒でもアイスの実のような感じでもどちらでもいいです。

8年?7年?前の思い出あるおじいちゃん。
この方とはお互いの仕事やこだわり、友人や家族などいつもいろいろな話をしていました。
はじめての帰り際、冷蔵庫から数種類の飲み物を出し『せめてこれくらい受け取ってほしい』と。
どうやら、数時間前から数本選んで買い、冷やしてくれていた様子。
私はカフェオレを選びました。

2週間後、4週間後、6週間後....
私が片付けをはじめると手にはお決まりのカフェオレ。
とっても可愛いおじいちゃんでした♪
たくさんカフェオレはありますが、おじいちゃんがくれるカフェオレはいつも同じで、今でもそのカフェオレを見るとおじいちゃんを思い出し、お部屋の配置や綺麗に干してある洗濯物などが浮かびます。

次のアロマボランティアの時は、おじいちゃんのカフェオレにしようかな♪

このカフェオレ、おじいちゃん。
ふとした時、浮かぶことがあり....
よほど思い出があるのでしょうか?

みなさんの元気にしてくれる飲み物は何ですか?
いろいろな種類の『アーモンド効果』がありますが、どれがお好きですか?



| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

普通の人。

Da705b3054044f0b97777251c963c087

アロマボランティアのことを聞いて来られるお客様が続いています。
先月のブログを読んだからでしょうか?

私がアロマボランティアしているのは知っているが、どこでしているかは謎のよう。
こちらはあまり言っておりません。

・先月のアロマボランティアブログ読んで泣きました
・ボランティアのブログ読んで自分もまわりも大事にしようと思った
・今までのボランティアの記事を読み返した
・ボランティアブログを読むと自分を振り返ることができる

みなさま。
ありがとうございます。
これでまた2019年後半も頑張れます。

私がボランティアに行っている場所では、遠慮される方、本音を言わない方、当たり前ですが心を閉じたままの方もいらっしゃいます。
誰だって初対面の相手に心を開かないですし....
ですが、植物というものはすごいもので、固まった心を緩めたり、1人で抱えていたものを自然と発させたり....
いろいろな感情に結びついて気づいたら口が開いていたり....
不思議な目に見えない力があります。

ご家族やスタッフさんから....
・アロマしてから胸の内を話すようになった
・自分のことをたくさん話してくれるようになった
・マッサージしてから明るくなった
など

これぞ植物の力です。
やはり基本は植物かな。と。

アロマセラピー、そしてアロマボランティアのAICAさんはチームの一員で、とても大切なケアの提供者です。
と。

今まで頑張ってやってきてよかったです(涙)
昨年、辞めなくてよかったです(涙)
ボランティア用(上の画像)の精油ボックスや容器を磨こうと思いました。
褒められると弱い(笑)

私がボランティアで訪れている場所は、本人さまもご家族も想像以上の緊張、不安、恐怖などを抱えている方もいます。

昔、ボランティア講習会に行った時、『なぜ、ボランティアの方々には安心し、心を開くのか?』と。→『普通の人』『素人』と言うのがポイントのようです。

納得です。
『普通の人』には安心感をもつ仕組みのようです。
私がスタッフの方々と同じような制服を着ていたり、同じような立場だと結果は違うと思います。

『普通の人』だから話せることがあるのか?
『普通の人』だからこそ?
『アロマセラピー』と『普通』の力の相乗効果で、胸の内を静かに話はじめる方、誰にも言っていなかったことを話される方、言えなかったことをゆっくり話される方、香りと記憶の関係で昔の話をしてくれる方....
時に、これは私1人が知っておくわけにはいかない!
聞いていいのかな?
と言う話題もあります。

どうしてこんな話をしたのだろう....
この話をしたのはじめて....
内緒にしといてね....
など。
聞き出そうなどとはしていませんが、植物の香りが何やらしているのでしょう。

香り香りと言っていますが、未だに精油選びが難しい場所です。
失敗が許されない?と言うと大げさかもしれませんが、そのような気持ちです。

精油もですが、施術部位を決めるのもこれまた難しい。
数秒で決めなければ!
相手はどこをしたらいいのか?が分からない方も多いですので、時間稼ぎでたわいもない話をしつつつ、アンテナ張って観て聞いております。
ベストな香りでベストな部位を。

・人に触れられるのがこんなに気持ちいいとは思わなかった
・香りがこんなに心に響くとは知らなかった
・今日生き抜ける
・今夜は怖がることなく眠れそう

このような言葉を言われた時、聞けた時、ものすごいご褒美をもらえたようで、涙が出そうなほど嬉しいような、嬉しさと反対のような。
ですが、ちょっとだけ『私は間違えてなかったな』と思えます。
何が正解で何が間違っているとかではありませんが、『誰がなんと言おうと私はやる!』と。

これからも『普通の人』として頑張ります!!
ちょっとおかしいけれど(笑)





| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

宇和島市災害ボランティア(12)

90557f2cba17497a8eb21193e75461ac
西日本豪雨から1年。

未だに手付かずのみかん山もあり。

みかん摘果ボランティアの休憩中、みかん農家さんがあの日のことをお話してくれました。

とにかくあの日はすごい雨。

警報がなり、アナウンスもあったが、聞こえない。

避難命令が出たので玄関を開けると目の前は濁流で身動き取れなかった。

公民館に避難しろ!と言われても90代の年寄りがおり、動くことができず、段差など抱えれず....

知人(みかん農家さん)、そしてみかん山が目の前で流され崩れた。

と。

山崩れした宇和島市のみかん山。
八幡浜市や伊方町からたくさんのみかん農家さんが
同じ仲間として助け合うため、ボランティア開始。
やはりプロでないとできなことも多々あり。
こちらはちょっと熱くなるものがありました。


2fede47b76a942ee975dd1ad6e4dfa80

西日本豪雨から4ヶ月後には愛南町の建設業者さんがボランティアに連日参加。

愛南町です!!

夕方のニュースで映され【愛南町】と言うのを載せたく撮りました。
少しでも役に立てれば!
助け合わないといけない!
と。

豪雨直後から建設業者が足りないため身動きとれない状態だったとか?
現在も一部は建設業者不足にてそのままだとか?
どうにかならないものでしょうか....


38523506b2df4cebbcbb0c0d154e87a7

昨年のみかん山摘果ボランティア。
急斜面が想像以上にきつくて、かなりの重労働でしたが、農家さんとのおしゃべりは楽しくて♪
何より、絶景の景色。
みかんのいい香り♪
何よりミカンが美味しい♪
農家さんが『おしゃべりしながらやってよ!』『こうやってボランティアさんが来てくれるときくらいは楽しい話をしたい!』と、おしゃべりしながら笑いながらの作業。
担当の農家さんが良い方で、色々なことを教わりました。
災害やみかんなどについて、何一つ知らない自分でした。

復旧に3年、5年?
苗が育つのに10年?
みかん農家を辞める人も出て来るだろう。
先祖代々受け継がれるみかん山をつぶすわけにはいかない。

ニュースで見たものをそのまま載せます。

【たま家】
玉津柑橘倶楽部が運営?
ボランティアの宿泊施設(ボランティアさんは無料)

まだまだボランティアさんが必要。
まだまだ人の力が必要。
二次被害を抑えるために今は土嚢を作るボランティアが優先になっており、すでに何万個も作ったがまだ足りない状態。

ボランティアに参加するにはまず問い合わせを。
・JA愛媛ボランティアセンター
・たまつ柑橘倶楽部

みかん農家のみなさま。
近いうちに行きます!

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

宇和島2つのボランティア(11)

86eea35deb384cbebaaf4564cc861c14

西日本豪雨から間もなく1年。
先月から特集番組が増えてきたように思います。 
南予出身としては見逃せないニュースです。

2018年7月の豪雨映像が映し出されると災害ボランティアで見た景色が一瞬にして鮮明に浮かびます。

宇和島の方々は『嫌な雨が降ると去年を思い出しすべての記憶が蘇る』と。

2209ecf6e20a41dbb8b3d8047f892b00

はじめて災害ボランティアに参加した2018年7月中旬。
大型バスに乗り、現地へ近づくにつれ、半壊や全壊のご自宅、崩れた山々、瓦礫やゴミが散乱、荒れて濁った川、泥まみれのお宅や道路....
言葉にできないくらいショックで、バスの中も静まり返り空気が重くなったのを覚えています。
同じ出身の友人と目を合わせて何も言えませんでした。

7月、8月、9月と床上・床下浸水のご自宅の瓦礫や土砂運び、大掃除。
大猛暑、炎天下の下での作業、土砂の臭いと重さは想像以上にきつかった。
休憩場も地区によっては、クーラーなどなく、水も出ず、浸水した跡地でブルーシートの上に座ってお弁当と言うことも。
チームで食事をするのですが、みんなぐったりで喉が通らず。
そんな中、地元の高校生がバクバクと大盛り弁当を食べており。
『食べないと午後からも動けないですよ!』
と、みんなに喝を入れながら、梅干しをくれました。
そう言えば、地元の高校生・大学生たちは、休憩になると1番に飲み物を取りに行き、みんなに配っていたな。
そしてきつい地区、きつい作業などは変わってくれていたな。

県外から多くの方々がボランティアに。
宮城、岩手、熊本、名古屋、神戸....
県外の団体の方々はゼッケンをつけているのですが、あまりの多さに驚きでした。
・自分達の時、愛媛が1番に来てくれた
・あの時、愛媛の人たちが電気を通してくれた

やはり多かったのが。
・宇和島出身
・幼少期よく宇和島で遊んだ
・祖父母が宇和島にいる
・祖父母や両親が宇和島出身

地元愛です(涙)
とてもいい話が聞け、心あたたかく満たされました。

11月、はじめて参加したみかん山ボランティア。
こちらは楽しかったですが想像以上のきつさでした。
ここでもたくさんのことを知り、たくさん教わり、生の声をたくさん聞き、実際に自分の目で見て、体験できたことは大きいと思っています。
そしてたくさんの涙と笑顔を見ました。

お年寄りの方々、頑張って来られた方々が炎天下の中、大粒の汗を流して瓦礫を運び、ご自宅や海、みかん山を見つめながらこぼされる涙は本当に辛いものがありました。
忘れてはいけないな。と。

先月だったかな?
アロマボランティアの時、宇和島出身のおばあちゃんに出会い、災害やみかん農家の話、柑橘の話をし.... 
みかん山ボランティアの話になると急に大きな声で泣きはじめ、時間をかけて体を少しずつ起こし、私に手を合わせながらお礼を言われていました。
本当はベッドの上で正座をしてお礼を言いたかったそう。
おばあちゃん。私まで泣いてしまう....
泣きながら私の手を離さないおばあちゃん。
みかん山の写真を見せると今度は違う涙を流し、少し微笑んでいました。

この時期は土嚢が必要だそう。
ゴールデンウィークにボランティアさんも含め7,000個?作ったそうですが、10日でなくなったらしく【土嚢ボランティア】を募集しているとか?
作った土嚢は、崩れている園地に土嚢を敷き詰め整備をしているそうです。

今までの私の数えるほどのボランティアは、微力中の微力ではありますが、友人との『自分達にできることをしよう!』『とにかく宇和島に行こう!』と言う気持ちだけでした。

あれほどの被害に遭われたにも関わらず、どの方も『ありがとう』と言うあたたかい気持ちで満ち溢れてます。
逆に私は達が励まされ、元気づけられたり....
そしてボランティア後は、頭と心が気持ちいい。

39ef7c5b783348199e4759bff70275ea

こちらは5月の垂れ幕。
2018年7月は数枚でしたが、翌月からはたくさんの県からのメッセージでした。
1年経った今も手付かずで荒れたままのみかん山やそのままの家もあり。
ボランティアもほぼ終了し、以前の生活に戻り復興も進んでいると聞きますが、まだまだ掃除や整備が必要なご自宅もあるそうです。
今は専門業者待ちだとか?

今はボランティアをお休みしている曜日もあるようですが、
よし!ボランティアに行ってみよう!
よし!ボランティアに参加するぞ!
と思われた方は、【宇和島災害ボランティア】で検索し、必ず問い合わせをされてください。

43fc7efbb07543459395d4378ccf831a

災害ボランティアもみかん山ボランティアもきっと足手まとい率の方が高かったとは思いますが、とても貴重な経験ができました。
また久しぶりに参加できたらな。と。

みかんの木も頑張っとる!みかんも頑張っとる!
自分が頑張らんでどうする?
美味しい宇和島のみかんたくさん食べてよ!
宇和島に遊びに来てよ!
と、みかん農家さん。

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

ローズマリーは海の〇〇

A9a75c5396d649eeaa954d5d0472b3f8

ローズマリーのラテン名は『海のしずく』と言う意味があります。
淡いブルー、美しい紫色の海?
雫になるといい匂い?

私が心惹かれ、神秘的なお方は残念ながらローズマリーの香りが苦手でした。
1度もローズマリーの精油を使ったことはありませんでしたが、ローズマリーのような方でした。
(ローズマリーのハーブは◎)

ローズマリーは太陽のハーブだからかな?
月のようにしっとりされていた方だからかな?
中医学の【心の性質】の方、リセットしたい方、集中したい方にはローズマリーはおすすめです。

ローズマリーは『神秘の力を持つハーブ』とも呼ばれ、花言葉もたくさんあります。

【ローズマリーの花言葉】
①忠誠、献身、静かな力強さ、
②誠実、変わらぬ愛
③追億、記憶、思い出、私を忘れないで
④あなたはわたしを蘇らせる
※他にもありますが、今回は4つに分けてみました。

ヨーロッパでは今でも冠婚葬祭でローズマリーが大活躍。
ウェディングでは花嫁さまのブーケや冠に....
棺の中にもローズマリーを入れ....

魔除け?としてローズマリーを植えたり飾ったり....


ローズマリーは『海のしずく』

そんな中、『海の幽霊』という曲を耳にし....
またまた米津玄師さんが素敵な曲を出しました。
はじめて聴いた5月末、覚悟した前後でもあったので何度もリピート。
イントロがなくすぐ歌に入り、幻想的な楽曲とはもり?独特の歌詞に聴き惚れました。
私の曲だ....と勘違いしたほど。

6月某日、涙涙のアロマボランティア。
帰宅し、ちょっと落ち着いて音楽をかけると『海の幽霊』が流れてきました。

米津玄師は切ないなぁ。
私の曲だ....。
あの方の曲だ....。と。
タイトルは『海の幽霊』だけれど『海の雫』にも聞こえてくるようで、再び涙。

『Lemon』が流れてこなくてよかった。
『Lemon』だけは聞かないようにしよう、聞かないでおこう。と封印しております。
嗅覚と記憶は深いですが、聴覚と記憶も関係がありますので、いいのか?よくないのか?

酸っぱくて、苦くて、渋みもあり、ほんの少し甘いレモンですが【苦いLemonの匂い】は、さすがです。
この歌詞好きです。

そんな風に例えられるとローズマリーも同じ?
種類により香りは異なりますが、爽やか、やや癖のある強み、くっきり鼻につきますが、最後はほんの少し甘さがある。
ローズマリーはリフレッシュ!スッキリ!爽やか!ですが、2秒以降の香りは甘く優しく感じます。
私だけ?
米津玄師風に言うならば....
甘いローズマリーの匂い。です。
ローズマリーをテーマにして作ってくれないかなぁ。

話をレモンからローズマリーに。
『海のしずく』もですが、『聖母マリアのバラ』と言う意味もあります。

海、雫、マリア、バラ、神秘的、若返り....
そうなるとローズマリーは美しい女性ということ?
自己満足でしょうけど、1回でもローズマリーを使いたかったな。
もしかしたらローズマリーのことを好きになってくれたかな?
これもいい思い出?
ローズマリーの精油は使わなかったけれど、ローズマリーの話はよくしました。
大切に記憶にしまい、素敵な思い出として心にしまっておきます。
そして純粋に『Lemon』が聞ける日が来るように....

ローズマリーは記憶。
ローズマリーは思い出。
今回、いろいろな香りの表情や表現、違う顔、私の知らなかった一面などを知れたように思います。

こうやって教わっているのだろうな。
こうやって教えてくれているのだろうな。
と改めて気づきましたし、もっと精油(香り)を大切にしようと思います。

本日も大脱線。
はい。このお話は今回で終わりです。

ローズマリーでも香らせようかな?
最近特に集中力が欠けているので....
ローズマリーの強さを吸収しつつ、頑張ります!

長文ブログが続いていますが、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。














| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

大切な大切な6ヶ月。

E23e8e17b51a4532a0e4c5e0c2145d18

アロマボランティアのお話です。
今までで1番長文であり、はじめてのパターンです。
途中で止める?最後まで読む?自由です。


2019年1月。
素敵な素敵な方に出逢いました。
この方に出逢うために2018年の私があったのかな?
頑張った後のご褒美?苦しいことを乗り越えた後のメダル?そう思えるほど、大切なものをいただきました。
初対面のことは今でもはっきり覚えています。
少し悩みながら2種類の精油を選んだシーンもはっきりと覚えています。
美しい人だな....お肌も指も仕草も綺麗だな....
あれ?どこかで会ったことある?と思った瞬間に『どこかでお会いしていますよね?会ったことありますよね?』と。
その後、回数を重ねるうちにお互いの経歴や住んでいた場所、よく行くお店や趣味などの話をしますが見当たらず。
自分の事をこんなにも話したのはこの方がはじめて。
みっちり関わった気がするのです。
いつだいつだ?どこだどこだ?
未だに謎は解けないままです。


出逢った瞬間から私はこの方に惹かれ、“この方のためにできることを全てしたい”“私にできる限りしたい”と心に火がつきました。

2週間毎、特別な月は毎週、この方のために通いました。
笑顔や穏やかなお顔が見られると嬉しくて。
しんどそうな時は心の中で祈り。
いろいろな相談を受け、心にしまってあった想いや悩みや願いなども話してくれ、スタッフも驚くほどでした。
これは精油(香り)の力です。

 

どんなにしんどくてもアロマだけは希望され....
今日は無理のようです。難しいかもしれません。アロマは止めた方がいいかもしれません。と言う日でもお部屋に通してくれ『しんどい。このしんどいのを取ってほしい』『少しでも楽になるアロマを使ってほしい』『マッサージではなくて手を握っていてほしい』と。
私の頭の中のほとんどがこの方だった6ヶ月。

 

ありがとう。
毎回アロマが楽しみ。
AICAさんが来る日は嬉しくて。
と、会う度に口数と笑顔が増え。
少しずつ心を開いてくれ、本来の笑みが増える度、嬉しくて仕方ありませんでした。
よし!私がお守りします!と心の中で。

 

上げの時、いつも小さな声で『気持ち良かった』と言われ、ほんの少し微笑んでくれます。

この言葉が聞きたいがために頑張っていたような?この笑みが見たいがために通っていたような?
久しぶりに顔も心も言葉も仕草も美しい方に出逢いました。
私の『女神さま』です。 

 

たったの6ヶ月。
10数回のアロマトリートメントですが、思い出?想い?が深すぎて、溢れてくる涙が止まりませんでした。
ボロボロボロボロ涙を流しながら最後になるであろうマッサージを。
今までに何度も泣きそうになりながらもアロマボランティアではグッと涙をこらえていましたが、さすがに今回は無理でした。
涙が止まらず。

 

通常はお一人30分、この方に関しては、私の希望が1番ですが、全スタッフの望みと期待と気持ちが一致し、毎回60分で、ありがたいことにたくさんのスタッフが私に任せてくれていました。

アロマボランティア歴8年6ヶ月。

こんなにも全てを捧げたのははじめてです。

ほんの少しでも役に立つならなんでもしたい。

頼みます。精油さま。

それほどのお方でした。

 

出逢った時から覚悟はしていました。

いつも“もしかするとこれが最後かもしれない”と言う気持ちでいましたが、『次は2週間後です』と満面の笑みで。

すると微笑みながら『はい。楽しみにしています』と私とカレンダーを交互に見たり。

“次も会える”と自分にも相手にも言い聞かせ。

この『2週間後』が目標となり、楽しみに待たれていたそう。

自分で言っておきながら私は毎回2週間ハラハラしていました。

 

とうとうお別れの時が来ました。

終わって欲しくない!

終わりたくない!

手を離したくない!

手を握りしめながら、頬に手を当て、頭をなで、肩をさすりました。

心臓がおかしくなり、喉が苦しくて言葉が引っかかり、思うよう伝えれなかったけれど、私なりの言葉をかけるとその都度、たくさんの反応を見せてくださり、そんな姿にご家族も驚きの様子。

懸命な姿、返事をしてくれる姿にますます涙が出て止まらず。

 

ずっと側にいたいですがいつまでもいるわけにはいきません。

私のこの方への時間は60分。

5分くらいに感じました。

泣いててはいけない....

笑顔をみせてあげないと....

と、思いながらも手を離した瞬間、再び涙。

もう止められませんでした。

こんなに辛いとは....

 

少し落ち着け、笑う準備を。

私が最期にかけた言葉は『また2週間後です』。

これしか浮かびませんでした。

 

すると、頷き、少し笑ってくれ、かすかに口元が動きました。

いつものように ふふっ。と笑ってくれたように私には見えました。

ご家族も『今、笑いました』『笑った』『AICAさんには笑うんだね』と。

 

美しい方には微笑みが似合います。

最期、素敵な微笑みが見られ悔いはなし。

 

帰宅中は雨。

泣きながら帰りました。

数時間後、ふわっと何かが起こりました。

何気に外を見ると雨も止んでおり、一箇所だけ沈む夕陽で空が紅く輝いていました。

 

心にぽっかり穴が空いたようで違うような?

やはり頭の中は未だにこの方で溢れていて....

私なりにやりきったので悔いはありませんが、寂しい?悔しい?と言う気持ち、ですが安心?感謝?思い出?の方が強く思います。

まったく実感ないのに不思議なことに数年経ったような感覚で、とても大切な時間、毎回幸せな60分、6ヶ月を過ごしました。

こう思えるなら最高?

 

『どこかでお会いしていますよね?』

謎は解けないままです。

 

娘さんが言いました。

母とAICAさんはきっと前世で過ごしていたのだと思います。

再び、母と出逢ってくれてありがとうございます。

私のマッサージはダメみたいで、母にはAICAさんでないといけないみたい。

と。

 

この方とはいろんな変更が重なり合って出逢いました。

そう思うといろんな人達が出逢わせてくれたのかもしれません。

 

今は頭の中ではなく、心がこの方でいっぱいの日々を送っています。

優しく微笑んだお顔、くすっと笑ったり、ふふっと笑ったり、口元に手を当て少し声を出して笑ったり....

思い出すのは笑顔ばかりなので救われます。

なんて言いながら寂しいし悔しいし辛い(涙)

 

この方は私にとって特別な方。

私だけの思い出としてそっとしまっておくつもりでしたが、先日の立川談春さんの独演会の時、最後に談春さんが師匠である立川談志さんにかけられた最期の言葉をお話しました。

 

この時、一瞬にして私の頭はこの方でいっぱいになり、私も話してみよう。と思ったのです。

 

そう言えば....

私はこうやってアロマをしてもらえてラッキーです。

こんなに気持ちいいなんて。

私よりもっと辛い人がいるはず。

少しでも気持ちいい時間をみんなにもあげてほしい。

と。

 

〇〇さん。

2週間後も4週間後も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

嬉しい香り

Fc737682889f4f6b8f2683fbd078ba89

心と体が調子がいい。
気分も体調も普通。
そう言う場合、精油を嗅ぐと『いい香り』『この香り好き』くらいに思うかもしれません。

心と体が弱っている。
気分も体調もどちらもしんどい。
こんな時は一つの精油で『救われる』『今の私に必要』もしくは『この香りが今は重い(強い)』になるかもしれません。

精油選びは未だに難しい....

少し前ですが、お客様がある場所を訪れた時のお話です。
その部屋に入ったとき、『AICAの匂いがした』『その時の匂いが染み込んだ』と。

・部屋全体ほのかにAICAの匂いがしていた
・その部屋の方からもすごくいい匂いがしていた
・その方が嬉しそうで、いつもよりおしゃべりだった
と。

アロマの香りだったので、これはAICAさんに伝えなければ!と連絡をくれました。

お客様が訪れたお部屋と言うのは、私がアロマボランティアで訪れた部屋でした。
香りが残っていてくれたようです。
直接会ってもいないけれど、何度も『ありがとう』と。

ご自分が受ける施術を思い出しながら想像し、重ね合わせているうちに涙が出てきたそう。
どれだけ気持ちよかったか?
そんなふうに思ってくれたなんて嬉しいです(涙)

あの部屋の香りは何ですか?
なぜあの香りだったのですか?
マッサージするところはAICAさんが決めたのですか?
と質問。

私の家族、親族、友人、お客様がもしアロマやアロマボランティアなどを受けたとしたら、私なら何の精油を?からはじまり、いろいろ同じように尋ねていると思います。

AICAの匂いがした。
嬉しいな〜♪
がんばろ♪






| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

夢で叶える

7ff8f7c179de4ead80ad73dc93dd4804

夢はほぼ全員みるが、覚えているか?覚えていないか?
ベッドなどで熟睡よりもソファーなどでのうたた寝の寝落ちの方が見やすいとか?

不思議な夢をみました。
眠くて眠くて....
1時間昼寝を....
“おいおい!昼寝なんてしてるのか?”と突っ込みたいかもしれませんが、そこはお許しを。

私のやりたかった?やり残したこと?が夢で見れたのです。
アロマボランティアの夢なのですが、夢ではなく現実のような夢で、夢の中で叶ったのです。

私の特別な特別なお方。
アロマボランティアは平等(当たり前)ですが、このお方は異なっていました。
はじめて出会った瞬間から惹き込まれ、すべてを捧げ、不思議でした。

先週、最後のアロマボランティアの日。
途中から私が左手、その方の娘さんが右手を。
二人でいろいろな話をし、泣きながらハンドマッサージをしました。
この方は、私のことをよく娘さんにお話しており、私も娘さんのお話をよく聞いていたので柔らかな空気でした。

今までのアロマボランティアのこと、好きな精油・
苦手な精油、選ばれる精油、香りを嗅いだ後の表情、いろんな想いを伝えてくれたことなど....

私の知らない母ですね。
そんなことまで?
はじめて聞くことばかりです。
と、涙。

精油の話はとても不思議でした。
娘さんもアロマが好きで趣味として勉強されており、とても詳しい。

え?母がその精油を選んだのですか?
え?母はその香りが嫌いなはずなのに....
母らしくない。
と。

この方は毎回、精油を選ばれる度に言っていました。
・なぜこればかり選ぶの?
・いつも好きなのに今日は受け付けないけど何かある?
・この精油を選ぶ人はどんな人?
・私を元気にしてくれるのはどれ?
・この匂い苦手だけど気になる
と。

娘さんは再び涙。
アロマに興味ないと思っていた。
母が嫌いだった精油が本当は好きだったのですね。
母の選ぶ精油、好きな精油の話が聞けてよかった。
と。

・フェシャルとハンドマッサージの時はこの精油で
・お腹の時は、〇〇と〇〇をよく使っていて
・足裏の時は、〇〇でした
などと説明しながら、一つずつ香りを嗅がせました。

目を閉じ、精油を嗅ぎながら笑ったり、涙したり....
香り(嗅覚)は記憶と深い関係がありますから、娘さんの脳にインプットされたと思います。

再び、二人でハンドマッサージを。
すると、その方は私の手だけを握ってくれ、途中から、何回も右手をポイポイっと。

もしかすると母はAICAさんと二人になりたいのかも。
私に出て行ってほしいのかもしれません。
AICAさんと母の絆は深いと思います。
私、少し席を外します。
と。

【私の心の声】
実は、ほんの少しでもいいから二人になりたい。
いつもみたいに二人で過ごしたい。
家族ではないけれど、最期、一瞬でいいから二人になりたい。
二人だったら〇〇(あること)をしたいのに娘さんがいるからできない。
でも、赤の他人が残り、娘さんに出て行ってもらうわけにはいかない。
万が一、娘さんが席を外している間に何かあったら?

考えました。
娘さんにはいてもらうことに。

やりたかったこと。
最期にやりたかったこと。
できなかった分、他の形で伝えました。

眠くて眠くて....
1時間昼寝を....

私がやりたかったことを夢の中でやっていたのです。
そして、私がやりたかったことをその方が私にしてくれたのです。
夢の中の特別な方は、出会った頃の姿で、柔らかくて、夢の中だけれど“いい匂い”がしていて。
実際、この方は毎回シャンプーの“いい匂い”がしていました。

昼寝から目覚めたとき。
変な夢。何の夢?ではなく、叶った!夢に出てきてくれた!と。
そしていつも私に言ってくれていた言葉を耳元で囁いてくれたのです。

囁かれた耳と胸のあたりがふわふわになりました。

本当は実際にやりたかったけれど、できなかった。
でも夢だったので、その方にもしてもらえて(涙)
夢に出てきてくれるだなんて(涙)
やっぱり特別な人はいつまでも特別です。

私が眠っていた時間はちょうど1週間前、この方にアロマボランティアをしていた時間と同じでした。
続きをさせてくれたのだと思います。

いい匂い。ですが、いつもフローラル系の柔らかなシャンプーの匂いがしていて。
ある日、お部屋に訪れた時、匂いが変わっていました。
芳香剤?洗剤?何かが変わった?

シャンプー変えました?
→どうしてわかるの?

わかりますとも!
→どっちの匂いが好き?

私は前の匂いのほうが好きですし、前の方が〇〇さんらしい匂いのような...
→でしょ?娘が違うものを買ってきたの。ちょっと強いよね?

何気ないシャンプーの匂いの会話だけでも私にとっては大切な時間で....

今までアロマボランティアの記事を載せるのは気が進まなかったのですが、希望されるお客様が多くいらして。
昨年から増やしていますが、今月は数件載せようと思います。
長文ですし、時には重い記事になるかもしれませんが、特別な今月は日記のように述べたいと思います。

この特別なお方のことを私は信頼し、尊敬している看護師仲間一人に相談してきました。
彼女も毎回心配してくれ....
アドバイスをくれ....
途中からは私の心配になり....

彼女に報告しました。

AICAちゃん!よく頑張った!よくやった!
思いっきり〇〇してあげる!
と、いろんな言葉をかけてくれました。

この〇〇と言うのは、私が夢でこの方にしてもらって、私もしたことと同じで。
彼女には、私が言わなくともすべて感じていたのかもしれません。

この方がもう一つよく口にしていた言葉があります。
あの時は言えませんでした。
これは言っていいの?
言わない方がいいの?
と、毎回悩んでいて。
また夢で教えて欲しいと思います。






| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

足裏刺激!いろんな足裏!

E460b4d5f3fd4e13afadb630cf3b9c6e

今月の限定は、【足裏マッサージ+ヘッドマッサージ】です。

久しぶりの足裏は喜ばれます。
そしてヘッドマッサージはどの方も寝られます。

足裏は筋肉です。
肩が凝った、腰が痛い、ふくらはぎがだるい....
同じです。
足裏はもっと疲れており、疲れすぎると痛み(激痛)を伴うこともあります。
1日中立ちっぱなし、歩きっぱなしだと押しつぶされて凝ったり疲れたりするのは当たり前です。

そして足裏には老廃物が溜まりやすいと言われおり、痛みが強い場合は溜まっている証拠の可能性も。
いかがでしょう?

第二の心臓と呼ばれる足裏(ふくらはぎ)。
足裏には約60~70の反射区があり、体がなんらかの不調や異変を起こすと足裏に対応する反射区にも何かが....
色がかわっていたり、固くなったり、カサカサしたり、弾力がなかったり....

足裏の状態で健康状態をチェックすることができるほどです。

例えば、胃を例にあげてみましょう。
【胃が痛い】
・食べ過ぎで痛いのか?
・暴飲暴食や飲み会続きでしんどいのか?
・胃もたれで痛いのか?
・精神面からきているのか?

足裏もそうです。
【胃の反射区】になんらかの反応が見られます。
・パンパンに張ってある
・固い
・白っぽい
・ブヨブヨで元気がない

足裏を見て触ってほぐして、これかな?これが原因?元はどこだ?と。
足裏は正直です。
胃に限らず、いろんな反射区は色や固さや質感で教えてくれます。

ゴリゴリゴリゴリしていたものが柔らかくなっていく瞬間が好きです。
お客様からしたら『やーめーてー』かもしれませんが、私からすると『このゴリゴリをとろう!』と。

ほぐして流す→ほぐして流す....
一度で無理な時は別の部位をほぐして再び戻る....
私の好きな流れかもしれません。

お客様は、足裏をすると回復が早い、あとが楽、と言うのを体感されています。
・痛いけど終わってからが楽だから....
・痛いけど翌朝の身体が違う
・足裏すると尿が違う
・足裏すると無理してたのがわかる
・足裏すると自分のことがわかる

素晴らしい!
素晴らしいです!

先日の方は『レベル3で』と(笑)
強さのレベルのようでした。

足裏も甲もふくらはぎも部位によっては、感じ方が異なります。
そこは強め!
でもあそこは軽めで!
いくら後が楽とは言え、我慢しすぎると体には力が入り、逆効果な場合も。
少し緩めますので遠慮なく。

足裏マッサージで刺激し、活性。
その後は、ヘッドマッサージでおやすみください。

施術者あるある!
足裏をする時、目を閉じる!
きっと自分の世界に入っているのだと思います。
私の場合は、頭の中に足裏があって、ほぐしている部分が3Dのよう?色がついてる?
想像している物を小さくしていく?溶かしていく?
そんなイメージです。
そう言われると足裏、デコルテ、ヘッドマッサージ中は目を閉じてる率が高いかもです。

足裏後は、ゆっくり多めのお白湯を。
お手洗いの回数も増え、尿にも変化があり、人間の体ってすごい!不思議!と思い知らされます。

足裏と言えば先日のアロマボランティア。
自然療法が大好きな方。
ハーブもサプリもアロマもお茶も大好き!
できるなら薬は飲まず植物の力で元気になりたい!
アロマ嬉しい〜!
と。
マッサージ中はいろんなお話を。
するとどんどん声が大きくなり。
・細胞が目覚めているのがわかる
・眠っていた何かが動き始めた
・身体がみなぎって行ってる
・血の流れがさっきとは違う

勉強になります。
お客様はお一人お一人異なりますが、お客様とアロマボランティアのフットマッサージは別物です。
それぞれ感想も感じ方も異なりますが、私もそうです。

施術後、特に足裏や全身行った時は、お水(できれば常温)を飲みましょう。
お水が美味しい!
お水が甘い!
お水や味覚は体のバロメーター!
お水の味も大切にされてください。

今月は、足裏を刺激して、毒素や汗を出し、ジメジメに負けない体内にしておきましょう。




| | コメント (0)